フランケンのよう…トランプ陣営の訴え棄却

この記事をシェア

  • LINE
2020.11.23 00:49

アメリカ東部ペンシルベニア州の連邦地裁は、大統領選挙をめぐるトランプ陣営の訴えを棄却しました。陣営の訴えは、「フランケンシュタインの怪物のようなもの」だとしています。

大統領選で敗北が確実になっているトランプ大統領の陣営は、ペンシルベニア州のおよそ700万票は無効だとして、開票結果の認定差し止めを求めていました。

これに対し、州の連邦地裁は21日、「法的根拠がない」として、訴えを棄却しました。

地裁は、死体をつなぎあわせたフランケンシュタインの怪物を引き合いに出し、陣営の訴えは、「フランケンシュタインの怪物のように、場当たり的に縫い合わせられたもの」と厳しく指摘しています。

一方、トランプ陣営は、「きょうの判断は、連邦最高裁に持ち込む我々の戦略を後押しする」として、上訴する方針です。