ホーム > 番組審議会

KRY山口放送について

番組審議会

2016年12月度

 12月度放送番組審議会では、「日本の祭り~楽桟敷に舞う~」(10月1日(土)13:00~13:55放送)を視聴・合評しました。

 日本海に面した長門市。市街地近くの小さな山に鎮座する赤崎神社の境内には、すり鉢状の地形を利用した楽桟敷(国指定重要有形民俗文化財)があります。毎年9月10日に開催される秋祭り(十日祭り)で奉納する『楽踊』の観覧席として、江戸時代に作られた野外劇場です。奉納するのは四楽。楽踊『月の前の伶楽』『虎の子渡し』、吉川家由来の『湯本南条踊』(いずれも県指定無形民俗文化財)、御祝の舞『式三番叟』。楽桟敷で舞い踊り奉納することは、氏子たちにとって憧れであり誉れです。番組では参加する人々とその家族に密着し、『祭り』が家族をつなぎ、集落の絆を強め、ひとつにする姿を描きました。

 委員からは「一度は消えかけた"楽桟敷"を地域の宝として活用している姿に感動した」「祭りを捉えた映像が美しかった。俯瞰映像も桟敷の全体像や立体感を掴めてよかった」「祭りがいろんな意味で教育の場にもなっていることがよく描かれていた」等のご意見を頂きました。

 この後、社側から、「放送番組に関しての苦情や意見(11月分)」、「主な自社制作番組の放送予定、年末年始の編成予定」の報告を行いました。

 出席者は高山治委員長、西崎博史副委員長、今村孝子、内田文雄、末冨喜昭、田邉恒美、船崎美智子、森本美津子の各委員、社側からは岩田社長、林専務、高村取締役編成業務局長、安光報道制作局長、黒瀬ラジオ局長でした。



過去の番組審議会