大人の音楽堂

大人の音楽堂 ブログ

BILLY JOEL

2021年11月24日

「素顔のままで」のローズピアノの音色はとても心に響く。ロックバンドにおける「リフ」に相当するそのフレーズは史上に残るものです。ピアノを弾きながら歌う。しかもソングライティングもする。そういったミュージシャンは多くいますが、この方の場合ピアノがアンサンブルの中心になっています。単に伴奏の一部ではないのが素晴らしいですね。アレンジのセンスの良さ…これが楽曲の命を左右します。
 
名曲と言われる作品にはどこか独特の個性があり、インパクトを与えるものです。「ストレンジャー」の口笛~ツインリードギターのそのタイプです。いろんなジャンルのミュージシャンにカバーされている「ニューヨークの想い」、コード進行に感じるのは「BLUES」、まぁよくある構成ですが、とてもよくできていますね。何度かカバーしたことがありますが難しいです。あの雰囲気を出すのは…手を出してはいけない1曲です。
 
彼の代表作品の1973年の再デビュー「ピアノマン」。前作1971年の「コールド・スプリング・ハーバー~ピアノの詩人」が不本意なマスタリングをされてしまい、病気を乗り越えて出したアルバムだったので、アルバム「ピアノマン」への彼の思いは相当なものだった事が聴いたら分かります。「ストリートライフ・セレナーデ」「ニューヨーク物語」「ストレンジャー」「ニューヨーク52番街」「グラス・ハウス」「ナイロン・カーテン」「イノセント・マン」…どれもいいですね。集大成的な2001年のシェイスタジアムのライブ盤は映像付きでリリースされています。
 
さて、ビリー・ジョエルさんデビュー50周年なんですね。2001年からスタジオアルバムを出してないのでそろそろと思いますが、1970年代から80年代前半にすべてやりつくした(出し切った?)…そんな気もしますので個人的にはこれでいいかと思いますね。何度か書きましたが、やはりそのアーティストの代表的な作品は「時代」に大きく左右します。(しかし、クラプトンさんは別です。精力的でいつでも凄い…)どのアーティストも言えますがBEST盤は出来るだけ避けてその時代時代にリリースした作品を聴くことがそのミュージシャンたちに近づくことが出来るような気がします。BEST盤って飽きるんですよね…。
 
次回は30歳目前に交通事故で他界…朝焼けの仮面ライダー「マーク・ボラン」T・REXです。お楽しみに。
 
 
【今回オンエア】
New York State of Mind ニューヨークの想い
The Stranger
My Life
Piano Man
Honesty
Just The Way You Are 素顔のままで

ongakudou_211120.jpg


新着記事

BILLY JOEL

2021年11月24日

Michael Schenker

2021年11月08日

Paul McCartney&Wings vol.2

2021年11月01日

Paul McCartney&Wings

2021年10月25日

月間アーカイブ