KRYのブログコンテンツ

竹重 雅則のお暇なら来てよね

KRY山口放送のアナウンサー「竹重 雅則」のブログです。
もうちょいかかる、か…?

もうちょいかかる、か…?

【17明治安田生命 J2リーグ 第4節】
●レノファ山口0(0-1,0-1)2東京ヴェルディ○
[4戦:1分3敗 勝点1 得3失8差-5]

takeshige_170321_1

開幕4戦勝ちなし。
レノファ発足以来2度目の3連敗。

0-2の敗戦でシュートが前後半計3本。
数字上だと、なす術なく敗れたように見えますが…
決してそういう訳ではないとは思います。

4福元選手
「今日も失点したシーン以外やられてる感じはしてない。
それが結果に繋がっていないのが悔しいけど。」

5佐藤選手
「あともう1つパスがつながればシュート、というシーンがある。
チームとして力を出せるようになれば、結果はついてくる。」

9岸田選手
「今は戦術どうこうじゃなく勝ちたい気持ちだと思うので。
1人1人それを出していかないと。」

選手1人1人に訊いても、もどかしい思いが零れます。

-------------------

takeshige_170321_2

《先制しないと勝てない》
《引いた相手をどう崩すのか?》
思えば去年もそうでした。
去年からの課題に真正面から取り組んでいる最中と。

そこにメンバーの入れ替わりが加わって難しくなっている。

上野監督は言います。
「少しずつ攻撃の連係も出つつあるがまだまだ。
ただこれまでの短期間で選手たちはよくやっている。」

もうちょい待つしかないのかな。
1つ勝てば雰囲気が変わってくるとは思いますが。

いい材料もありました。
22和田選手、27大石選手が今季初出場。
戦力として十分計算できそうです。

「あいだで受けてターンしてチャンスに絡んでいく、
前を向いて仕掛けていく。」
そんな和田選手は今年U20W杯代表の座がかかってます。

「調子・コンデョションは日に日に良くなっていると
自信を持って言えます。」
そう話す大石選手。その決定力で局面打開してほしい。

-------------------

まずは先制点を与えないこと。
今期に入り、前半無失点の試合はゼロ。
立ち上がりはここ数試合悪くない。
そこで得点を奪ってまずは主導権を握りたい!

次節はカマタマーレ讃岐を維新公園に迎えます。
去年は2戦2勝の相手。
この日曜日がいいきっかけになりますように。

-------------------

今週の麺は柳井市へ。
まもなくオープンの煮干し中華。
これは期待大!!

takeshige_170321_3
takeshige_170321_4

2017年3月21日 0 comments Read More
もうちょい、なんだけど

もうちょい、なんだけど

【2017明治安田生命 J2LEAGE 第3節】
○大分トリニータ2(1-0,1-0)0レノファ山口●
[3戦:1分2敗 勝点1 得3失6差-3]

今季初の完封負け。
失点は毎試合2つずつ増加中。
内容は悪くはないんだけど。

---------------

相手の大分トリニータは今季J3からの昇格組。
とはいえ去年の優勝メンバーに新加入を上積みし、
2月の熊本キャンプでも完成度が高いと感じました。

TMは45分×4のゲームでトータルは4-4の引分け。
ただし前半90分の主力組は1-3で敗れ、
後半のBチームは3-1で勝ちました。

大分側は後半90分のイメージが強く残っていた様子。
2月に比べても慎重に守りを固めてました。
いわゆる、引き気味の相手をどう崩すか?
去年の課題がそのまま出た試合だったかと。

ボールを持たされて攻めあぐねる。
相手はカウンターで2得点。
ハマッちゃいました。

セオリーとしての対応策は2つ。
「遠目からでもシュートを打って相手のラインを引き出す」
「サイドチェンジを増やして相手の守備の的を絞らせない」

前半と後半でギアが今一つ上がらないのも気がかり。

当たり前のことですが、
相手チームは去年のレノファの印象を持ってぶつかってきます。
去年からの課題にどう対処するか、
いよいよその答えを導き出す必要性が出てきました。
それも、なるべく早いうちに。

------------------

次節からはホーム維新公園で連戦。
まず次の日曜日は東京ヴェルディと対戦します。
昨季1勝1分けの相手に対し、今度こそ勝ち点3獲得なるか?

本当、もうちょい、なんだけど…

-----------------

takeshige_170314

今週の麺は山口の誉れのバター釜玉。
前半は普通の釜玉として。
後半戦はバターを加えて和風カルボナーラ風に。

レノファのサッカーも前半と後半で
これくらいビビッドに変化が起こってくれるとより楽しめるんですが。

2017年3月14日 0 comments Read More
高揚感とともに

高揚感とともに

【2017明治安田生命 J2LEAGE 第2節】
●レノファ山口1(0-2,1-0)2アビスパ福岡○
[2戦:1分1敗 勝点1 得3失4差-1]

takeshige_170308_0

2点リードを追いつかれた開幕戦。
追い上げながら1点差で敗れたホーム初戦。

でもその後味は正反対。
9000人越えの中勝てなかったのは残念だけど、
なにかカタチが見えてきたような1戦だったかと。

----------------

takeshige_170308_1

待ちかねたホーム開幕戦。
午前中からチームカラー・オレンジの人、人、人。
維新公園の入り口では今季掲げる横断幕への寄せ書きが。

試合開始2時間前。

takeshige_170308_3

選手到着に合わせて行われた決起集会。
凄い数のサポーターが集結しました。
新加入の選手が沢山いたので、
チャント(=応援歌)を考えるのも大変だったと思います。
歌詞カードも配られてみんなで合唱。
フラッグも、こんなにあったっけ?

takeshige_170308_2

ホーム開幕戦ということもあってゲスト来訪。
ロンドンブーツ1号2号・田村淳さん率いるjealkbのライブ。
異例の30分間・長尺でしたが、さすがの面白さ。
6/8(木)には周南RisingHallでもライブがあるそうで。
行かなきゃ。

試合開始前の準備があるにも関わらず、
盛り上がる最中にこっそり写真を撮りにきた選手もちらほら。

----------------

takeshige_170308_4

さて試合ですが、
前半立ち上がりに決定機数回。
ここで決めていたら結果は変わっていたかと。

シュートチャンスを逃した9岸田選手も
「本当にいいパスだったんで。決めたいですねあれは。」

その直後から福岡はセットプレーで先制点&2点目。
正直、崩されての失点ではないのでやり切れない思い。
先制されて以降はレノファ、前半シュートなし。

----------------

後半開始から一気に2枚替え。

立ち上がりに40小塚選手がJ2初ゴール。
「後半からトップ下に入って
監督からはどんどんボールに関わるようにと。」

競技場全体が活気づいていきました。
以降、レノファ押せ押せの展開。
後半のアビスパ福岡、シュートわずか1本。

レノファももっとシュート狙って良かったのでは。
打たなきゃ入りませんから。
ただ、ボールを握ってからの迫力は既に去年以上かも。
あとコンマ何秒かのタイミングが合ってくれば…
攻撃を抑えられるたび響くため息が、
時間ごとに大きくなりました。

キャプテン11鳥養選手は言います。
「今年はまだ連係が足りないかなと僕らは実感している。」
「ホイッスルが鳴るまで
もっともっと気持ちを見せていかなければ。」

------------------

今回の竹重的MVPは途中出場の5佐藤選手。
ボランチに入ってシンプルにつなぐプレーはハマッてました。

「サイドバックをなるべく高い位置に上げたいなと思って。」

そう振り返る佐藤選手に呼応するように右SBの6前選手は
「特に後半は高い位置を取れたので
厚みのある攻撃ができたかなと。」

29三幸選手も話します。
「健太郎さんが入ってから自分が1つ前の位置に出られた。」
「ボールを前で受けて周りを動かしながら
自分もチャンスに入って行けた。」と。

今季の新加入組で一番最後に合流した佐藤選手。
しかし宮崎キャンプで体調を崩し
ほとんど試合に出られなかったそう。
KRY取材陣に対しての第一声は
「試合に出られてよかったっす。」

「前にボールが入ったときのアイディアは山口のいいところ。
そこに入るまでのスイッチになるパスを出せればいいかなと。」

彼の存在が、欲しかったラストピースになりそうな気がします。

takeshige_170308_5

-------------------

次節はアウェイで大分トリニータと対戦。
J3を優勝して昇格し、チームのベースは出来上がってます。
熊本のテストマッチでは、主力組は完敗。
さらに第1節では福岡を下して開幕白星スタート。

レノファの今季初勝利には高いカベになりそうです。
結果やいかに?

-------------------

最後に今週の麺。

takeshige_170308_6

開店と同時に飛び込んだ手打ち中華。
この日は鶏ベースにイリコを利かせた「新味」で。

2017年3月8日 0 comments Read More
今年もまずは1ポイントから

今年もまずは1ポイントから

【2017明治安田生命 J2LEAGE 第1節】
△FC岐阜2(1-2,1-0)2レノファ山口△
[1戦:1分 勝点1 得2失2差+-0]

2年目のシーズン、はじめの一歩。
去年と同様のドロー発進。
今年はアウェイゲームでの勝ち点1獲得から始まりました。

「選手たちは良くやってくれたが、
我々もまだまだ連携面で時間がかかると思っている。
それを差し引いても岐阜が良かった。」

上野監督はそう振り返りました。

去年までレノファの10番を背負っていた庄司選手は
「僕が知ってるレノファ山口というチームではなかった。」と。
それだけまだまだ発展途上、ということで。

-------------------

前半はレノファ、後半は岐阜のゲームでした。

前半3分に早々と先制点。
去年と負けず劣らずの綺麗なパス回し。
決めたのは開幕戦で新チーム初スタメンとなった9岸田選手。
ボールがない所でスルスルッと右に動きなおして、
こぼれてきたボールを冷静に流し込みました。

「あのポジションにいられたのは、今季調子がいいのかなと」
「ボール持ってしっかり繋いでいけば、
前半の得点シーンのようなチャンスはもっと作れると思う。」

その後もPKを獲得して2点目ゲット。
開幕戦の得点はJ3以来2年ぶり。マルチゴールは初めてです。

「もうちょっと状況も考えて後ろの手助けができるといいなと
思ってます。」

-------------------

竹重的MVPは新加入のGK33山田選手。
2点は奪われましたが、ビッグセーブ連発!
この日だけでも何点防いでくれたやら。

「個人的にはまだまだ課題は沢山あります。
セットプレーで失点してしまったし。」
「後ろからもうちょっとつないで行けたら
フィールド全体が楽になる。
そこは僕からもっと声出しで発信できたらと。」

機動力も足技もある攻撃的GK。
これは頼りになる存在です。

-------------------

DFリーダーの3渡辺選手は反省しきり。

「“そこからどうやって前にいくの?”って所で
意識のズレがあった。
みんなで話し合ってすり合わせていきたい。」

後半は岐阜のパス回しに対し劣勢に立たされました。
チームとしてどう戦うかを徹底したいと話します。

この日のスタメン11人の平均年齢は24.91歳。
若いレノファを引っ張る存在の副キャプテンではありますが、

「まだ僕も30。自分をベテランだとは思いたくない。
サラリーマンなら平社員ですし。」
「僕ら年長者がいい意味で活気づけられるような声掛け、
パフォーマンスをしなければ。」
「それを若手が見て何か感じ取ってくれれば嬉しいし、
そんな存在でいたいなと。」

開幕戦で初出場した大卒ルーキー、
20清永選手や15池上選手に積極的に声掛けをしたとのこと。

-------------------

次はホーム開幕戦。
アビスパ福岡を維新公園に迎えますが…
その福岡は初戦の大分戦に敗れて、
早くも本気全開モードは必至。
ここで返り討ちにできれば
レノファも一気に乗って行けるはず!

3/5(日)15:00キックオフです。
当日は相当混雑しそうです。早め早めの行動を!!

現在ラジオ[おはようKRY]では
毎朝8:20すぎから選手コメント紹介中。
試合翌日の9時台には福岡戦の振り返りを予定しています。
今季もホーム戦直後の月曜は特集コーナーを企画しますので
お楽しみに!!

今日は写真がないので最後に「今週の麺」

takeshige_170228

周南の人気店で頂く「辛うまラーメン」
辛いだけじゃないのがポイント。
二日酔いは一発で治ります。

2017年2月28日 0 comments Read More
J2・2年目いよいよ開幕

J2・2年目いよいよ開幕

2017シーズンも、2/26(日)から始まります。
去年の最終戦から3か月。
長かったような、あっという間だったような。

takeshige_170224_1
takeshige_170224_2

1/10の新体制発表会を皮切りに
宮崎→熊本→宮崎と3次にわたるキャンプ敢行。

その奮闘ぶりを追いかけ熊本へも。

takeshige_170224_3
takeshige_170224_4
takeshige_170224_5

新体制初の対外試合は4-4の打ち合い。

takeshige_170224_6

21人がチームを離れ、15人が新加入。
大幅に選手が入れ替わって、
開幕直前まで連携構築に時間を割きました。

takeshige_170224_7

スポンサーを集めた決起集会では
「上野体制4年目は勝負の年。
まずはJ1昇格プレーオフに進める6位以内を狙う」
河村社長の力強い宣言がありました。

------------------

2/19にはサンフレッチェ広島を迎えてプレシーズンマッチ。

takeshige_170224_8
takeshige_170224_9

サンフレの紫とレノファのオレンジ。
フラッグが並んだ掲揚台はまぶしかった!

takeshige_170224_10-1
takeshige_170224_10-2

チームマスコット・レノ丸は、
Jリーグキャラクター総選挙で3位に大健闘!

takeshige_170224_11

チームの勢いにも結び付くといいなあ。
総選挙で1位になった、
広島のキャラクター・サンチェとともに入場しました。

takeshige_170224_12
takeshige_170224_13

------------------

試合は1-4で完敗。サンフレッチェの完成度は高かった。
でもやれなくはない、その印象は変わりません。

「チームづくりは通常1年半かかる。
その時間を最短で、ということに挑戦したい」
「一歩一歩、踏み外さないように階段を上っていきたい」
現時点の上野監督は、慎重に言葉を選んでいるように感じます。

でも選手たちは口々に言います。
「新戦力と既存の選手が噛み合えば、
去年よりも楽しいサッカーになるはず!」と。

------------------

試合前、いろんな方と言葉を交わしました。
「今年もよろしくお願いします!」と。

ボランティアスタッフの皆さんも気合い入ってました。

takeshige_170224_14

レノファに関わる人、それぞれにとってもいよいよ開幕の時。

takeshige_170224_15
takeshige_170224_16

あたくしのデスクにも予定表貼り付けました。
開幕戦はあさって2/26(日)、アウェイでFC岐阜との対戦。
維新公園でのホーム開幕は3/5(日)です。

ラジオ[おはようKRY]では
AM8:20ごろから1日1人、選手のインタビュー公開中。
2/27(月)、3/6(月)は9時台に特集をお送りします。

J2・2年目の奮闘ぶりも、
テレビ・ラジオ・そしてこのブログでお伝えします。

みなさん、がんばっていきましょう!!!

2017年2月24日 0 comments Read More
2017年スタート

2017年スタート

ブログを読んでくださってる皆さま、お元気でしょうか?
2017年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

12月は矢のように過ぎ去りました。
つい半月前までマラソン中継やってたはずですが…

レース前日、カレーをむさぼる川内優輝選手。
彼を取り囲む写真撮影の群れ。

takeshige_170105_1

レース当日、防府市陸上競技場の実況席にお邪魔。

takeshige_170105_2

スタート前の喧騒を写真に収め

takeshige_170105_3

初優勝を飾ったGMO橋本峻選手と応援団の皆さん。
おめでとうございます!

takeshige_170105_4

移動放車チームでも記念写真を。

takeshige_170105_5

----------------

マラソン後はイルミネーションに誘われ忘年会ラッシュ。

takeshige_170105_6

フグにパジョンに北京ダック、贅沢三昧。

takeshige_170105_7
takeshige_170105_7-2
takeshige_170105_8
takeshige_170105_9

もちろんお雑煮も頂きました。
我が家はずっと牛肉&イリコ出汁です。

takeshige_170105_10

-------------

年内の放送を終えた12/30は、
この日で閉店するライブハウス【周南TIKI-TA】へ。

takeshige_170105_11
takeshige_170105_12
takeshige_170105_13

かつて番組でも本当にお世話になりました。
寂しくなるけど、まずはお疲れ様でした!
最後は壁いっぱいに寄せ書きをして、ほろっときました。

takeshige_170105_14

----------------

大晦日は朝イチでこちらへ!

takeshige_170105_15
takeshige_170105_16

恐らく8年ぶりの首都圏年越し。
髙川学園は逆転負け…勝てただけに悔しい。

takeshige_170105_17

残念会&年越しは渋谷→五反田→平河町。

takeshige_170105_18
takeshige_170105_19
takeshige_170105_20

高校サッカー中継スタッフにも久々にご挨拶しました。

takeshige_170105_21
takeshige_170105_22

夜中までいろんな話をしてましたが…
大晦日から元日は電車が終わらない。さすが!!
居残り組のスタッフの皆さん、頑張ってね!!

第95回全国高校サッカー選手権は、今日1/5が準々決勝。
1/7(土)は準決勝、成人の日の1/9(月)が決勝戦です。

準決勝以降はKRY含め民間放送43社フルネット。
決勝戦当日はラジオ【おはようKRY】でも特集コーナーやります。

-----------------

元日はつけそばを。

takeshige_170105_23

三が日には東京を立ち、

takeshige_170105_24

恒例の初詣はいつもの防府天満宮。

takeshige_170105_25

書初めはこちら。まずはこの気持ちで始めます。

takeshige_170105_26

あっという間に年が明けました。
1/15(日)は18時からラジオ【中四国ライブネット】生放送。
月末には中国山口駅伝。
レノファ山口もまもなくJ2・2年目の必勝祈願から始動します。

今年も、いろいろありそうです。
今年も、楽しくがんばります!!

2017年1月5日 0 comments Read More
よーーーやく!!

よーーーやく!!

【明治安田生命 J2LEAGE 第42節】
●水戸ホーリーホック0(0-1,0-1)2レノファ山口○
[42戦:14勝11分17敗 勝点53 得55失63差-8]

最終戦にして目を覚ましてくれました!
2-0快勝。
17試合ぶりの先制点。

7福満選手の2ゴールは、ワンツーとドリブル突破。
どちらも彼らしいアグレッシブでスカッとするものでした。

守備陣も12試合ぶりの無失点。
スコアレスが1回あるので完封勝利となれば19試合ぶり。
今季最後の試合を気持ちよく終えることができたのでは?

takeshige_161122_1

試合後、上野監督の続投も発表されました。
この春作られたこのダンマク、
イラストレーター・りおたくん渾身の作は来季も見られます!
りおたくん、いつも画像提供ありがとう♪
皆さんも是非応援してください!

りおたくんの力作をもう1つ。

takeshige_161122_2

このメンバーで開幕したJ2への船出。
山あり谷ありの中、12位でシーズンを終えました。

一方で…。
今日、4小池選手の柏レイソルへの移籍が発表されました。
高卒で当時JFLのレノファに加入して3年。
常々「日本代表を目指す」と公言して
はばからなかった小池選手。
その足掛かりとしてのJ1強豪チームへの完全移籍。
寂しくなるけど、更に駆け上がっていってほしい!
頑張って!!

takeshige_161122_3

開幕以来ずっと勝敗を記入し続けた日程表。
あたくしのデスクに、所属選手の一覧とともに貼ってました。
勝ちなら○、引き分けなら△、負けなら×。
スコアの横には[括弧]をつけて勝ち点を記入。
いろんな思いで書きこんでましたね。

takeshige_161122_4

日程の最後に《○2-0[53]》と記入しました。
「○」って書けて良かったあああ。

我々KRY中継班にとってもひと区切りです。
レノファ山口関係者の皆さん、1年間お世話になりました。
楽しい時間をありがとうございました。

-------------------

一方で、月曜日には高校サッカー抽選会が。
山口代表・高川学園の初戦が決まりました。

大晦日の12:05~三ッ沢会場で
「茨城代表・鹿島学園」との対戦です。

takeshige_161122_5

三ッ沢といえば忘れられない試合がいくつか。
高川の前身・多々良学園が静岡学園を下したのは2002年。
現在、アビスパ福岡所属のFW・中原貴之選手の、
渾身のボレーシュートで同点に追い付いてPK勝ち。

当時の多々良のキャプテンは、
現在高川学園を率いる、江本孝監督です。

実況席でも凄いシーンを目撃しました。
takeshige_161122_6

解説・武田修宏さんとお伝えしたのは
2009年1月5日の87回大会準々決勝[鹿児島城西vs滝川二]。
鹿児島城西が圧倒的攻撃力を見せましたが、
その原動力は現日本代表FW・大迫勇也選手。

takeshige_161122_7

その日も2ゴールを上げ、存在感は圧倒的でした。

今年は観戦に行こうかな!
あの独特の空気は何度味わっても飽きません。

----------------

番組のお知らせを。
11/27(日)13:00からは[KRYラジオCM大賞]!
収録は大いに盛り上がりました。

takeshige_161122_8
takeshige_161122_9

出来上がりはどうなっているやら。是非お聴きくだいませ。

----------------

最後に今週の麺。

周南市に大型新人登場!です。

takeshige_161122_10

2016年11月22日 0 comments Read More
ホーム最終戦&高校サッカー

ホーム最終戦&高校サッカー

【明治安田生命 J2LEAGE 第41節】
△レノファ山口2(1-1,1-1)2モンテディオ山形△
[41戦:13勝11分17敗 勝点51 得53失63差-10]

とってもいい天気!

takeshige_161116_1

グルメガーデンも賑わいました。

takeshige_161116_2

この日はホーム最終戦。
2/28に開幕してから256日目。
山口で行われるJ2リーグは21試合目。

takeshige_161116_3

暴風雨あり灼熱地獄あり。
ここまで速く、季節が過ぎるとは思いませんでした。

takeshige_161116_4

「今シーズンを象徴する試合でした」
とは、試合後のハイライト番組での8島屋選手の弁。

点取られ、逆転したけど、追い付かれ。
2節前の東京V戦と同じ展開でした。
ようやく区切りの勝ち点50を達成しましたが、
2試合連続で自力でのJ2残留を相手に決められて…

ただ、いったん逆転はできるようになっている。
11鳥養選手の同点弾は気持ち入っていたし、
7福満選手の逆転ゴールは綺麗な弾道で右隅へ。
維新公園は盛り上がりました。

逆転できたその流れを、突き放すゴールにつなげたい。
何より先手を取って本来のレノファを見せてほしい!

今のメンバーで戦うのは来週が本当に最後。
気持ちよく締めくくってほしい。そう祈ってます。

takeshige_161116_5

-----------------

≪J2順位≫

1位:札幌  勝点84 得失差32
2位:清水  勝点81 得失差47

***(2位までがJ1自動昇格)***

辛くも勝った札幌がJ2優勝に王手!
最終節、引き分け以上で決まります。
しかし…

3位:松本  勝点81 得失差29

自動昇格の可能性は3位松本まで残ります。
札幌●で清水&松本○なら、札幌は3位の可能性も。

4位:C大阪 勝点75 得失差15
5位:京都  勝点66 得失差11
6位:岡山  勝点64 得失差14

***(3位~6位はJ1昇格プレーオフへ)***

4位セレッソ、5位京都のプレーオフ進出は確定。
ただし岡山には最終節に試練が。
それは7位・町田の動向。

7位:町田  勝点62 得失差8

町田は岡山に勝ち点差2まで迫りました。
最終節、岡山●で町田○なら町田が6位へ。
町田にはJ1ライセンスがありませんので、
岡山がプレーオフを逃すという事態になります。

8位:横浜C 勝点59 得失差0
9位:徳島  勝点57 得失差5
10位:愛媛 勝点56 得失差2
11位:千葉  勝点52 得失差-1
12位:山口  勝点50 得失差-10
13位:水戸 勝点48 得失差-2
14位:長崎 勝点47 得失差-10

↑今回、14位まで表記しました。
勘のいい方はお気づきでしょうが…
最終節の結果次第では、
レノファ、14位まで後退する可能性あり…
なので来週は必勝態勢で!

----------------

≪お知らせ≫

KRY山口放送は今季も
Jリーグオフィシャルメディアパートナー
≪スカパー!≫と提携を結び、
レノファ山口のホーム戦全ての中継制作協力を行ってきました。

takeshige_161116_6

takeshige_161116_7

毎度ツボだった音声・Mくんの呪文も聞き納め。
「サッカーに、野球に、、、」参照

takeshige_161116_8

こちらが放送席です。
意外にこぢんまりしてるでしょ?

takeshige_161116_9

手前が番組全体を監視するYプロデューサー。
奥は放送席音声担当のT先輩。

takeshige_161116_10

左に解説の林晃平さん。
右にフロアDのNさんが座り、あたくしは真ん中へ。
こーんな感じで1年間お送りしました。

維新公園スタッフの皆さんにも大変お世話になりました。
ありがとうございました!!
来年もまた、ここに戻ってこられますように。

名残惜しいのはサポーターも同じだったようで。
出待ちの方の多かったこと!
チームバスを見送る拍手はずっと続いてました。

takeshige_161116_11

----------------

試合翌日の
KRYさわやかモーニング、熱血テレビ、KRYニュースライブと
これからも随時、試合告知や結果をお伝えしていきます。
金曜ロードSHOW!のあとの
「週刊!レノファTV」もお楽しみに!

ラジオでは
「おはようKRY」
「お昼はZENKAI ラヂオな時間」で共通コーナー
“ジャンプアップRENOFA~略してジャンレノ”を
お送りしています。

来週月曜、11/21のAM9:00すぎからは
林さんと今季全体について振り返っていく予定です。

-------------------

試合後はサポーター交流会へ!
レノファサポもモンテサポも試合後はノーサイド。

takeshige_161116_12

人口規模もそこまで大きくない。
大企業のバックアップがあるでもない。
雪というハンディキャップは常についてくる。

降格した今年は苦しんだけれど、
それでもやっぱりモンテディオ山形はJ2の大先輩。
2年前には天皇杯準優勝の実績があります。

どういう思いでチームを応援しているか?
いろんな話をしていただきました。

takeshige_161116_13

応援するチームとともに全国行脚。
お金も体も大変だけど、それも醍醐味の1つ!

takeshige_161116_14

山口名物・瓦そばをバシバシ撮影するモンテサポの皆さん。
あたくしがトイレ行ってる3分くらいの間に
瓦の上には何も残っていませんでした。

3年前に山形にも行きましたが
蕎麦も鰻も「だし」も美味かったなあ。
来年は行ってみようかな?
美味いと噂の山形ラーメン、ほとんど食べてないし。

----------------―

翌日は再び維新公園へ。
高校サッカー選手権・山口大会の決勝戦でした。

takeshige_161116_15

前日とは全然違う緊張感!
じっとしてても汗がじんわりくる感じ。

今回はバックスタンドから観戦しました。
県大会の応援席はもしかしたら初めてかも。
全国大会では何度も経験してますが。

takeshige_161116_16

試合は5-1で高川学園が優勝し2年ぶり全国へ。
35年ぶり出場はならなかった小野田工でしたが、
ワンチャンスをものにした先制のシーンは鮮やかでした!

あとから聞いた話ですが、この日…
少年サッカーで実況した選手たちが出場していたと。

あたくしが少年年代を実況したのは3年間。
その最初の学年が今の高校2年生と。
来年以降の楽しみが増えました!

takeshige_161116_17

高川の皆さん、全国でもしっかり暴れてきてください。

-------------------

そして今週は特番続き。
2年連続でナレーション担当しました。

takeshige_161116_18

「全国スイーツマラソンin山口・周南」
レノファ山口のあの選手も登場します。

放送は11/19(土)PM1:00からです♪

そして昨日はラジオ特番の収録がありました。

takeshige_161116_19

「KRYラジオCM大賞」の公開収録です。
毎年恒例、声優っぽいことやってきます。
こちらは11/27(日)PM1:00から放送です。

どちらもお楽しみに!!

----------------

最後に今週の麺。

takeshige_161116_20

湯田温泉で頂きました。
久しぶりに来たけれど、
濃厚スープが胃袋をコーティングしていい感じ。

2016年11月16日 0 comments Read More
あと2試合!

あと2試合!

【明治安田生命 J2LEAGE 第39節】
△東京ヴェルディ2(1-1,2-0)2レノファ山口△

後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールが一転取り消しに。
あえて言います。あの判定は絶対におかしい!!
クラブ側も正式に抗議するとのことです。

【明治安田生命 J2LEAGE 第40節】
○ザスパクサツ群馬2(0-2,0-0)0レノファ山口●
[40戦:13勝10分17敗 勝点49 得51失61差-10]

気を取り直してと迎えたアウェイ関東連戦第2ラウンド。
トスで風上を取り押し気味に進めましたが前半ノースコア。
後半はカウンターで2失点を喫し万事休す。

いずれの試合も先制を許し、
これで15試合先制点を奪えない状況が続いてます。

正直今のチームに0-2の劣勢は跳ね返せない。
最悪0-1の最少差をキープできないと…

東京V戦は早めに逆転できました。
群馬戦もチャンスは作れています。
なすすべなく敗れているわけではない。
そこが一層悔しさを増幅させているというか…

-----------------

≪J2順位≫

1位:札幌  勝点81 得失差31
2位:松本  勝点81 得失差30

***(2位までがJ1自動昇格)***

ここへきて2位・松本が勝ち点で並びました!
得失点差もわずか1。優勝争いが混とんとしてます。

3位:清水  勝点78 得失差46
4位:C大阪 勝点72 得失差14
5位:京都  勝点66 得失差12
6位:岡山  勝点64 得失差15

***(3位~6位はJ1昇格プレーオフへ)***

3位・清水は自動昇格圏の2位へ3差。
残り2試合での逆転、1年でのJ1復帰を決められるか?

7位:町田  勝点59 得失差7
8位:横浜C 勝点58 得失差0
9位:徳島  勝点54 得失差2
10位:愛媛 勝点53 得失差1
11位:千葉  勝点52 得失差0
12位:山口  勝点49 得失差-10

8位・横浜Cは6位と勝ち点6差。
まだギリギリ、プレーオフ進出の可能性を残してます。
こういう、何かしらの可能性があるチームは強いはず。

思えば前節の相手・群馬。
あの日は勝てば自力でのJ2残留が決まる試合でした。
そういう強い思いがレノファにあったかと言われれば…謎。
スポーツは気持ちが左右する部分も多いですから。

----------------

≪お知らせ≫

KRY山口放送は今季も
Jリーグオフィシャルメディアパートナー
≪スカパー!≫と提携を結び、
レノファ山口のホーム戦全ての中継制作協力を行っています。

試合翌日のKRYさわやかモーニング、
熱血テレビ、KRYニュースライブと
これからも随時、試合告知や結果をお伝えしていきます。
金曜ロードSHOW!のあとの「週刊!レノファTV」もお楽しみに!

ラジオでは
「おはようKRY」
「お昼はZENKAI ラヂオな時間」で共通コーナー
“ジャンプアップRENOFA~略してジャンレノ”を
お送りしています。

水曜日はホーム戦前情報が中心。
月曜朝はホーム戦翌日の振り返りです。

次節はホーム最終戦。
モンテディオ山形と維新公園で対戦します。

takeshige_161108_1

山形はこれまた、勝てば自力でのJ2残留が決定。
自力で決めるべく、強い思いでやってくるはず。

今季初めてJ2で戦うレノファを見てて思うこと。
残留争いから抜け出そうともがくチームが想像以上に強かった!
下位との対戦が多かった9月以降が1勝2分け7敗なのは、
そういう部分が大きな理由ではなかったかと。

takeshige_161108_2

どちらが先にゴールネットを揺らすか?
多くのサポーターに見守られる中での試合は土曜が今季最後。
レノファにだって、勝ちたい気持ちを出す理由はあるはずです。

----------------

11月に入って一気に秋が深まりました。
10/30の横浜C戦は25度近くまで上がったのに。

○秋といえば「スペインフィエスタ」

takeshige_161108_3

FM山口さんとの共同制作番組に渡辺三千彦ANが参戦。
番組本番はひょうひょうと暴れてらっしゃってましたが、
前日は細かーい仕込みをしてました。

○秋といえば「味覚」

takeshige_161108_4

我が家でもできました。栗の渋皮煮。
珈琲焼酎とともに頂きます。

takeshige_161108_5

更に週末はリンゴ狩りへ。
今年も徳佐はにぎわっております。

takeshige_161108_6

○秋といえば「高校サッカー」

山口大会は13日(日)が決勝戦です。
2年ぶりの全国選手権を目指す高川学園と、
35年ぶりの出場がかかる小野田工業の対戦になりました。

土曜はレノファ、日曜は高校サッカー。
この週末はサッカー漬けでお楽しみください!!

-------------------

最後に今週の麺。

takeshige_161108_7

県下随一の個性派豚骨。
チャーシューにビールが美味し。

2016年11月8日 0 comments Read More
雪に耐え梅花麗し

雪に耐え梅花麗し

【明治安田生命 J2LEAGE 第37節】
○レノファ山口0(0-1,0-1)2横浜FC●
[38戦:13勝9分16敗 勝点48 得49失57差-8]

takeshige_161031_0
takeshige_161031_1

「また簡単な失点をしてしまった」
試合後の会見で上野監督が話しました。

立ちあがりいい感じで攻め入ってましたが、
初めて与えたコーナーキックから失点。
これで13試合連続先制取れず。

なんとか最少失点で切り抜け、さあ後半!
と思った矢先の後半6分に追加点献上。

1点差なら終盤に相手もプレッシャーがかかりますが、
堅い守備を披露していた横浜FCには2点差はほぼセーフティー。

最後、あのキング・カズが投入され場内は沸きました。
観客動員は史上2位の13000人超え。

takeshige_161031_2
takeshige_161031_3
takeshige_161031_4

ハロウィーン前ということでコスプレあり、記念撮影あり。
この日は終始和やかな雰囲気の維新公園でしたとさ。

でも皆さん、それだけで満足なのでしょうか?
あたくしは勝ってほしかったんですけど。

-----------------

≪J2順位≫

1位:札幌  勝点78 得失差29
2位:松本  勝点75 得失差27

***(2位までがJ1自動昇格)***

3位:清水  勝点72 得失差42
4位:C大阪 勝点69 得失差16
5位:岡山  勝点63 得失差16
6位:京都  勝点63 得失差14

***(3位~6位はJ1昇格プレーオフへ)***

7位:町田  勝点55 得失差5
8位:横浜C 勝点55 得失差1
9位:愛媛  勝点50 得失差0
10位:徳島 勝点48 得失差-2
11位:山口  勝点48 得失差-8
12位:千葉  勝点46 得失差-4
13位:長崎 勝点46 得失差-8
14位:水戸 勝点44 得失差0

6位・京都が勝ったため、
レノファのプレーオフ進出の可能性は消滅。

下位との差も、実はそんなに開いてません。
J2残留も今節では確定できませんでした。

とにかく今は我慢するしかない。
でも、悔しい思いを忘れず常に秘めておかないと、
いつか咲くかもしれない花は綺麗じゃないんじゃないかと。

----------------

≪お知らせ≫

KRY山口放送は今季も
Jリーグオフィシャルメディアパートナー
≪スカパー!≫と提携を結び、
レノファ山口のホーム戦全ての中継制作協力を行っています。

試合翌日のKRYさわやかモーニング、
熱血テレビ、KRYニュースライブと
これからも随時、試合告知や結果をお伝えしていきます。
金曜ロードSHOW!のあとの
「週刊!レノファTV」もお楽しみに!

ラジオでは
「おはようKRY」
「お昼はZENKAI ラヂオな時間」で共通コーナー
“ジャンプアップRENOFA~略してジャンレノ”を
お送りしています。

本日水曜日はホーム戦前情報が中心。
月曜朝はホーム戦翌日の振り返りです。

----------------

嬉しいこともありました。
横浜FC・背番号16野村直輝選手との再会。
下関中央工業の出身です。
高校時代、全国大会には縁がありませんでしたが
そのプレーぶりは当時から評判になってました。
高校時代以来だから、7年ぶり?8年ぶり?

この日ゴールはありませんでしたが、
黒子に徹したプレーは素晴らしかった!

takeshige_161031_5

いつか山口に、選手として戻ってきてほしい。
体も大きくなり、髭も蓄え、子供もできて。
そんな彼との久しぶりの再会の握手は、
あの高校時代と同じ、さわやかで力強いものでした。

----------------

更にもう1つ。
あたくし担当のラジオ・おはようKRY内のコーナ-
[おはようキッズパラダイス]に今週登場するのは
全校児童14人の岩国市立柱野小学校。

そちらの上田隆敏校長先生。
かつて上宇部小学校のサッカー少年団を率いていました。

今からちょうど20年前。
県大会決勝戦に進出したそのチームの
実況生中継のリポートを担当したのが新入社員の竹重。
試合は惜敗。思わず泣いてしまいました。

そのことを、上田先生が覚えてくださっていた、と。
キッズパラダイス担当の水津リポーターが伝えてくれました。

今でこそこんな感じで
毎週毎週、サッカーのブログを続けてますけど
そのサッカーの入り口は間違いなく20年前のあの中継でした。

初心を忘れず、精進を続けなければ。
この週末、いろんなことを思い出すことができました。

----------------

最後に今週の麺。
山口市で「くろラーメン」。

takeshige_161031_6

これ、カレー味です!!

2016年10月31日 0 comments Read More