KRY山口放送の気象予報士「山本 昇治」のブログです。

月間アーカイブ

ついに“お天気本”が出来ました!

毎度のことながら、
ブログは非常にスローペースな更新ですみません…
実はブログの更新を後回ししてでも、
こちらを早く皆さんに届けたい、という思いで
準備を進めていたものが、今週、ようやく形になりました。

それが、私が初めて書いた「お天気の“本”」!
放送で紹介させて頂きましたが、
KRY山口放送開局60周年記念事業の一環で
『KRY気象予報士の天気のミカタ』を上梓いたしました。
yamamoto_160701_1

私が気象キャスターとして、
長年の夢・憧れの1つであったのが、
他の有名な気象キャスターの方々のような
“本”を出すことでした。
放送でお伝えする天気の話題は、
一瞬で流れて消えていくもの…
それが、このような“本”という形になったことは、
とても感慨深いものがあります。

「いったい、こんな本をいつの間に書いていたの?」
とよく聞かれます。
実は元々、他の有名な気象キャスターの方々のような
“本”を出すことに夢や憧れがあり、
「自分の本が出来たらいいな」というイメージは
以前から漠然と持っていたのですが、
このたびKRY開局60周年記念というタイミングで、
去年の秋頃から本格的に、
毎日の放送が終わった後からコツコツと書き始めました。
私もKRYで天気コーナーを担当して10年目になりますが、
これまでに放送でお伝えしてきた様々な天気の話題や、
視聴者の皆さんから頂いた季節や自然現象のリポート、
そして防災や雲の話題などが、この本のベースとなっています。
さらに所々これまで放送では語っていなかった、
私の原点やプライベートの話題なども…
yamamoto_160701_2
yamamoto_160701_3
yamamoto_160701_4

しかし、同じテーマでも、一瞬で流れては消える放送と
形に残る本では、伝え方や構成の仕方が変わり、
原稿の書き直しの作業は思いのほか大変でした…
さらに160ページ分という、
これまでの人生の中で書いたことがないほどの大量の文章!
週末は朝から晩まで部屋にこもりっきりで
書き続けた日もありました…
よく、有名作家が原稿締め切り前にホテルの部屋に
缶詰になって書き続ける…というエピソードを聞きますが、
私もそんな気分で書き続けていました
(ホテルではなく自分の部屋でしたが ^^;)。

そんな苦労を重ねながら、ようやく完成にこぎつけた一冊です。
自分で言うのもなんですが、とても見ごたえある自信作です!
多くの皆さんにとっても満足頂ける内容なのではないか、
と思います。
1冊税別1200円で、山口県内の主要各書店で
お買い求め頂けますので、
ぜひ、お手に取って頂ければ幸いです。
そして、ぜひ読んでみてのご感想も、お聞かせくださいね!

さて、ようやく本が出来上がった、ということは…
今後はブログの更新が滞る理由がなくなってしまいますね…
また、ブログもぼちぼち書いていきますね!