大人の音楽堂

大人の音楽堂 ブログ

JEFF BECK

2021年01月12日

大学生の時に初めて北九州で観ました。長身のスタンリー・クラークを横に比較的小柄なベックは期待以上のライブを展開…
 
初めて真剣に聴いたのは中学の時「第2期ジェフ・ベック・グループ」「ラフアンドレディ(1971年発売)」でした。当時はマックス・ミドルトンのローズ・ピアノにも出会い大満足、ドラムはあのコージー・パウエル、以降リアルタイムに体験してきたわけで、毎回変化するその引き出しの深さに驚かされます。
 
その後BB&Aに今でも夢中…(BB&Aについては後日特集します。)
 
 
「世界には二種類のギタリストがいる。一つはJEFF BECK もう一つは他のギタリスト…」名言です。
 
そしてこの方、70歳を過ぎても、70年代の容姿と変わらないんです。
 
ベジタリアン?…ロック・ミュージシャンによくある「ドラッグ、アルコール女性…」といった噂は全くない…。
 
微妙なアーミング、ハーモニックスそしてフィンガー・ピッキング…
 
ライブ中に時々「ニヤリ…」これがとても良い…
 
有名な話ですが、趣味というよりこちらが本職?ホットロッド等の自動車が大好き…
 
時間があれば、車の整備らしい…
 
車にお金が必要になったらレコードを作る…なんて言われたこともあります。
 
オイルにまみれた両手が、2000年のアルバム「YOU BAD IT COMING」のカバーデザインに使用されています。
 
とにかく、空間を漂い奥行きのあるギター。世界遺産ですね。
 
山根由紀夫
 
ongakudou_210110_2.jpg
 
【ON AIR曲】
 
Red Boots(1976)
 
People Get Ready(1985)
 
Scatterbrain(1975)
 
Blue Wind(1976)
 
Over The Rainbow(2003 Live)
 
Cause We've Ended As Lovers(1975 BGM)
 
Star Cycle(1980 BGM)

 
ongakudou_210110_1.jpg 

 
 
次回(1月16日)は、LED ZEPPELIN
「Stairway to Heaven 天国への階段」


新着記事

JEFF BECK

2021年01月12日

三度(みたび)復活

2021年01月08日

月間アーカイブ