ホーム > 番組審議会

KRY山口放送について

番組審議会

2020年06月度

 6月度放送番組審議会では、冒頭、正・副委員長の選任を行い、規定による互選の結果、昨年度に続いて委員長に西﨑博史委員、副委員長に田邉恒美委員が選任されました。
続いてテレビ番組「"見ねれば"損!損?過払い金びっくり講座!PART2」を視聴・合評しました。

 各委員からは「過払い金の問題は、社会問題になっていたし、自分で知らない人も多くて被害を被ったままということもあり、そういった社会性から言うと詳しくわかり、理解することができた」「世の中で過払い金の問題が起きているが、それを相談に行こうという人が、ここに出てくる法律事務所への導線を引いているような番組だと感じた」「この中には他の法律事務所でやったらだめ、高い、ということは一切言っていない。うちの場合はこうだと言っているだけで、社会的に個人の利益を保証するという点においては有効な情報ではないかと思う」「真面目路線で番組を作っていて、そこにユーモアを組み込んだのでそこが目立ってしまったのではないか」「過払い金というのは世間的な問題だから多くの人に知ってもらうという点では公益性はあるが、後は公器として表現とか構成の仕方をどうしていくか。訴えたいことはもう少しさりげなくしていった方が、より説得力があるという気がする」などのご指摘やご意見をいただきました。

 出席委員は、西﨑博史委員長、末冨喜昭、森本美津子、山縣明人、渡辺美沙の各委員でした。社側からは岩田会長、林社長、山﨑専務、赤瀨取締役、渡辺編成業務局長でした。



過去の番組審議会