2015年2月 アーカイブ

精がえー、精がなぇー

2015年2月26日 カテゴリ:ブログ

今朝のアミーゴ!で取り上げた山口弁です。
普段からよく使われていることがよくわかりました。
たくさん、メッセージを頂いて・・・。


★あんたがこの仕事に、よー協力せてくれるから
わしゃーせーがえー!!(^0^)

★あねーに皆が喜んでくれたら、
やってもせーがえーでね。(^ω^)

「精がえー」⇒張り合いがあって良い。やり甲斐がある。


逆に「精がなぇー」⇒張り合いがない。やり甲斐がない。

★こねーに待遇が悪いんじゃー、
なんぼやってもせーがなぇーのー(*≧∪≦)

★こんならー、なんじゃかんじゃやっちゃっても、
ひとつもお礼をいやーせん。よいよ、せーがなぇーでよ。


「絶妙な森川館長の山口弁と、
ちょっと危なっかしい池内さんの復唱が面白く、
思わず、顔がほころびます!(´▽`)ノ」と、

初めてメールを下さったのが、小倉の渡辺豊さん、
旧小郡町のご出身だそうで、現在69歳。
木曜の「アミーゴ!:山口弁の話」を
楽しみに聞いて下さっているそうですね。


放送後に、スタッフからメールを見せて貰いました。


「森川さんと池内さんのやり取りを聞きながら、
今は亡き、両親や祖父母、近所のおじさん、叔母さん
みんなが話していた、懐かしい山口弁と共に、
自身の子どもの頃を、思い出し、ほんのりと心が
温まりました。(`^ω^)=3・・・」と書かれていて、
こちらこそ、胸が熱くなり、嬉しくなりました。


渡辺さん、
「私もやっていて、せいがえーです(o^□^o)」


森川信夫さんに、山口弁を解説して頂くようになって
今日で148回目、いろんなドラマがありました。


まだまだ、続きます!!/(^O^)\

(池内記)

キッズぱらだいす!

2015年2月25日 カテゴリ:ブログ

今週は、水津リポーターが、萩市立福川小学校、
5、6年生10人に聞いています。


今日のテーマは「将来の夢を教えて!!」

<農業>と即答した男子は、きっぱりと、
父の後を継ぎたい!と言いました。(^0^)

夏はメロンやきゅうり、冬は青梗菜などを育てている。
大変そうだけど、お父さんみたいになりたい!!と

もう・・・ウルウルしてしまいますよね。(^◇^;)

<消防士>・・・人を助ける仕事に就きたい!

阪神・淡路大震災や東日本大震災のニュースや
ドキュメンタリーなどを見て、
「消防士はカッコいい!」と憧れるようになったとか。

<お花屋さん> <アナウンサー>という女子も。

そうそう、私も、小学4年の時に、テレビで見た、
「こどもニュース」を読む女性アナウンサーに憧れ、
「私も、あんな風に、ニュースが読める人に
なりたいなぁ(*゚∀゚)=3」と思ったんですよ。


お寺に生まれた男子は、<お坊さんになりたい!>と。
年中無休だけど・・・お父さんの跡を継ぎたいから。


健気ではございませんか!!
ちゃんと、親の仕事を見ているんですね!
お父さんを尊敬しているんですよね!!
ここでもうウルウルしました。(*´_ゝ`)


<材木を運ぶ運転手>
より具体的に夢を語ってくれた男子もいましたよ。
自然を取り戻したい!!☆´∀`☆・・・と。
木を大切に育て、間伐で森を守りたい、
そんな思いが伝わってくるようでした。

もう、ここまでしっかりしていると脱帽です!!


その他、<警察官>や<保育士>・・・などなど

みんな、それぞれの夢を語ってくれて、
しかも、どうして、それになりたいのか?も、
きちんと、整理して、話してくれました。


リスナーさんの中には、キッズたちの声に感心し、
我が子の、また、ご自身のあの頃を思い出された方も
いらっしゃいましたね。 p(*^-^*)q


竹重アナも、子どもの頃は、
「父の仕事を継ぎたい!」と思っていたそうです。
結局、全く違う世界へ進んでいますが・・・。(´Д`;)

「アナウンサーになりた~い!」と
思うようになったのは、中学生の頃だそうです。

夢が叶った私たちは、本当に幸せ者ですよね。


ちなみに、今回訪問した小学校は、
アテネオリンピック柔道のメダリスト
阿武教子さんの母校でしたが、
「柔道の選手になるのが夢」という声も
聞けると良かったなぁと思いました。(*^▽^*)ゞ


さて、明日はどんな声が届けられるでしょうか?
「おはよう!キッズぱらだいす」は、あさ8時28分頃です。

(池内記)

調べる楽しみ(^_-)-☆

2015年2月19日 カテゴリ:ブログ

今朝の「生でんわ」のコーナーは、
下関の<RN:吾亦紅>さんとお話しました。


もうすぐ69歳の誕生日を迎えられる吾亦紅さん、
クロスワード・パズルを解くのが大好き!だとか・・・


今日、私たちに伝えたかったことは・・・
「何かを調べるのに、今は、スマホや、PCで!
という人が多いけれど、私は<辞書>が一番!」
ということでした。


10年前に、ご主人が、誕生日プレゼントに!と
「辞書」を買って下さったのも、素敵なエピソード。


吾亦紅さんは、それを、いつも側に置いて、
分からないことがあれば、すぐにページを開く!!
「辞書は、PCにはない、調べる楽しさがある。
解った時に、達成感もあるし・・・脳活にもなる」
と、紙文化の良さを力説されました。(`^ω^)=3


そして、更に、
「PCは、1回で答えが出るけれど、何かを調べる時、
答えに辿りつくまでのプロセスが良いのよ!!」とも。

ネットサーフィンして、これだ!と、答えを見つけた時も、
似たようなスッキリ感がありませんか?・・・とは、
流石の私も言えませんでした。(^0^)

吾亦紅さん、最後に、
「今朝、初めて、ウグイスの鳴き声を耳にしました」と、
春を告げるメッセージも下さいました。


今日は、二十四節季の一つ「雨水」ですが、
春一番が吹くのも、もうすぐ・・・かもしれませんね。
(池内記)

電子機器がスパイになる?

2015年2月18日 カテゴリ:ブログ

マルク・レールさんの「暮らしのファイル」は、
ドキッとするようなテーマでした。


スマホ、タブレット、デジタルカメラ、カーナビなど、
私たちの暮らしは、便利な電子機器に囲まれています。


でも・・・気をつけて使わないと、いつの間にか、
大切な個人情報が、縁もゆかりもないところに、
流れていた!なんて事がある!!というお話です。


ドイツで今話題になっているのが、
音声認識解析ソフトがついている「スマートTV」
販売元の電気メーカーは、このテレビの約款に
「プライベートなことは、気をつけてお話し下さい」
と、きちんと、明記しているそうです。


しかし、
小さな文字で書かれているあの「約款」「注意書」を
読まない人が多いようです。(面倒だから)

スマホでも、タブレットでも、PCでも、
簡単に、取り扱い方を教えて頂いたら、
すぐに使い始める人がほとんどでしょう?


マルクさん曰く、
車の運転が出来るようになるためには、
自動車学校へ通って、きちんと学習するように、
インターネットも、安全に安心して利用するには、
負の部分も勉強することが必要だと。


思ってもみないところに、
自分のデータが記録されていたら、怖いですよね?


スマートTVをつけて、リビングで語り合っていると、
音声認識解析ソフトが、それをキャッチして記録され、
知らず知らず、家人のデータが集められている。


そして、怖いのは・・・
幾つかのデータをくっつけると、家人の癖まで
分かってくるということ。

公開されている情報を集めてつなげる、
散らかっているものを、綺麗に整理すると、
その人の行動パターンまで分かってしまうこと。


電子機器が何であれ、
ネットに繋がる=記憶する=学習する。
それを念頭において、うまく付き合えば良いのですね。

今日のお話で、私自身は、デジタルカメラで撮った写真は、
いつ、どこで、撮影したか?そういえば、データが
残っているなぁ・・・それをネット上に掲載すると?
個人のデータとして、どこかに集められる可能性も
なくはないんだ!!という思いを強くしました。


勿論、良い面もたくさんあるので、
臆病になることはないけれど・・・勉強になりました!!
(池内記)

みてる彡(-_-;)彡

2015年2月 5日 カテゴリ:ブログ

あなたは、この「山口弁」を使われますか?
それとも、周りで、よく耳にされますか?

木曜日のアミーゴ!森川信夫さんの名解説によると、

「あれだけあったお菓子が、みな、みててしもーた」
「大ジョッキのビールが、はー、みてちょる(*`^´)=3」

という風に「無くなる」という意味で使う山口弁です。


漢字で書くと、「満てる」or「充てる」になるので、
「無くなる」とは、逆の意味になるのでは?!
山口県で暮らすようになった頃、
初めてこの言葉を耳にした時、
「みてる=なくなる」が結びつかなかった池内です。

今朝の森川さんのお話で納得しました!ヾ(^▽^ヾ)


「みてる」は、中世から近世にかけて「中央語」にあり
意味は「達成する。使い果たす。終了する。終える」


つまり、山口弁の「みてる」は、「使い果たす、終える」
という意味の中央語が、だんだん方言化して、
「なくなる」という意味で使われるようになったそうです。


「醤油がみてる」
「お茶がみてる」
「ご飯がみてる」
「小遣いがみてる」という風に、ほら、使っていませんか?


私にとって、今ではもう、聞きなれた山口弁ですが、
語源というか、そのルーツは、今回初めて知りました。

方言の世界は、知れば知るほど、奥が深いですね!


★「おはようアミーゴ!」木曜日では、
森川信夫さんに解説して欲しい山口弁、
由来や意味が気になる方言など、
疑問、質問がありましたら、是非、お寄せ下さい。
お待ちしています!!

Fax:0834-32-9000
メール:asa@kry.co.jp

(池内記)