KRYのブログコンテンツ

河野 康子のうみたび

KRY山口放送のアナウンサー「河野 康子」のブログです。
生きよう

生きよう

1992年。今から、26年前。
あなたは、何をしていましたか?

「流れる季節に 君だけ足りない・・・♪」

周南市出身のアーティストGAOさんの大ヒット曲「サヨナラ」。

GAOさんのことは、紅白歌合戦や歌番組で観ていました。
印象に残る歌声。立ち姿。
真っ白のシャツにショートカット。
そのかっこよさは今でも覚えています。

そのGAOさんが、
先週、金曜日に熱血テレビのスタジオに来てくださいました。
まさか、
あのテレビで観ていたGAOさんにお会い出来るなんて!!
人生何が起こるかわからないものです。

お会いしたGAOさんは、私の記憶のまま、
テレビで観ていたままの変わらないかっこよさでした。
一度聴いたら忘れられない特徴あるハスキーな声。
スレンダーな身体からは、
きっと今まで鍛えてこられた力強さを感じました。

そして、翌日に行われたGAOさんのライブ
「KITEN」にも行ってきました!
周南で22年ぶりの凱旋ライブ。

ステージに立つGAOさんは、
黒ジャケットの細身のパンツスタイルにサングラスをかけ、
熱血のスタジオでお会いした時よりも大きく見えました。

スタンドマイクの前に立つ姿は、ハッとするほど美しく、
人を魅了するオーラがありました。
歌声は、言葉が胸に響きました。

GAOとして活動して10周年。
歌でしか知ることは出来ませんが、
これまでにいろいろなことがあって、
いろいろなものを乗り越えてきた人の
「生きる強さ」のようなものが歌にはありました。

「徳山」で育ちここからはじまったというライブトークから、
大ヒット曲「サヨナラ」も、もちろん歌ってくれましたよ。

歌が、私の26年前の記憶と結びついて、
中学・高校時代の思い出と、懐かしさと、切なさと・・・
ごちゃ混ぜになり、涙がこみ上げてきました。

お客さんの中には、「徳山時代」のGAOさんのお友達も
たくさんいらっしゃったようで、
ステージに地元ならではのお名前の呼びかけもありました。
「あ~、地元に帰ってこられたんだな」と、
温かい気持ちになりました。

ちょっぴり年齢層高め(失礼!)のライブだったけれど、
みなさんスタンディングに手拍子でノリノリでした。
アンコールにもこたえていただいて、
大満足のいいライブでした。
CDも欲しかったけれど、グッズ売り場も長蛇の列。完売でした。
本当に本当に、いいライブでした。
お客さんもいい表情をしていましたよ。

これからのGAOさんの進化も楽しみです。

新曲の「生きよう」。
私は、好きになりました。

さて、明日も頑張ろう!!

2018年6月13日 0 comments Read More
逢えた!

逢えた!

昔から良~く知っている相手に再会し、
様々なエピソードを思い出し、懐かしくて、嬉しくて・・・
でも・・・相手は全く私のことを知らない・・・
それでも「おかえり」と出迎えてくれる・・・
という展覧会に行ってきました!

山口県立美術館で開催中の「浦沢直樹展」。

漫画で何度も出会っていたキャラクターに「逢えた!」
そんな感覚です。

創作メモ・ネーム・下書き・完成原稿をじっくり見ていくと、
無意識のうちにその世界に引き込まれていきます。

ネーム(コマ割り、キャラクターの配置、
セリフなどを大まかに表したもの)と
完成原稿を比較するのも、たくさんの発見があって面白い!

今まで、漫画本でしか見たことがなかった
「この場面の絵は、はじめはこうだったの!」とか
「ネームと変更したことでより伝わる~!」・・・などなど、
感動するところが随所にあって、
ひとりニヤニヤしながら、じっくり観てまわりました。

幾重にも連なる細かい「線」での表現・・・
こんな「線」書けるのものなの?と思うくらい繊細なのです。
登場人物の表情、姿勢、性格はもちろん、
深夜にテレビで観ていたアニメーションの
キャラクターの髪の毛の表情まで
細かくメモされていていました。
「確かに、やわらかく繊細な髪の毛の印象だったな・・・」
なんて思い出されます。

また、漫画の中の風景画にも魅了されました。

以前、訪れたことのある「マルタ島」。
会社の私のデスクシートには、
大好きなマルタ島の風景写真を挟んでいます。
岩で囲まれた要塞の街。地中海の真珠とも言われています。
美しくも神秘的な街です。

そのマルタ島が舞台になっている漫画。
展覧会では、一部しか読めなかったけれど、
これから読破したくなる作品でした。
もちろん、その他の作品も、もう一度、
じっくり絵を堪能しながら読み直したくなります。

浦沢さんが小学生の頃に描いたという漫画や、
物語の世界観を表現したオブジェの数々。
漫画本1冊分の完成原稿も、数タイトル分展示されていて、
それだけれでも圧倒されます。

展覧会入り口の「おかえり」にドキッとし、
帰るときに「ボブ・レノン」を聴いてみる。
やっと「想像の中の音楽」ではなく「リアル」になりました。

「漫画」だけれど「そこに生きている」ような感覚。
「逢えた」ような気持ちにさせてくれる展覧会。

浦沢直樹さんの漫画への情熱に押しつぶされそうになるくらい、
熱い展覧会です。
展覧会で浦沢さんの漫画を一部でも読んでしまうと・・・
面白くてすべてを知りたくなると思いますよ~。

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! 山口の巻」は、
6月17日(日)まで山口県立美術館で開催中です。

2018年5月16日 0 comments Read More
夢の世界

夢の世界

私の一番幼い頃の記憶に残るキャラクターは、おそらく・・・
地球に3分間しかいられない正義の味方。
口癖は「シュワッチ」。

その次に思い出されるのは、
ピンク色の髪をした女の子と青色の髪の男の子。
お星様がトレードマークの双子の不思議ちゃん。

小学生になると、
周りのお友達のペンケースや鉛筆や消しゴムや
ノートや下敷きやハンカチやティッシュ等々・・・
持ち物には「かわいいキャラクター」が描かれています。
新しいキャラクターが入ると見せてもらったり・・・と、
懐かしい想い出です。

そんなことを思い出しながら、
改めて自分の黒い肩掛けカバンの中を探ってみました。
「かわいい」より「実用性」・・・。
キャラクターものは皆無です・・・。な~んもかわいくない!!

授業中、キャラクターの付いたペンケースを
ふと見たときにちょっと嬉しかったことや、
手にした時に「かわいい♪」と、こころがときめいた気持ち・・・
とっても長~い間、忘れていました。

でも、そんな私の中に眠っていた
「かわいい」を呼び起こしてくれたのが、
周南市美術博物館で開催中の「シンジカトウ・ワールド」。

本当にかわいらしいデザイン画ばかりです。
絵に囲まれていると、気持ちは少女♪です。
一度は目にしたことのある、
愛らしいキャラクターデザインの展覧会。
デザイン画には夢がたくさん詰まっています。

作品の世界にどっぷりと浸った後は・・・少女のこころのまま
ショップでトートバッグを買っちゃいました♪かわいい♪
持ち物で気持ちが明るくなるっていいですね♪

雨の日のお出かけにもおススメです。
小さなお子様でも楽しめると思いますよ。
今日は、小学校低学年の皆さんが訪れていました。
男の子も女の子も、
「かわいい~」「この絵が好き~」などなど、
楽しそうに見ていましたよ。

「夢の世界のデザイナー シンジカトウ・ワールド」は、
7月30日(日)まで周南市美術博物館で開催中です。
キャラクターとの写真撮影コーナーもありますよ♪

2017年6月9日 0 comments Read More
明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

「改言兆」のりあらためのちょう
「吉」

厳島神社で引いたおみくじの言葉です。

「一度間違ったことも、後には良くなる兆しがあります。
間違っていると思えば目上の人の忠告を聞いて改めると
最後には幸せになれるでしょう。」
との意味のようです。

人間だから間違えることもあります。
迷うこともあるでしょう。

そんな時は・・・
木曜日の「お昼はZENKAIラヂオな時間」の
「やすこな~んもわからん教えて~」のコーナーで
経験豊かなリスナーの皆様にアドバイスを頂き、
先輩の渡辺三千彦ピエール大先生に
「テキトー相談」をしようと思います。

おおらかに、焦らずゆっくりと歳を重ねたいです。
皆様にとっても、幸せの多い一年となりますように。
今年もよろしくお願い致します。

2017年1月5日 0 comments Read More
この夏、何度でも!

この夏、何度でも!

ケン・ケン・パ・ケン・ケン・パ・・・
幼い頃、地面に丸や四角や三角を書いては夢中で遊んだ想い出。
あれから30年・・・?
えぇっ!?もう、30年!?早いものです・・・。

ケン・ケン・パ・ケン・パ・パ・
ケン・パ・パ・パ・パ・パ・・・
タッチパネルを使って自由自在にコースを描くと、
足元にコースが浮かび上がります。
まるで、魔法のよう。

しかも、ケンケンパをすると心地良い音がして、
美しい画像が弾けて、消えて・・・と足元を彩っていきます。
ゴールが出来ると、係りの方が拍手してくれて・・・
大人になるとちょっぴり恥ずかしい・・・
でも出来たことがなんだか嬉しいかも?!

大人も童心に帰って夢中になれる「天才ケンケンパ」。
子どもは「もう一回!もう一回!」と何度も何度も
繰り返しては、なかなかその場を離れようとしません。

チームラボアイランド~学ぶ!未来の遊園地~

魔法のような空間でした。

紙に描いた自分の魚が・・・あら不思議!!
命を与えられたかのように、
海を模したスクリーンの中を自由に泳ぎ回ります。
スクリーンに映し出された魚を「ナデナデ」すると・・・
慌てて逃げ出しました!
エサ袋に触ると魚にエサやりも出来ます。
カラフルで個性的な魚たちでいっぱいです。
その前を、かわいい子どもたちがキラキラした瞳で
見つめています。

他のスクリーンでは、町が出来ています。
UFOや飛行機が空を飛び、タッチすると車や家も躍ります。
どれも、ユニークで個性的。
大人も子どもも、みんなが描いた絵で出来上がった
わくわくするような町です。

そこに、突如、モンスターが出現!!

ある仕掛けがあって、
みんなで力を合わせるとモンスターを撃退できるんです!
子どもたちは、大興奮!!
もちろん「背が高い」大人の参加も必要です。
こんなアトラクション、今まで体験したことなかったです!!

そこに居合わせた人たち、大人も子どもも関係なく、
絵の上手下手なんて全く気にしなくて良くて、
個性と想像力が集まり、生み出される空間が
こんなにも楽しいなんて!!!

この夏、何度でも行きたいです。

チームラボアイランド~学ぶ!未来の遊園地~in山口
8月28日(日)まで、アスピラート(防府市)で開催中です。

身長制限がないので小さなお子様でも
アトラクションが楽しめるし、
クレヨンでグルグルお絵かきが出来て、
「ナデナデ」出来ればもっと楽しい!!

涼しいのでデートにもおススメです♪

2016年8月3日 0 comments Read More
ステップアップ!

ステップアップ!

明けましておめでとうございます。

今年は、申年。
「ウキウキ」する気持ちを大切に、
嫌なことはさっさと忘れ「サル」。
時には「キャッキャッ」とはしゃげる
女子の心を持てるように・・・

今年は、30代から大きく?ステップアップ!です。

「四十にして惑わず」とは言いますが・・・
迷ってばかりの私・・・
お昼はZENKAIラヂオな時間の
「康子、な~んも分からん教えて~」
のコーナーでも引き続き、
みなさまにいろいろと教えを請おうと思っております。

「康子、な~んも惑わ「ザル」」・・・そんな日は、
果たしてくるのでしょうか?!

今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年1月1日 0 comments Read More
バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲いた♪

バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲いた♪

4月に購入していたバラの苗木。
品種名は「レオナルド・ダ・ビンチ」です。

バラ園で出会ってから、ず~っと気になっていた品種です。
ネーミングもいいし、思い切って育ててみたら・・・

咲いてくれました!!

綺麗なピンク色で、ちょっと小ぶりのバラ。
香りは・・・ない・・・かも・・・?

かわいがっているお花が咲いてくれると、
やっぱり嬉しいものですね♪
umitabi_150602

2015年6月2日 0 comments Read More
今年も…

今年も…

今年も咲きました。
umitabi_150421

おそらく・・・「ミツバツツジ」。

葉が茂る前に、花をつけるんです。
だから、茶色の枝からピンク色の花が咲くと、
とても目立ちます。

春は、次々花が咲くので気分も明るくなります♪

2015年4月21日 0 comments Read More
君子蘭

君子蘭

春ですね~。
植物も元気に育っています♪

今年も花を咲かせてくれました。
オレンジ色の花が気分を明るくしてくれます。
君子蘭です。
umitabi_150416

「蘭」とつきますが「ヒガンバナ科」に属するそうです。
長~く楽しみたいものです♪

2015年4月16日 0 comments Read More
明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

仕事に復帰して1年。
昨年は「お馬さんぱっかぱっか♪のリズム」を誓ったはずなのに・・・
駆けるように過ぎて行きました・・・

「あっという間の一年」と感じる傍で、あっという間の子どもの成長。
振り返ってみると、会社と保育園とスーパーと病院(子供の発熱など)の往復でした。

そんな毎日だからこそ学ぶことも多かったと思います。
最近よく耳にする「子育て支援」や「共働き」「高齢出産」「待機児童」「保活」等々・・・
いろいろなキーワードが、とてもリアルに身近に感じられました。
何事も、経験なんですね!

そんな経験をむしゃむしゃと咀嚼しながら、うめぇ~と笑って言える余裕を持って過ごしたいものです。

皆様にとっても、素敵な一年になりますように。
今年も、よろしくお願い致します。

2015年1月2日 0 comments Read More