会社概要
Company Overview

番組審議会

2021年7月度

 7月度放送番組審議会では、テレビ番組「俺たちウォーターボーイズ!!」を視聴・合評しました。

 過疎・高齢化が進む阿武町。ここに、町を盛り上げようと一肌脱いだ頼もしい若者たちがいます。素人ばかりの男子シンクロナイズドスイミングチーム「ABUウォーターボーイズ」です。

 『俺たち!ウォーターボーイズ!!』の掛け声で始まる年2回の定期公演は、毎回観客がプールサイドを埋めつくします。町のために頑張る彼らの姿に地元の人たちも刺激を受け、チームを応援しようと次々行動を起こします。番組では、町のため、自分のため、「一生懸命」を届け続ける若者たちの5年間を描きました。

 委員からは「地域おこしの原点を見た。自分も楽しみ、気付かないうちにみんなを巻き込んで地域がひとつの形になる姿をよく描いており、ディレクターの視点の確かさを感じた。」「彼らの活動は知っていたが、その背景や手作りでの取り組み、しっかりした信念を知ることができた。」「水上に波紋が広がっていくように人々の笑顔や、町民の応援の輪が広がっていく様子をよく描いていた。劇映画より何倍も感動した。」「どうしたら観客に届くか、みんながアイデアを出して高めていくところをもっと見せてもらえると面白かった。」「“普通の人がヒーローになれる”“適当にやって目の前の人の心は動かない”等、子どもたちに伝えたい言葉が随所にあり素晴らしかった。タクちゃんの成長にもっとも感動した。」「これまでの取材の集大成となる素晴らしい番組だった。様々な出来事がまるでドラマのような展開だった。」「番組の土台作りがしっかりしているがゆえに、肉付けとなるたくさんの映像や人々の姿をどう構成していくか大変な苦労があったと思うが、誠実で謙虚な制作者の姿勢が番組を支えていた。」等の意見をいただきました。

 この後「新人アナウンサー畑中里咲の初出演番組の視聴・合評」に続き、社側から「放送番組に関しての苦情や意見(令和3年6月分)」、「主な自社制作番組の放送予定」について報告しました。

 出席者は、西﨑博史委員長、田邉恒美副委員長、今村孝子、末冨喜昭、森本美津子、山縣明人、渡辺美沙の各委員、社側からは岩田会長、林社長、山﨑専務、久保取締役、渡辺編成業務局長でした。



過去の番組審議会