ご昭和ください

ご昭和ください ブログ

昭和の お腹が痛いPART2

2024年02月25日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
今週は「昭和の お腹が痛いPART2」で30分。
 
 
私が小2の時、近所に美味しい琵琶がなる木がありました。学校帰りに取って食べていたところ、帰ってからお腹が痛くなりました。親に言うと怒られるので我慢していましたが、どんどん痛くなり、夕方、病院に行くことになりました。そこで、琵琶の食べすぎとのことでの便秘の診断を受け浣腸されました。
しかし、翌日は腹痛で足が立たなくなり、その日は木曜日で休診が多く、光市から柳井市まで救急搬送となりました。結局、虫垂炎で、浣腸したことでお腹が炎症。緊急手術となりました。今でも琵琶が食べれなくなりました。
 
元来お腹は丈夫な方ですが、忘れもしない中学1年生の時の出来事です。当時、給食に牛乳が出ましたが飲まない生徒も多く学校全体で毎日30本以上残っていました。生徒会の先輩達が勿体無いからと部活の生徒たちに配っていましたが、たまたま通りかかった私に可愛い先輩から「牛乳飲んで~」と言われ、カッコつけて3本も飲んだのはよいのですが、家に帰る途中、急にお腹が痛くなり慌ててスーパーのトイレに駆け込んだ思い出があります。
 
車の免許を取り立ての頃、4歳下の妹を乗せて津和野にドライブに行ったときのことです。帰りに山道を走っていると急にお腹が痛くなってきました。トイレに行きたくても店も何もなく、顔面蒼白で前のめりになり、早く家に帰ってトイレに行くことだけを目指して運転しました。
妹から「お姉ちゃん、頑張って」と励まされながら、やっと家に着き、トイレに飛び込む私。びっくりするくらい、大きなおならが出ました。でも、それだけ。おならを我慢して、お腹が痛くなっていたようです。家族には笑われ、我慢は禁物だなと思ったのでした。
 
昭和のクリスマスケーキと言えば、バタークリーム。バタークリームは日持ちがするので、12月25日でも26日でも売ってました。そして、どんどん値段が下がっていきます。
我が家は、いつも、2個目のクリスマスケーキを12月25日過ぎに、半額で買ってました。が、小5の時、26日にひいおばあちゃんが亡くなったと連絡が入り、急きょ、当時住んていた静岡県から山口県に帰省することに。慌ててクリスマスケーキを、家族4人で食べたのですが、私は調子こいて1人で半分近く食べたのですが、新幹線の中でお腹が痛くなり大変。人生初の胃もたれでした。新幹線の当時はまだ和式のトイレで、手すりをギュッとつかんで頑張ってました。
 
やす・きよ漫才、昭和の最強漫才コンビ、2人の掛け合い、スピード、やっさんのきれいにセットした頭をぐちゃぐちゃにするきよしさん、何回見てもお腹が痛たくなるほど面白い漫才です。
 
お腹がいたいと言えば、盲腸です。小学1年生の時、お腹が痛くなりかかりつけのお医者さんに行き、これは盲腸といわれ大きな病院へ行きました。それから、手術。
その時、院長先生がいなくて、若先生が執刀したと後でききました。そのせいか普通2針なのに4針縫いました。手術後にオナラが出ないといけないと何も食べれないので、オナラが出たときは嬉しかったです。1年生のお腹には大きな傷あとでしたが、今はあとが全然わかりませんね。
 
 
さて、次回3/3のテーマは「昭和の 大きすぎる・デカすぎる」で行きましょう。
おさがりのグローブやGパン、友達の家、兄貴のスポーツサイクル、山根さんは一言「アンドレじゃろぉ」昭和の頃の“大きすぎる・デカすぎる話”おまちしております!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=Ph_JUdcWQ2A
今週は「昭和の写真②」
山根さん曰く「一張羅来て、ええ家の前で写真撮って年賀状に載せてたよな」

昭和の お腹が痛い

2024年02月18日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
今週は「昭和の お腹が痛い」で30分。
 
 
お腹が痛い といえば、小学生の頃の運動会で徒競走の前になるとちょっと痛くなってました。
運動は好きだったし足もマアマア早い方だったので、あれは「武者震い?」「闘争心の強さ」からだったのでしょうか?
あとは結婚を3か月後に控えてた頃に虫垂炎になり、その時の痛さは半端なかったです。
 
昭和の腹が痛いで思い出したのは、胃潰瘍です。私は新入社員の年に胃潰瘍になりました。原因はハッキリしており、「酒の飲み過ぎ」。
就職して独身寮に入り親元を離れ、仕事は5時終わり給料も貰えるといった環境下、寮は4人部屋だったので同期や先輩達と毎晩酒盛りをしていました。そんな生活をしていたら秋には胃が痛くなり、病院に行くとバリウム検査。結果は潰瘍が出来ていました。
 
ちょくちょくお腹が痛かったけど病院には行かず、「これは学校で飲む牛乳のせいだ」と、自己申告で担任の先生に「僕だけ牛乳を取り消しにしたい」と伝えると、先生は「牛乳は成長に欠かせない飲み物だから、やめるなら病院の診断書か?親の認印が必要」と言われ、家にある認印を僕が勝手に押して提出しました。翌日から僕だけ牛乳がストップしました。それから数ヶ月後卒業式の前日、牛乳代が親に直線返金されて、何も知らない親はビックリしていましたが、結構なお金だったのか?半分嬉しそうでした!
 
もう、昭和の男子は誰もが経験している大問題。便所の大に行けない、行けばあだ名は次の日から「う〇こ」に決まってました。
腹が痛くても、ひたすら学校が終わるのを待つばかり、帰り道、出そうになるのを何度もやり過ごし、やっと家までたどり着いた瞬間、気が緩んでアウトの時もありました。プールの授業がある時が最悪で、お腹が冷えるんで100%痛くなってました。

昭和と言えば「食べ慣れないものを食べるとお腹を下すは常識」で、親父が「デコレーションケーキ」を買ってきまして、4人家族の誰もが食べないので、欲を出してペロリ!するとお腹が急降下!
 
高2の頃、父の転勤で市外に引っ越したのに転校したくなくて、片道2時間かけてバス通してたので、朝食が早いせいか授業中すごくお腹がすいて腹の虫が鳴るんですが、恥ずかしいのでグ~キュルルという音がでないようにお腹を引っ込めたり腹に力を入れたりしていたら、腹筋を使い過ぎてお腹が痛くなり、結局、腹の虫も鳴って無駄な努力でした。
 
 
さて、次回2/18のテーマは「昭和の 腹が痛い」で行きましょう。
食べられるかどうか母親が鼻でチェック、試験中痛くなる、笑いすぎて、電車の中で痛くなるetc.
次週も昭和の頃のお腹が痛くなったエピソードをお待ちしております!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=39rr1o_nHV4
今週は「昭和の写真」
山根家のご先祖様・ルーツが明らかに!しかも、その情報は実は…。

昭和のノドがカラカラ

2024年02月11日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
今週は「昭和の ノドがカラカラ」で30分。
 
 
50年前の高校球児でした。当時は、根性、根性の時代で、ウサギ跳びは跳び放題、水分補給は厳禁でした。
1年生の私達は玉拾いで、球場のトイレ付近に飛んだボールを競って取りに行き、中にあった手洗い用の水道の蛇口に口を着けて、キッチン用のボールタイプの受け皿にトカゲがチョロチョロしていても構わず飲んでいました。
またバックネット裏の油が浮いた淀んだどぶに落ちたボールも取りに行き、表面の油を手でのけ飲んでいました。喉カラカラでした。
 
今ほど暑くなく最高気温が30度だった昭和60年代でしたけど、校庭での部活動は暑くてたまりませんでした。水を飲んだら疲れやすくなると顧問に言われたんでひたすら耐えて部活動に勤しんだのを覚えております。一応、水筒にお茶を持って行っていましたが、それは先輩のためのお茶でした。
ある日、とうとう我慢ができなくなって、水道に駆け込んで水を飲んだところ、先輩たちの集中砲火を浴びてしまいました。
 
夏休みの部活の休憩、部活がおわると、喉はからから!!部室に行くのではなく、運動場のすみにあった井戸水を飲みにゾロゾロと皆で行ってました。手押しポンプの取っ手をギーコ、ギーコと、かわりばんこに押して出てくる冷たい井戸水を手のひらで受け顔を洗い、冷たい美味しい井戸水をゴクゴクと飲んでました。からからのノド、体には染みるおいしさでした。
 
友人の結婚式でスピーチをしたときは、のどがカラカラでした。草案を作り、推敲して空でしゃべれるまで読み込みました。フルコースの料理が手につきませんでした。もう、ガタガタ手が震えまくるのです。
スピーチの順番がきて、マイクを持つ私を俯瞰して見ている私がいました。ちゃんとしゃべってるじゃん、笑いもとってるじゃん、よくやったぜ、私。
席に戻ると震えもおさまり、クーッとワインをあけ、ステーキにかぶりつきました。さすがは東京の結婚式、と思いました
 
自分は、昭和59年に陸上自衛隊に入隊し、昭和61年9月から12月までの3ヶ月間、陸上自衛隊の中でももっとも過酷な訓練と言われている「レンジャー教育」に参加しました。
教育も残り1ヶ月半を切ると山口県の市街地及び山の中で訓練をします。各自の装備品の中には水筒がありますが、この水は一切訓練が終了するまで飲めません。もちろん毎回水は新しい水です。
この水は負傷している方や国民の人たちに与える水なので我々は一切口にすることは無かったです。山地を歩き回りますのでもちろん喉がカラカラです。最終手段では田んぼの水や雨水、水たまりの水を飲んで喉を潤していました!
3ヶ月の訓練を無事に修了して見事レンジャーの一員になりました。
 
「水を飲むとスタミナが無くなる」「どれだけ汗をかいてもコップ1杯も汗なんてかかないんだ!!」という、精神論を150%を体現させられてました。特に忘れられないのは中学1年生の時の、真夏の部活の練習の時です。
沢山走って、暑くて、ノドもカラカラ。でも、部活終わるまでは水も飲めない。それでも限界だったので「スミマセン、トイレ行ってきます」とトイレに行くふりして、手洗い場の水をたらふく飲みました。
スッキリしてグラウンドに戻ると、1人の先輩が「お前、水飲んでたやろ♪」と言うので、当然「いえ、飲んでません」と答える私。すると先輩が「ジャンプしてみ」と言うので、ジャンプをすると、私のお腹から「チャポン♪チャボン♪」と、水腹(みずばら)の音が…
嘘を付いた罰&勝手に水を飲んだ罰として、きっちり罰走されられ、更にノドがカラカラになる羽目に。
 
 
さて、次回2/18のテーマは「昭和の 腹が痛い」で行きましょう。
今日の“生水飲む”から派生したテーマ。山根さんは道端に落ちているパンを食べても腹が痛くならない、緊張してお腹が痛くなる、う〇ちを我慢して、突然盲腸になったetc.先週に引き続き、ご昭和リスナーの底力を見せてください!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=JVm7bTgWuOU
今週は「昭和の予算オーバー②」
ぜひ、こっちもご覧ください!

昭和の掃除 PART2

2024年02月04日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
今週は「昭和の掃除 PART2」で30分。
 
 
小学時代、大掃除の前の日に先生から「自宅にある新聞紙を持ってきてください」と言われたので新聞紙を持っていきました。先生がお手本で新聞紙を濡らして窓ガラスを拭くと、あれだけ汚れていた窓ガラスがピカピカになり、僕たちは友人たちと競い合うように我先に窓ガラスを綺麗にしていった思い出があります。
 
中学の時に学校の教室の掃除をするわけですが、机を後ろに下げたらかなり広い空間ができました。真面目に雑巾と自由ぼうきを使って掃除した後、その自由ぼうきと雑巾を使ってアイスホッケーごっこをしてました。
西武ライオンズファンの私は当然「チーム国土計画」で、もう一人のP君は「チーム王子製紙」を気取ってアイスホッケーごっこをしてたのを覚えております。1回も巡回の先生にばれなかったのが、我ながらすごかったなと思ってます。
 
先週の放送を聞いて「昭和の掃除」でもう1つ思い出しました。
それはレンタルのモップです。水拭きのモップと違い、化学の力でホコリを吸着する画期的な掃除道具でした。しかも、今までにないモップの先だけ取り替えるレンタル方式です。家庭にレンタルが入って来た先駆けではないでしょうか?
親がいない時に交換するおばさんが集金に来てしまうことがあります。そんな時、子供でもお金が払えるように集金用袋が用意してあって、それで払っていました。もちろん、新聞代用、牛乳代用の袋もありましたよ。
交換の前の日にまだモップがきれいだと、「もったいないから、どこでもいいから拭いてきて~」とよく言われてました。
 
小中高と福井県の海辺の町で過ごしました。昭和の掃除で思い出したのは、6月末の町全体での海岸(砂浜)掃除です。通称=浜そうじ。
夏になると海水浴客で溢れる町でしたので、夏季民宿や海の家を営む者も多く、(観光協会の号令で)海開き前に砂浜を大掃除するんです。
6月末の砂浜は、冬の荒波で打ち上げられた海藻や流木、魚の死骸、等々、ゴミの山。そして、そのゴミの山全体の5%位は、ハングル文字の書かれた瓶や漁具等、韓国(?)からのモノでした。「この海原の先は朝鮮半島へ繋がっているんだ」と改めて再認識する年1回の行事でした。
 
夫(昭和37年生まれ)は大学進学で上京。大学1年生のゴールデンウイークに新幹線の車内清掃のアルバイトをしました。新幹線(0系)がホームに入ると、大きな袋を持って、空き缶、お弁当のゴミなどを回収、特にジュースやコーヒーが床にこぼれていたら、掃除が大変だったらしいです。
そんな中、ホームで次の新幹線の到着を待っていると、見た事あるなと言う人が近づいて来ます。よく見ると柴田恭平さんで、主人に「ご苦労さん!」と声をかけて、颯爽と去って行きました。掃除の仕事は大変でしたが、その言葉には感激したと今でも話してくれます。
 
 
さて、次回2/11のテーマは「昭和の ノドがカラカラ」で行きましょう。
山根さんが是非ともやりたいというテーマ。先生、喉が渇きました、水飲んでいいですかぁ。ダメだぁ、唾飲んでおけ!隠れて水飲んだよなぁ。喉が渇いてやっと自販機見つけたけど10円足りない…etc.
昭和の頃の「ノドがカラカラになった」話をお待ちしてます!
ご昭和リスナーの底力を見せてください!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=V4DbXxB3E94
今週は「昭和の予算オーバー」
渡辺アナの疑惑話がさく裂してます。

昭和の 掃除

2024年01月28日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
 
昭和の掃除で一番に思い出すのはテレビのプロレス中継で、外人レスラーがもらった花束で日本人レスラーをしばき倒し、散らかった花を、三菱掃除機「風神」が綺麗に掃除するという毎週お約束のシーンです。子供ながら強靭なプロレスラーを花でしばいた位でダメージはないだろうにと思ってましたが、スポンサーの都合ですよね。
 
昭和の掃除といえば、ヒゲダンスのバケツ回し。小学6年生の頃、バケツ回しチャレンジなるものが流行りました。先生が他の掃除場所の見回りをしている間を狙ってやっていました。
無事に回し終わり、安心してバケツを置こうとした瞬間、なぜかふらついて廊下に水をこぼしてしまう者もいたなあ。また拭かないといけん。
 
昭和の掃除で思い出したのは、車の車内掃除用に買った充電式掃除機です。この掃除機、なんと、充電時間=8時間とかで、使用時間=5~10分というものでした。しかも、充電しながらは使えないのです。
リチウムイオン電池が未だ無い時代、男にとって車の掃除が欠かせなかった時代、コイン洗車場も未だ無かった時代、こんなチンケな性能の掃除機でも「無いよりは、かなりマシ」でした!
 
高校を卒業して一人暮らしを始めた頃、掃除機を持ってなかったので、ほうきとちりとりで三畳一間の部屋を掃除していましたが、何かの本で畳に茶殻を撒いてから掃くと埃が立たないと知って、やってみたら本当に埃も立たないし、お茶のいい香りもして役に立ちました。
当時はペットボトルのお茶も売ってなかったし、流し台もない部屋に住んでても、ちゃんと急須にお茶っ葉を入れてお茶を淹れてたからできた掃除の裏ワザでした。
 
昭和40年頃、小学校の掃除で、ぬかぞうきんを使っていました。布で作った袋に、ぬかを入れて雑巾にしていました。田舎の小学校(久保小学校)だったので、ほとんどの人が農家で、ぬかは、家にたくさんありました。
当時の学校の廊下は板張りの廊下だったので、ぬかぞうきんで磨いて廊下の艶を出していました。私が教員室の前の廊下の掃除の担当だった時、普通にほうきを使って掃除をした後、残った時間で教員室の入口の所、30cm四方を集中的に磨き上げていました。
 
「昭和の掃除」と言えば、中学校の掃除の時間を思い出しました。掃除の時間には椅子を机の上に載せ、机をつって教室の後ろに揃えます。(名古屋では、机を釣り上げて移動させることを“机をつる”と言います。)そこで、できた空間がYくんのステージです。
当時、ザ・ベストテンが始まり、中学生男子の間で世良公則&ツイストが絶大な人気を誇っていました。Yくんは「銃爪」を長いホウキを使って見事なマイクパフォーマンス!!みんなの人気者になっていました。大目に見ていた担任の先生も案外好きだったのかもしれませんね…
 
小学校時代の冬の掃除の時、ブリキのバケツをさげて、泊まり込みの学校職員さんのお風呂の前日の残り湯をもらいに行き、雑巾を洗うのに使っていました。今でも生ぬるいお湯の感触や皆で拭き掃除していたころのことを思い出します。
 
昭和57年、20歳の頃親に買ってもらった中古車。綺麗にしていたのでドキン!(土足厳禁)で、少しでも土が入ると掃除したり煙草を吸っていたので、少しでも吸殻があると車内灰皿を掃除したりしていました。
 
 
さて、次回1/28も「昭和の掃除」で行きましょう。
近所の公園の掃除、溝掃除、風呂掃除、モップ、雑巾、吸わない掃除機、トイレ掃除etc.昭和時代の掃除の思い出・エピソードをお待ちしております。
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=ksA-AxR21lk
今週は「昭和の寄せ書き」。
山根さんの口癖「テレビが言ってたんだけど…」。この度、何って言っていたのか!?お楽しみに。

昭和の写真3

2024年01月21日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
 
私が小学生の時にスーパーカーブームがありました。当時、今の周南市文化会館の場所にあった「毛利プラザ」でスーパーカーの展示会が行われ、父親と一緒に見に行きました。ランボルギーニカウンタクLP400。テレビや雑誌で見ていたスーパーカーの実車が間近に見れたので凄く興奮し、楽しかった事を思い出しました。
 
鹿野小学校4年の時の自転車登校のテストの時に撮った写真。
4年生から遠方の児童は自転車通学が出来るようになります。その許可を貰うための試験が校庭で行われていました。
8の字やクランク、安全確認などをみんなが見ている前で1台ずつ走ります。合格すると泥除けカバーにステッカーを貼ってもらい完了。落ちると受かるまで再試験でした。
 
私の父は地元の美術作家連盟に加盟している写真家なのですが、それ故に、写真やカメラと名の付く物には妥協を許さない人でした。
ある日、私が購読していた「学研の科学」にピンホールカメラが付いてきました。雑誌の付録とは言え、印画紙と現像液が付いている本格的な物です。父はそれを見ると私以上に熱を上げてしまい、それから写真の特訓が始まりました。
まず夜中に叩き起こされ、印画紙が光に反応しないよう真っ暗な部屋の中、手探りでカメラにセットする練習に始まり、撮影から現像に至るまでその様子はまるで写真版・巨人の星。
その甲斐あって、私は立派なカメラ小僧に……なるわけもなく、しばらくの間、写真はこりごりになってしまいました。
 
昭和50年、大島商船卒業前の実習は、帆船・日本丸でハワイ・ホノルルに行きました。
その時、友人とワイキキビーチに行き、ビキニの女性と写真を撮ろうと話して、まず、ビーチに行く前に店に行き、ジーパンの半ズボンを買ってその場で着替えてビーチに行きました。
ワイキキビーチでビキニの外国人女性を見付け声をかけて、一緒に写真を撮ってもらいました。女性に「写真を撮りたい」と言うと、何も言わずに喜んで一緒に写真を撮ってくれました。
 
吉田拓郎さんが22歳位の時、萩市民会館でコンサートがありました。高校生だった私が人生で初めてやったアルバイトが、拓郎さんの楽屋担当でした。「楽屋を出る時にスニーカーを履いている拓郎さん」と「東萩駅のホームでファンにサインする拓郎さん」の写真を持っています。
当時、大の拓郎ファンだった私にとっては最高にラッキーなアルバイトでした。バイト料がいくらだったかは覚えていません。
 
 
さて、次回1/28は「昭和の掃除」で行きましょう。
教室の掃除、部屋の掃除、耳掃除、昭和の掃除機は音がうるさいetc.昭和時代の掃除の思い出・エピソードをお待ちしております。
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=0IV10s3lwZA
今週は「昭和の眠れない②」。
“水を口に含んで霧吹き状に吹く”“フーセンガムを3個食べてでっかいフーセンを作る”そんな練習したなぁ

昭和の写真 part2

2024年01月14日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
 
父が新聞記者をしていた関係で、宇部市の俵田翁記念体育館で行われたプロレスの試合で花束を渡す役をしました。その時の写真がたくさんあります。
よく見ると、馬場さんが写っているではありませんか。花束を渡した時、「リングはフワフワしているんだな」とか「外国の選手がとてつもなく大きい」と感じたのを覚えています。
 
昭和の写真で思い出したのは、小学生の時に校庭にみんなで並び、校章をつくり撮った航空写真です。昭和49年の創立100周年の時と、昭和51年の新校舎落成の時の2回撮りました。
よく分からないまま、並ばされているとセスナ機が飛んできて撮られました。どこかに私がいるはずです。
 
若かりし頃、伊豆大島でキャンプファイヤーの出し物をした時、宙返りしました。当時、プロレスのタイガーマスクが流行っていたので、プロレスものをやることになり、「俺は長州力」「わしはラッシャー木村」...と名乗り出て、ただただバカ騒ぎをするだけで、どんなストーリーだったかも覚えていない出し物でした。
でも、誰かが宙返りした瞬間の写真を撮っていたのです。
「まあ、ドンピシャのタイミング!!」
「おまけに、宙返り中、ピースしてるし!!」
今は節々の痛む定年間際の私ですが、今から考えると、あの頃は体力が有り余っていたなーと、つくづく思い知らされる今日この頃です。
 
「昭和の写真」で思い出すのは大学生時代のアルバイトです。フイルムメーカーの募集に応募しました。愛知県にあるテーマパーク「明治村」の売店で写真フイルムを販売するアルバイトです。
事前に事務所で各社のカメラにフイルムを装填する練習をして売店に派遣されました。ところが、実際は売店の販売員としての仕事だけでフイルムは1本も売らず、ひたすらアイスクリームを売っていました。
 
中学の時、友だちがアイドル雑誌の〝あげます・譲ってください〟のコーナーのアイドル生写真で注文を出すというので、私の分も注文してもらい、その時トシちゃんの写真を買いました。1枚は生写真だったけど、ツナギを着た写真は、たのきん映画「ハイティーン・ブギ」のパンフレットに載っていたグラビアを写真に撮ったもので、本当の生写真ではなかったような気がします。
 
 
さて、次回1/21も「昭和の写真」で行きましょう。
久々の3週連続テーマ。皆、昭和の香りプンプンの写真を持ってますね~。これまで聴いて、ウチもあるよ~という方、写真にまつわるドタバタ話&写真も送ってください!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、毎週水曜日更新です!
https://www.youtube.com/watch?v=B5PjhN-5rY4
今週は「昭和の眠れない」。
「枕が変わると眠れない」というヤツがおったがぶち寝ちょったって。

昭和の 写真

2024年01月07日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
令和6年、今年も“昭和”の話をお楽しみください。
辰年ということで「燃えよドラゴン」に乗ってスタート。テーマは「昭和の 写真」で30分。
 
 
「昭和の写真」ということでアルバムをめくっていたら、昭和36年頃の赤ちゃんの頃で昭和らしい写真を見つけました。当時は社宅に住んでいて、畳の部屋で歩行器に乗っているのですが、素材が木でできています。
これまでその写真を見ても気づかなかったのですが、この度、スマホでその写真を拡大してみて、初めてピストルを手に持っているのが分かりびっくしました。兄が2人いまして、おそらく玩具のピストルを渡されて遊んでいたみたいです。
 
中学生の頃、授業で使う為に小さい頃の写真を持ってくるように言われましたが、同級生と比べて私の写真の枚数はダントツでした。
シャッターを押すだけで撮れるカメラが発売されるずっと前から父の趣味がカメラだったので、赤ちゃんの頃からスナップ写真を撮ってもらっていたからです。
母や姉や私にはピントを合わせるのが難しいカメラで、父はいつも撮ってばかりだったので、アルバムの中に父が写ってる写真はほとんどありません。
 
小学校の修学旅行前、体育の時間に「写真撮影の時に早く並ぶ練習」をしました。なので集合写真は、どの写真も皆同じ場所で写っています。
 
子供の頃、特に赤ちゃんの時の写真が私の写真はたくさんあるのに、弟の写真は1人で写っている物はほとんどないです。当時は、今のように気軽に写真を撮れなかったのでしょう。
 
 
さて、次回1/14も「昭和の 写真」で行きましょう。
モノクロからカラーへ、決定的瞬間が撮れた、おばあちゃんは写真を撮られるのを嫌がったetc.
写真にまつわるドタバタ話、そして、写真も送ってください!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画、お正月の間に更新されてました!
https://www.youtube.com/watch?v=kM8MON-m6S4
昭和のしゃれちょる話がいっぱい。今回も、よう笑ったゎ。ぜひ!

昭和の 予算オーバーPART2

2023年12月31日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
大晦日の今日は「昭和の 予算オーバーPART2」で30分。
 
 
20代前半、車を買うために一生懸命貯金して、憧れの車プレリュード(2代目)を新車で買いました。
でも車を買うのが精一杯で、十数万円だったオプションのエアコンが予算不足で付けられなかったんです。
夏の暑さを我慢しながら過ごして、次の次のボーナスでやっと付ける事が出来ました。
 
18歳まで下松で育ちました。20歳ぐらいの頃、帰省していた下松から神奈川に戻る時の出来事。
タクシーで徳山駅の新幹線口に着き「みどりの窓口」で切符を買って、いざお金を払おうとすると財布が無い。予算オーバーどころか、一銭も無いので切符が買えません。顔が真っ青になり、駅員さんに「財布無くしました」と言い財布を探し始めました。
乗ってきたタクシー会社に電話してタクシーの中を探してもらいましたが、ない。タクシー代は払ったのでタクシーを降りるときは確かにあったはずです。もう一度、タクシーから降りた場所に行ってみると、財布が落ちているではないですか!!
拾って「みどりの窓口」に戻ると、駅員さんは、発行していた切符を破棄せず持っていてくれました。「良かったですね」と言ってもらいとてもホッとしました。
 
私が妻と結婚した時に、見栄をはりまくり、シンガポール、バリ島に新婚旅行に行きました。が、意外と旅行代金は高くて予算オーバー。
「あ~あ。見栄をはりまくり失敗。」と、通帳とにらめっこ。妻から「見栄をはらして、ごめんね。でも2人のいい記念だったね、私もバリバリ稼ぐから。」と言われ、涙がちょちょぎれました。
 
昭50年代前半ぐらいから、よくプラモデルを買っていました。
当時、戦車の「タイガー型(ドイツ)」が人気が高く、中学生の頃やっと見つけたお店で買おうとしたら、その店独自の値上げで300円足りなかったことは今でも覚えています。次の日曜日には売れていました。
送った写真は、その後高3の頃にやっと購入できた〔タイガー型〕プラモデルの箱です。当時悔しかったので、今でも書類入れに使っています。
 
 
さて、次回は、新年1/7です!
テーマは「昭和の 写真」で行きましょう。
三脚買った、タイマー付きカメラ、写真館、証明写真、両親はスーツと着物だった、カラーの出始めの頃はここぞと言う時だけカラーで後は白黒だった、新車が来るたび家族写真を撮っていたetc.
昭和の頃のセピアな思い出とともに、写真にまつわるドタバタ話、そして、写真も送ってください!
令和6年も、どうぞ、ご昭和ください!

昭和の 予算オーバー

2023年12月24日

昭和46年生まれ52歳、高橋裕です。
 
クリスマスイブの今日は「昭和の 予算オーバー」で30分。
 
 
私の実家が新築した際、父親と母親が「有頂天」になり、冷蔵庫、食器乾燥機まで新調をしてしまい、莫大な予算オーバーになりました。
母親は頭を抱えて「仕方ないね、今夜から、たくわん、味噌汁だね」と家族に宣言。宣言どおり食卓には、たくわん、味噌汁だけ。母親は「あとは寝るだけ、これでいいわ」と、サッササッサ食べて寝てしまいました。
私はまだ小学校の低学年で、お腹がグーグーなりました。「母ちゃん、何か?おかずは?」と聞きましたが、母親はグーグー寝てしまい、私は「あ~あ」でした。
 
「昭和の予算オーバー」で思い出すのは鉄道模型のHOゲージです。(一番人気のNゲージの次に大きい模型です)
小学校高学年のわんこなりは、お年玉を握りしめおもちゃ屋さんに行きました。しかし思いの外、模型電車は高くて、持っていたお金で買えたのは、1周分周回できる線路と電車のモーターに電気を伝えるパワーパックだけでした。電車がないので、ただ線路を組んで、パワーパックのダイヤルを回して脳内運転です。
次のお年玉の前には、鉄道模型への興味が薄れてしまい、押し入れの隅に押し込まれてしまいました。今でも思い出す無駄遣いでした。
 
若かりし頃、名古屋で働いていました。独身寮に古株の先輩がいて、休みの日にたまたま出会ったのが事の始まり。酒好きの先輩から「飲みに行くぞ!」と言われ、やることもなかったから一緒に名古屋の酒場に飲みにいきました。
3軒梯子したあと先輩はいきなり「岐阜に行く!」と言い出し、電車で岐阜の飲み屋で、また2軒。
午前様になり終電もなくタクシーで名古屋まで帰ることになり、車内で先輩の一声。「金ねえぞー!」運転手さんと険悪な雰囲気になり、お互いをなだめようやく寮に到着。私も文無しでしたから、寮長を起こしタクシー代を立て替えてもらいました。しかし、よくもまたお金もなく飲み歩いたものですよねー。
 
私が10歳の頃、夏祭りでくれる小遣いは確か200円でした。私の記憶が確かならば、当時、焼きそばも綿菓子も150円でしたからどうにかなりましたが、私の憧れは「りんご飴250円」でした。
まあ、貯金して足せばいいのですが、貯金なんてなし!!いつの日か2つ買って、両手に持って食べてやるんだ!と思ってました(笑)。
 
私ら世代の若かりし頃は「いかにいい車に乗るか」「いかに車をイジるか」という事を、友人や知人と意識し合っていた時代でした。なので、予算オーバーといえば車関連での散財が主でした。
高校を出て社会人になったのが昭和63年。車は姉が乗っていたシビックを当時の相場の約半額で譲ってもらい、分割で月々姉に支払う事に。車自体は安く買えたのですが、免許取得してすぐ自損事故を起こしてしまい、修理代のローンが加わりました。
若かったので任意保険も高く、さらに高校時代に買った一眼レフカメラのローンも少し残ったいたので、社会人になって何ヶ月かはローンや保険代を支払ったらガソリン代ぐらいしか残りませんでした。初回のお給料は完全に予算オーバーでした。
その後も、マフラーやホイール、サスペンションなどパーツにもお金をつぎ込みました。カーステレオも拘って買いましたね。ロクに貯金もせずバカな事をしたなと思いますが、若い頃に色んな車に乗ったのは良き思い出でもあります。
 
 
さて、次回大晦日のテーマも「昭和の 予算オーバー」で行きましょう。
車のオプション、ビデオデッキの最新モデル、ケチれない新婚旅行etc.大晦日を彩るご昭和ネタをお待ちしております!
 
 
そして、ご昭和くださいのYouTube動画。
水曜日に更新しました!
https://www.youtube.com/watch?v=Lt22fOeL_VA
今週は「昭和のしゃれちょるのぉ」
山根さんの近所のおばちゃんコント
「まぁ なんとしゃれちょる靴を履いちょるねぇ あんた」
「どこで、買うたの」
「えぇ あそこかね、えぇ店ぃね。しゃれちょるモノ よぉけ置いちょるわぁね」
ぜひお楽しみください!


新着記事

昭和の お腹が痛い

2024年02月18日

昭和のノドがカラカラ

2024年02月11日

昭和の掃除 PART2

2024年02月04日

昭和の 掃除

2024年01月28日

月間アーカイブ