ホーム > テレビ > 市政だより しものせき21

市政だより しものせき21 日曜午前11時50分〜12時00分

下関市からのお知らせや観光情報が満載!

放送内容・予定

2020年1月12日(日)&1月19日(日)
市長新春インタビュー2020 ~将来に希望の持てるまちづくりの実現へ~

年頭の放送にあたり、市政の令和元年の回顧と新年の動きについて、前田晋太郎市長に新春インタビューしました。

12月1日(土)&12月22日(日)
2019年 下関この1年

新しい令和の時代を迎えた今年、30年来の悲願だった商業捕鯨が再開され、沖合操業を行う捕鯨船団が下関市から出港しました。今年も様々な出来事があった下関市の2019年を振り返ります。

11月17日(日)&11月24日(日)OA
下関市人権フェスティバルを開催します!

下関市は、誰もが自由に、そして自分らしく生きられる社会を目指し、12月7日に下関市人権フェスティバルを開催します。メインイベントは、北京・ロンドンパラリンピック競泳日本代表の伊藤真波さんの講演。福祉の市では障がい者が事業所などで作ったものを直接販売します。その他、しおりづくりや地元中学生による吹奏楽の演奏などさまざまなイベントを開催する予定です。

11月3日(日)&11月10日(日)
食のまち しものせき ~S級グルメの祭典~

10月13日、14日の2日間で開催された「しものせき海響グルメフェス」。しものせきの【新鮮で】【素敵な】食材を使った【スペシャルな】料理を提供するS級グルメの祭典として、今年初めて開催されました。下関の食の魅力を市内外に発信するために、市内の老舗・有名店などの料理人が立ち上がり、この日のためのオリジナルメニューなどを屋外で提供しました。イベント開催の経緯・主催者側の思いを、前田市長と、飲食組合の青木組合長が語るほか、来場者の反応も交えながら、初開催のイベントの様子を振り返ります。

10月20日(日)&10月27日(日)
海響ドラマの号砲迫る!~下関海響マラソン2019~

今年で12回目を迎える下関海響マラソン。全国から1万人以上のランナーが参加するこの市民マラソン大会は屈指の人気を誇ります。海沿いのオーシャンビューコースと、ボランティアや沿道の温かなおもてなしが人気の理由です。11月3日の開催に向けて、ランナーをもてなす町の取り組みと、ランナーの裾野のさらに広げるスロージョギングの取り組みを紹介します。

9月22日(日)&9月29日(日)
飲食店火災「ゼロ」を目指して!

消防法施行令改正により、令和元年10月から小規模な飲食店にも消火器の設置が必要となりました。消火器の使い方・点検方法を学ぶことができる便利なアプリや期日までに消火器設置を促す消防局の取り組みなどを紹介します。

9月8日(日)&9月15日(日)
トルコ柔道代表チームが下関にやってきた

イスタンブール市と姉妹都市であることが縁で、下関市は世界柔道選手権(東京)と来年の東京五輪、トルコ柔道代表チームの事前キャンプを受け入れることになりました。歓迎行事も大いに盛り上がり、地域活性化に期待が集まっています。

8月11日(日)&8月18日(日)
「鉄道の街」下関

下関市立歴史博物館で開催している赤間関市誕生130年記念特別展示「下関の鉄道物語」。近代化を目指す日本に劇的な変化をもたらした鉄道の歴史を振り返るとともに、鉄道開通により新たな風が吹き込まれた下関の発展を紹介します。

2019年7月28日(日)&8月4日(日)
海の救助隊 ~潜水救助開始~

下関市消防局では7月1日から潜水業務をスタート。水難事故現場にいち早く到着した消防機関が、海上保安庁や山口県警の到着を待たずに、迅速に人命救助活動を行うことができるようになりました。

7月14日(日)&7月21日(日)
夏の海響館へようこそ!

今年の夏も海響館はイベントが盛りだくさん!慣れ親しんだ絵本や昔話、映画などの「ものがたり」に登場する生き物を、水族館目線で紹介する企画展や夏限定のイルカたちのパフォーマンス、スマートフォンで楽しめるイベントなど紹介します。

6月30日(日)&7月7日(日)
災害に備えて

自然災害が多発するシーズン。下関市で行われた防災パトロールや避難訓練の取り組み、そして災害情報を入手できる「下関市防災メール」を紹介し、防災・減災意識の向上につなげます。

6月16日(日)&6月23日(日)
下関での就職を支援します!

若者の地元就職の促進と市内企業の採用支援を進め、人手不足の解消に努める下関市。地域の活性化に、将来の町づくりに欠かせない若い力を確保する取り組みを紹介します。

6月2日(日)&6月9日(日)
家族の将来のために ~風しんの追加的対策~

発熱や発しんなどの症状が現れる病気=「風しん」。咳やくしゃみによって、人から人へとうつり、その感染力はインフルエンザウイルスの数倍とも言われています。特に妊娠中の女性が感染すると、目や耳などに障害を持った子どもが生まれてくる「先天性風しん症候群」になる可能性もあります。社会全体で風しんの蔓延を防ぐため、下関市が行う取り組みについて紹介します。