KRYのブログコンテンツ

今季も最終盤

今季も最終盤

2017年10月23日 4:07 PM

【17明治安田生命 J2リーグ第38節】
○レノファ山口1(0-0,1-0)0水戸ホーリーホック●
[38戦:9勝4分25敗 勝点31 得44失66差-22]

takeshige_171023_1

4試合ぶりの勝利は1-0の完封勝ち。
水戸は過去2年で2勝1分けと相性がいい相手。
とはいえ、
4月の対戦ではかなり一方的に押し込まれ、
最後の最後PKで追いついてのギリギリのドロー。
イキのいい点取り屋もいて順位的にも格上の相手でした
そんな相手に今回は、雨の中での勝利を掴みました!

takeshige_171023_2

勝利のラインダンス「ヤマグチ一番」が
下関に響いたのはJ2に昇格して初。
下関の試合で勝ったのはJ3リーグ時代以来2年ぶりでした。

ホーム戦勝利は8/16の群馬戦以来10試合ぶり。
無失点勝利は7/9山形戦以来16試合ぶりでした。
正直、あたくし自身喜び方を忘れていたような。

takeshige_171023_3

良い兆候は前節・長崎戦にありました。
2節前のホーム・名古屋戦の試合運びが正直あまりにも酷く、
あたくしも翌日のラジオで吠えまくった直後の試合。

開き直ったような前線からのプレス。
後半に先制しながら、終盤に連続失点し敗れたものの、
積極的なプレースタイルがようやく見られました。

マジョール監督もこの日の会見で話してました。
「長崎戦で得た手応えが大きかった」と。

虎の子の1点は、
MF8小野瀬選手の縦へのフィードから
FW9岸田選手の鋭い抜け出しとクロス。
FW28ラモス選手のオフザボールの動きと
ゴール前でのシンプルさ。
きれいにはまった得点でした。

マジョール監督はこう締めくくりました。
「次の試合も〈決勝戦〉。一戦一戦全力で。」

勝利の喜びはもちろんあるけれど、
残り試合はほとんどありません。
あと4試合、全部勝って初めてJ2残留。
それくらいの気持ちで戦ってほしいと願ってます。

≪順位表≫
16位:愛媛 勝点46 得失差-12
17位:岐阜 勝点44 得失差-8
18位:金沢 勝点39 得失差-23
19位:熊本 勝点37 得失差-15
20位:讃岐 勝点36 得失差-16

……以下 自動降格圏………

21位:山口 勝点31 得失差-22
22位:群馬 勝点19 得失差-49

この中で直接対決を残すのは18位の金沢のみ。
その金沢と次の日曜日10/29に維新公園で対戦します。

過去J2で3度対戦し、いずれも敗戦。
今度はとことん相性の悪い相手と戦うレノファ。
でもそんなこと言ってられません。

とにかく、覚悟を決めること。

----------------

勝利の余韻に浸りつつ、試合後は下関に宿泊!
新鮮な魚介類を堪能しました。

takeshige_171023_4
takeshige_171023_5
takeshige_171023_6
takeshige_171023_7
takeshige_171023_8

翌日は今年いっぱいで閉園してしまうこちらへ。

takeshige_171023_9

ラストを締めくくる麺は、
最近某雑誌で九州No.1に輝いた一杯を。

takeshige_171023_10

近場の旅もいいもんです。