韓国“第3波”ソウルなどで対策強化へ

この記事をシェア

  • LINE
2020.11.22 21:04

韓国では新型コロナウイルスの流行が“第3波”に入ったとして、24日からソウルなどで店内の飲食禁止など対策が強化されます。

韓国の保健当局は、24日からソウルを含む首都圏で感染症対策のレベルを5段階のうち3つ目に引き上げると発表しました。クラブなどの営業やカフェの店内飲食が禁止されるほか、飲食店は午後9時以降、持ち帰りのみとなります。

当局は感染が“第3波”に入ったとした上で「日常生活で多くのクラスターがつくられ、深刻で危険な状況」だと警戒を呼びかけました。新規感染者数が5日連続で300人を超える中、来月の大学入試を前に、感染を抑え込む狙いです。