KRYのブログコンテンツ

夏、勝ち越しなるか!?

夏、勝ち越しなるか!?

2019年8月22日 2:54 PM

●ヴァンフォーレ甲府0(0-0,0-1)1レノファ山口〇
[28戦:9勝6分13敗 勝点33 得41失46差-5]
ただいま≪14位/22チーム≫

強豪・甲府に「ウノゼロ(=1-0)勝利」!
3/2の前回対戦ではみらスタで5失点を喫しましたが、
アウェイではきっちりお返しができました。

更にここ数試合、
強力な外国人FWに大量失点を喫してましたが
今回はかつてJ1得点王もとった外国人を擁した相手に完封勝ち。
盛り上がらないはずはありません!

虎の子の1点は後半立ち上がり2分。
24山下選手の思い切りのよいミドルシュートでした。
これで山下選手は今季9得点目。
「2ケタ取れるように…頑張り…ます」と、
KRYのインタビューで控えめに挙げてくれたその目標にリーチ。
次の長崎戦で一気にいっちゃえ!!!

DF陣は49菊池選手が出場停止でしたが、
6前選手が不慣れなセンターバックを見事完遂。
霜田監督も「期待以上の働きだった」と手放しの讃えようでした。
新加入の16高選手もいきなりの出場で見事にフィット。
不安定だった守備陣に明るい話題が増えたのが嬉しいですね。

-------------------

KRYでは今年もテレビ・ラジオでレノファを応援してます。

○あたくし担当のラジオ「おはようKRY」では
週末金曜日AM9時過ぎからインタビューコーナーがあります!
「週末版ジャンプアップ・レノファ」!

今週のゲストは守護神17吉満大介選手。
加入3年目を迎え、ちょっとした変化を彼に感じていた竹重。
そのあたりを色々訊いてみました。お楽しみに。

○テレビでは「さわやか」「熱血」「ニュースライブ」、
それぞれに振り返りコーナーが。

「週刊!レノファTV」は週2回。
・KRYさわやかモーニング内では毎週木曜AM6:10過ぎから。
・KRYニュースライブ内でも毎週金曜日にお送りしています。

レノファ情報、これからも内容濃いめ・露出多めにご紹介します!

-------------------

一方で、今週は悲しい別れもありました。
2人の選手がチームを離れていきました。

takeshige_190822_1

元気印だったFW18高木大輔選手はJ1ガンバ大阪へ。
ただ彼にとってはキャリア初のJ1チームへの移籍。
年男の今年、大きな飛躍のチャンスを迎えました。
寂しくなるけど、頑張って!

takeshige_190822_2

そしてこの方。
レノファ最古参の1人だったMF11鳥養祐矢選手。
J2・FC琉球に完全移籍しました。

レノファが中国リーグを卒業し、JFLに参加した2014年加入。
加入前年に大けがをして、
レノファへの加入もサッカー人生最後の賭けだったはず。
試合の度、必ず左胸のエンブレムを握りしめてピッチに向かっていました。
山口への感謝の思い、強いこだわりがそうさせていたと言います。
やんちゃだった彼も、結婚し、子宝に恵まれ、立派な男になりました。

「まさかこの場所を離れることになるとは」
「このチームでJ1に行くのが夢でした」会見で号泣したトリくん。

奥さんの故郷・沖縄でもうひと花、絶対に咲かせてください!
いままで本当にありがとう。いつか、また。

-------------------

夏休み中のJ2リーグは、あと2試合。
8/24(土)のvs長崎、9/1(日)のvs岡山。
どちらもホーム・みらスタで試合できます。
前回のブログでも触れましたが、
レノファは過去3年、7月8月は大幅な負け越しが続きました。

今年はここまで3勝1分4敗です。
つまり、最後のホーム連戦を取れば、初の勝ち越し!
それも大いに期待しています!!

-------------------

番組のお知らせ。
今年もやります「日本の祭り」!!
今回もナレーションを担当しました。

takeshige_190822_3

山口市に夏の訪れを告げる「山口祇園祭」を取り上げました。
台風の大雨で、そりゃもうびしょ濡れでした。
初担当Yディレクターの力作をお楽しみください。
8/24(土)、あさ9時25分からの放送です。

-------------------

最後に今週の麺。

takeshige_190822_4

レノファ取材帰りに行きました!
山陽小野田市厚狭の人気店。
山口2大地ラーメンの1つ・宇部系豚骨の、
いい所を抜き出して進化させた一杯という印象でした!

takeshige_190822_5

周南市櫛ケ浜です。
何度も同じこと言いますけど、
ここの自家製麺は全国クラスだと思います。

takeshige_190822_6

今年も、周防大島花火大会にお邪魔しました!
ラストシーンはやはり圧巻!
あれを見て涙を流さないと、竹重の夏は終わりません。
そして、会場近くのこの一杯も、マストです。