教えたい日本の言葉

2010年11月12日 カテゴリ:スタッフ日記

初めまして!!
4人目のディレクター・mamです。
 
4歳の娘が最近「こうよう(紅葉)」という言葉を覚えました。
保育園への行き帰りに一生懸命、何度も教えていたら、ようやく
「ママ、紅葉がキレイだねぇ~」などと言うように。
 
やっと覚えてくれたか~っ!!と思っていたら、昨日の朝、
空を見上げて突然
「ママ、今日のお空は重たそうな雲がいっぱいよ」なんて
言うではありませんか!!
 
「『重たそうな雲』なんて、どこで覚えたの~?!」と聞いてみると
「ねっけつテレビで、大きいおじさんが言ってた」と…。
 
…ん~?
 
それって…
 
山本気象予報士?!
 
そういえば数日前、言ってたわ!!
 
 
私が一生懸命教えた言葉はなかなか覚えなかったけど、
山本気象予報士がサラリと放った一言は、
何故だかしっかり覚えちゃったのね…(笑)
 
思えば、天気に関する日本語には「花曇り」「泣き出しそうな空」
「茜色の空」「黄昏どき」など、知って欲しい素敵な日本語が
たくさんあります。
 
「いつものお天気情報にぷらすαの楽しさを」という意味で
名付けられたコーナー「お天気情報ぷらす」。
山本気象予報士にはこれからも天気に関する素敵な日本語を
たくさん使って解説してもらいましょう♪♪
 
(mam)