KRY山口放送のリポーター「原田 かおり」のブログです。

新着記事

2021年3月12日

月間アーカイブ

ローリングストック

災害に備えることの一つに「ローリングストック」があります。いつもの食糧を少し多めにストックし、使った分を買い足して備蓄するという考え方。
 
昨年、防災士で山口県自主防災アドバイザーの西村明美さんに教えていただきました。
 
harada_210312_1.jpg
 
缶詰や常温保存できるモノを組み合わせて備蓄食「家の味」を作っておくといいそうです。
 
例えばこちら、切干大根+野菜ジュース+ツナ・コーン缶詰。袋でひたすらモミモミ馴染むまで揉み込んだら、完成!
 
harada_210312_2.jpg
 
火も水も使いません。洗う、切るも必要なく、道具を極力減らせる袋クッキング。
洋風のサラダのような、漬け物のような、歯応えも心地よい一品になります。
 
他には、切干大根+合わせ酢+大豆缶詰+ひじき(パック)+胡麻ドレッシングの組み合わせもgood!
 
被災を経験した方々の中から、気持ちのホッとする甘いものも非常に有難い存在だったという話があったそうです。
茹で小豆+ミックスビーンズ+きな粉で「あんこ玉」はいかがでしょう?
全て「豆」ですね(^ー^)
 
harada_210312_3.jpg
 
いざという時のストレスは相当なもの。
普段から、備蓄品で試作・試食しながら非常食を「いつもの味」として慣れておくのも大切なんですね。