ホーム > 番組審議会

KRY山口放送について

番組審議会

2018年09月度

 9月度放送番組審議会では、テレビ「KRY報道特別番組 南の島でセメント作っています!~トクヤマ初の海外セメント事業~」を視聴・合評しました。

 周南市の総合化学メーカー・トクヤマのセメント工場が、南太平洋の島・ニューカレドニアにあります。人口は下関市とほぼ同じ約27万人、面積は四国と同じ規模です。ここで唯一のセメント工場として、5つの島の住宅を中心にコンクリート製の建物などは、ほぼトクヤマのセメントが使われています。

 ニューカレドニアには、100年以上前から、ニッケル鉱山の採掘のため5,500人以上が日本から移住。その子孫はトクヤマニューカレドニアでも働いていて「日本人の血が流れていることを誇りに思う」と話していました。創立100年を迎えたトクヤマの楠正夫会長は「世界にトクヤマのセメントがあるのが夢」とし、「今後もさまざまな分野での世界展開を目指す」と話しています。日本との強い絆を感じるとともに、現地で存在感のある唯一の日系企業について取材・制作した番組を視聴しました。

 委員からは「ニューカレドニアは観光の国だと思っていたが、移民やニッケル鉱山の事など、意外な事実を知る事ができた。」「現地の方の日本人社長への印象を聞けたらよかった」「日系3世、4世の方を含めた現地の社員の行動や考えが丁寧に取材されていた。」などのご意見をいただきました。

 この後、社側から「放送番組に関しての苦情や意見(7月、8月分)」の報告、「主な自社制作番組の放送予定」について報告しました。出席者は西﨑博史委員長、田邉恒美副委員長、末冨喜昭、山縣明人、森本美津子、渡辺美沙の各委員、社側からは岩田社長、林専務、高村取締役、安光報道制作局長、黒瀬ラジオ局長でした。



過去の番組審議会