2014年5月 アーカイブ

笑い転げました(ノ∇≦*)

2014年5月29日 カテゴリ:ブログ

竹重アナが話す「山口弁」は、
地元育ちならではの、ことばのリズム感?
独特のニュアンス? 微妙なアクセントの違い?
方言が持つ特有の響き?語感を感じさせます。


今日も、方言に関するメッセージを読んだ後、
何かの例をあげるつもりだったのでしょう。

「こんなしぃ、へぇをせたでよう!(・∀・)」
(この人、おならをしたよ!)と言ったのです。

聞いた途端に、私は笑いのツボにはまって、
放送中だという事も忘れて、笑い転げました!(ノ∇≦*)

目に涙をためて笑いが止まらない私を見て、
それが可笑しくて、竹重アナも大爆笑(≧▽≦)
ガラスの向こうのスタッフも大笑い!ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
リスナーさんも、つられて笑ったでしょ?(*´艸`*)

CMが流れている間も、私は笑いが止まりませんでした。


「○○せる」「○○せた」という言い方は、
「する」「した」と言う意味で、よく聞く山口弁ですね。

「こんなし」の「し」は「氏」or「衆」の「し」?

先輩たちが、「あんなし」「こんなし」って、
普通に使っていたのを思い出します。(o^-')


今日の「アミーゴ!」で取り上げた山口弁は、
「いびしー」「いきらかす」
(横山フリニゲさんからの質問)
どちらも、私は初めて耳にする言葉でしたが、
ランチタイムに「いびしい」は山口県でも東部で
よく使われる方言だと教わりました。(*^-^*)


森川さんの解説では・・・
「いびしー」:気味が悪い、汚らしい、恐ろしい。
「いきらかす」:難癖をつけて怒らせる。威嚇する。
 

「あねーに人をいきらかしちゃーいけんでよ(ー`´ー)」
「わしゃーこんなー気に入らんけー、
いきらかしあげちゃったいや( ̄◇ ̄)」


「いびしい」も「いきらかす」も、
どちらもあまり良い意味の方言ではなさそうですね。


横山フリニゲさん、「どーしんせる」は、時間がなくて、
森川信夫さんの名解説が聞けませんでした!(>_<)


あっ、ここで「せる」が出てきて、
あの竹重アナの「こんなしぃ、へぇをせたでよ!」に
つながったんだ・・・と、今、ブログを書きながら、
思い出し、また、一人で笑っている池内です。(*´艸`*)


実は、今日、会社の健康診断が行われ、
私たち2人は、朝ごはん抜きでした。(´・ω・`)
スタジオと健診会場を行ったり来たり、
みなさんに順番を譲って貰って「採血」を済ませ、
マイクに向かっていたんですよ!!(っ`・ω・´)っ

無事に終えることが出来て、ほっとしています!(´。` ) =3
(池内記)

観光から経済を学ぶ?

2014年5月28日 カテゴリ:ブログ

水曜日の暮らしのファイル(9:10~)は、
山口大学経済学部教授のマルク・レールさんに、
お話を伺っていますが、この1ヶ月間は、ずっと、
「旅」をキーワードに「観光」についてお聞きしました。


山口市内に住むようになって21年というマルクさん、
山口県は、一つの街に集中していない(非集中的だから)
「スローツーリズム」には、もってこい!と言います。

★スローツーリズムとは・・・★
一ヶ所に滞在して、その近辺を周り、楽しむこと。
時間にゆとりを持って旅をすることです。


県内は、とにかく道がきれい!!\(^0^)/
山口から1時間以内でどこにでも行ける!
インフラ整備はパーフェクトに近い!(・∀・)
何より、観光資源に恵まれている!!(人*´∀`)


旅=遠くへ行くこと!を思い描きますが、
県内でも、日帰りε=ε=(。・ω・)ではなく、一泊or二泊して、
ゆっくりと、その近辺を散策すると、意外に?!
「小さな旅」でも、気分はリフレッシュしているp(^-^)q


温泉に浸かって、美味しい料理を頂き、
まさに<上げ膳据え膳!>の世界は非日常!(人*´∀`)
<旅の醍醐味(^з^)>ですものね!!
それが1泊2食付き、1万円以内の費用で叶えば?

日帰り→泊まってプチ贅沢を体験するのも悪くない!
と思ったのは、私だけでしょうか?
県内の観光地も、経済が潤いますしね!(o^-')


それと、今日の話で、もう一つ、面白かったのは、
「普段のお付き合いは楽しいけど、旅をすると・・・
日頃見えない部分が見えて、ちょっと苦手かな?
という人もいますね!(・∀・)」とマルクさん、


旅仲間は、求めるものが違うこともあります。
日頃、親しくしている友だちでも、旅に出ると
それぞれの癖が出るようです!!(^-^;)

旅は人間を変えます!!(。・o・。)ノ
最後のひと言は、心に残りました。
(池内記)

昔の川遊び(^з^)

2014年5月22日 カテゴリ:ブログ

リスナーさんから頂いたメッセージを読みながら、
私自身が感じたことをお話する時に、
キーワードが出てこなくなり慌てることがあります。

竹重アナが、助け舟を出してくれたり、
ミキシングルームから「○○」と神の声が聞こえて
来ることもあります。ヘッドフォンを通して・・・(人*´∀`)

今朝も「バリアフリー」という言葉を思い出すのに
ジタバタして・・・恥ずかしい思いをしました。( ̄◇ ̄;)

そう言えば、同世代の仲間が集まると・・・
「物忘れ」をぼやく人が増えています。ヽ(´ー`)ノ
遠い昔の事は、昨日のことのように覚えているのに、
昨日の事は、食べたものさえ、すぐには思い出せない!と。

花の名前も・・・
140522.jpg
白い可憐な花は「空木:うつぎ」ですって。


さて、今日の「暮らしにちょっとひと味」では、
貞永先生が「ドンコ釣り」のお話をして下さいました。


ドンコとは、川に棲んでいる小さな魚で「ダボハゼ」の事、
学校から帰ると、カバンを置いて、
すぐに、近くの川に行き、それを釣るのが、
当時の子供たちの<遊び>だったとか・・・。(・∀・)


道具も、全部、自分で作っていたそうな。
釣竿は竹、釣り糸は、お母さんの「お裁縫箱」から
木綿の糸を拝借、釣り針は、針金を削って作り、
餌はミミズ・・・一つ一つの過程も楽しんでいたんですね。
釣れる時は、40~50匹! もうウハウハですよ!(〃▽〃)


釣った「ドンコ」を家に持ち帰ると、
お母さんは、「また、こんなものを釣って来て!」と
迷惑がりながらも、焼いて食べさせてくれたそうな。
(美味しかったでしょう!!貴重なタンパク源でした)

残ったものは、「ほて:藁を束にしたもの?」に干して、
次に食べる時は、甘露煮にしていたと言います。(o^-')b


<懐かしいなぁ~~~!!( ´∀`)>と思って
聞いて下さったリスナーさんが多かったようで、
<私も、僕もやっていましたよ!!\(^0^)/>と
メッセージを頂きました!!ありがとうございます。


ちなみに、竹重アナも、子どもの頃、
周南市の山間部:中須に住んでいるおばちゃんの家に
行った時、「ドンコ釣り」をして遊んでいたそうです。
(池内記)

人間力p(^-^)q

2014年5月15日 カテゴリ:ブログ

「県人アワー」(水・木)に、ご出演頂いた
中嶋夢元さんのお話は・・・、
ロードムービーのような人生の物語を
お聞きしているようでした。(人*´∀`)


67年の波乱に富んだ人生を2日間で語れるはずもなく、
ごくごく一部だけをお聞きしたに過ぎないのですが、
その切り取られた、選りすぐりのエピソードだけでも、
中嶋夢元さんの潔い、ポジティブな生き方が垣間見えて、
私は、「ブラボー!ヽ(≧▽≦)/」と心の中で叫んでいました。
大きな拍手も贈りました!!(人*´∀`)


山岳酪農がやりたくて、北海道の大学へ進み、
それをもっと深めたくてデンマークへ留学もしました。
帰国後、日本に収まりきれず、今度はアメリカへ渡り、
チーズやバター、ソーセージなど酪農で学んだ事も
生かしつつ、サンドイッチ店を開店!(っ`・ω・´)っ
20代、30代、やりたい事を一つ一つ実現させていたと
思いますのに・・・40才で、また転機が訪れます。

それは、子どもの頃の夢「陶芸家」への道!


実は、ここから、山口県とご縁が出来たのですね!
独学で、陶芸を学び(心の師は河井寛二郎さん)
1988年、山陽町に念願の窯を造りました!!
住居も2年かけて、自分で建てたと言いますから、
いやいや・・・驚きでしょ?!脱帽です!( ̄◇ ̄;)


焼きものを作ることが大好き!!(・∀・)
壁にぶつかったことはないです!!(・∀・)
と言い切る中嶋夢元さんは、タフな方です!


お父様の最期を看取られて、兄弟たちから
「ここまで面倒を見てくれたのだから、あとは
好きにしていいよ」と言って貰ったので、
「じゃあ・・・南の島で暮らそう!(・∀・)」と奄美大島へ!


現在住んでいらっしゃる所は、町の名前が気に入って、
(地名は、神の子字殿地と言います)ここだ!と、
一軒一軒訪ねて、貸して頂ける家を探したそうです。
その行動力たるや、あっぱれ!あっぱれ!!ヽ(´ー`)ノ
きっと、リスナーのみなさんも、中嶋さんの世界へ
ぐいぐい惹き込まれて行ったことでしょう!(*´艸`*)


まだ、山口県には家が残っているので、将来は、
夏は奄美で、冬は山口県で作陶活動がしたいとも、
最後におっしゃっていましたよ!!

詳しくは、ポッドキャストでお聞き下さい!

また一人、県人さんに会いたい人が増えました。
(池内記)

旅は味見出来ない!

2014年5月14日 カテゴリ:ブログ

ラジオの広~いスタジオの隅っこに置かれた、
リスナーさんから頂いたパイナップルの鉢に、
美味しそうな実がなっているのを発見しました。
140514_1.jpg

140514_2.jpg

いつか食べられる日が来るのでしょうか?

さて、今日のマルク・レールさんのお話は、
信頼性が高い情報とは何か?というテーマでした。

旅=観光商品と考えるところがマルクさんらしい?
旅はお試しはできない!(っ`・ω・´)っ
つまり、味見はできないから、
私たちは、それなりの情報を入手して、
思い出深い旅になるよう、準備しますね!!

旅行会社からの情報、旅専門の雑誌、インターネット、
あるいは、友人、知人の体験談、身近な人の声など、
私たちが入手できる情報は色々あります。(。・o・。)ノ

★旅に何を求めるか?

池内:旅=非日常だから、一流のホテルに泊まりたい!

竹重:行きあたりばったりの旅が好き(・∀・)
綿密な計画は立てずに、気の向くまま移動したい!
(海外ではそれは出来ないけど・・・)

ホテル、レストラン、観光スポットなど、
今は、インターネットでも声欄で評価されているが、
数多く見ることで「メディア・リテラシー」を養う事!(o^-')b

良い点ばかり書かれているのは「本当かな?」と
少し疑ってみることも必要、鵜呑みしてはいけない!(。・o・。)ノ

海外へ行くなら、ガイドブックを読み、
その国の文化、習慣、ルール(常識?)などを
少し予習して行く事をお薦めする・・・とマルクさん!

竹重&池内は、どちらかと言えば・・・
帰ってから、旅行した所をふり返る「復習型」φ(._.)
訪ねた美術館や博物館、世界遺産の事を、改めて調べ、
自分の記憶に留める・・・そんな旅の楽しみ方をしています。

今日は「暮らしにちょっとひと味」でも、
三池孝道さんが取り上げた、空海の言葉が、
<虚しく往きて 実ちて帰る>でした。

空海は、804年遣唐使として中国に渡りますが、
VIP待遇の最澄とは違い、無名の一学生でした。
しかし、わずか2年の勉強で多くを学び、帰国後、
真言密教を開いた、その心境を語った言葉ですね。

ちょうど、マルク・レールさんの<旅の話>と
三池孝道さんの<仏教ワード>が、私の中でつながり、
良い旅は、行く時は「白紙」でも、帰る時は「カラフル」
見たり、聞いたり、感じたり、出会ったり・・・(〃▽〃)
自分で良い絵が描けることかな?と思ったのでした。
(池内記)

アドバイス(o^-')b

2014年5月 8日 カテゴリ:ブログ

昨日のブログにも書きましたが・・・

昨日の放送の最後の方でご紹介した、
「衣服にガムがついて困っている・・・
生地を傷めず、きれいにガムを取り除く方法を
どなたか教えて頂けませんか?!」という
リスナーさんの問いかけに、
早速、アドバイスを頂きました。(o^-')b
有難いですね!!ヽ(≧▽≦)/


★長門の宇宙戦艦トマトさん

(1)ガムは冷えると固まるので、冷やして取ると良い。
(2)繊維に入り込んだガムは、サラダ油を、少し塗って
 溶かし、洗剤で油を洗い流す。

これを受けて、竹重アナ、ガムとチョコレートを
一緒に食べると、チョコの油でガムが溶けるヨ・・・と。

すると、同様の考え方のメッセージが届きました。


★ぽにょりんさん&ピュアハートさん、

服についたガムを取るには、油がいいそうですよ!
ガムの原料が油と親和性があって、溶けるそうで、
サラダ油を歯ブラシや、手にとって、馴染ませると、
ガムが溶けるらしい・・・勿論、その後、洗濯すれば良い。

お洗濯が難しい衣類だったら、アロマオイル(o^-')bとも。
生地へのダメージが少ないようです・・・と付け加えられて。


★山口市の野球おじさん

凍らすのも良いけど、剥ぎ取る時に、繊維を痛めてしまう
可能性もあるから、簡単に跡も残らず取るには、コレ!!
「除光液」が一番良い!とおっしゃいます。(・∀・)

お子さんが、車のシートにガムをつけた時に、
この方法で、簡単にきれいに取れた・・・という体験談
説得力がありますね!!(*´艸`*)

除光液は、揮発性なのでべたつきもないし・・・ベストかも?


★宇部の石田さんのメッセージには、
 スタッフ一同、思わず、笑っちゃいました。(ノ∇≦*)

洋服についたガムは、もう一つガムを噛んで、
そのガムで、洋服についたガムを、
トントンと叩いてやると、生地を傷めないで、
取れますよ!!(・∀・)ですって。


質問されたリスナーさん、
みなさんのアドバイスの中から、これは!
と思う方法を一度試してみて下さい!!

そして、また、感想を聞かせて下さい。

中には、色々調べて下さった方もいらっしゃいました。
色々アドバイスを頂き、本当に有難うございました!
(池内記)

連休明け(つд`)

2014年5月 7日 カテゴリ:ブログ

<暮らしにちょっとひと味>水曜日にご出演の
三池孝道さんは、下松市の真言宗・閼伽井坊ご住職、
3人のお子さんのお父さんでもいらっしゃいます。

連休の家族サービスは・・・
中学生のお姉ちゃんには「買い物」(人*´∀`)
下の息子さんたちには「運動」(っ`・ω・´)っを!と
子どもたちのリクエストに、答えて終わったそうです。


連休明け、お父さんは、少し疲れを残しつつ、仕事へ、
子どもたちは、なかなか起きれず・・・お母さんは、
学校、幼稚園、保育園に送りだすのもひと苦労?

三池家も、下の坊やが「幼稚園に行きたくない病」?
今朝は、「行かないっ!」と、自己主張したそうですよ。

どうやって言い聞かせたのでしょうね?


番組終了後、竹重アナにも「家族サービスは?」と
聞いてみました。(・∀・)
5月5日、子どもの日が結婚記念日なんですって!
今年は10周年、スィートテン・ダイヤモンドを贈る?
と思いきや、家族で、ご馳走を食べに行ったとか。

子どもたちに、何が美味しかった?と聞くと、
「山菜の天ぷら(^з^)」ですって、渋いでしょ?!
すでに<大人の味覚>を持っているのかしら?

お父さん、お母さんは、フグとひれ酒(人*´∀`)でお祝い!

大散財( ̄◇ ̄;)と言いつつも、楽しいひとときを過し、
心に風を入れて、連休明けを迎えたようでした!\(^o)(^0^)(o^)/

一方、私はと言うと・・・
周南市鹿野で、山野草を育てていらっしゃる
Iさんの山を訪ねました。
140507_1.jpg
芍薬、節分草、カタクリの花など、広い斜面いっぱいに、
100種類以上あるかもしれない?小さな山野草を、
個人の方が、丁寧に育てていらっしゃるという事に、
感動しました。
140507_2.jpg

フィトンチッドを胸いっぱいに吸って・・・
体中に「エネルギー」「気」を貰った気がします。(*^-^*)

鯉のぼりも、勢いよく元気に泳いでいました!!


さて、番組が終わる頃に紹介したのですが、、
「衣服にガムがついて、それを綺麗に取り除く
何か良い方法があれば、是非、教えて下さい!!」
というメッセージがありました。

もし、お薦めの方法がありましたら・・・
asa@kry.co.jp までお寄せ下さい!!
ポケマウの投稿フォームからもお待ちしています。
(池内記)

ついたち(っ`・ω・´)っ

2014年5月 1日 カテゴリ:ブログ

新緑がまぶしい( ´∀`)風薫る季節(人*´∀`)
5月がスタートしました!!


新入生、新社会人、フレッシャーズたちは、
もう1ヶ月が終わったと思うのか?(・∀・)
やっと1ヶ月が過ぎたと思うのか?(ー`´ー)


★<銀次郎さん>のメッセージ・・・

「ついたち」には特別な思いがあるようで、
草や木の芽も、野鳥たちの声も、
「5月だ、5月だ!」と合唱しているように
見えるし、聞こえるそうです。(〃▽〃)

心が躍っているのが伝わってきました!(人*´∀`)


私も「ついたちは特別!」と思うようにしています。
嫌なことは忘れる!(っ`・ω・´)っ
悪い雰囲気は引きずらない!!(っ`・ω・´)っ
気持ちをリセットして前へ進むことを心がけて、
今朝は、番組のオープニングを迎えました。(*^-^*)


★小倉南区の<花みずき>さん、

周南市を離れて約50年あまり、でも・・・、
気持ちが安らいでいる時には「早ようせんにゃぁ~」
「帰らんにゃぁ~いけんから」と、
方言が、自然に飛び出して、孫に大受けです。(ノ∇≦*)

おじいちゃんとお孫さんの笑い声が聞こえて来そうです。


★防府市のボロボロばあちゃん、

いつも私の母は「そしたら・・・」と言うところを、
「へたら・・・」って言います。方言なのでしょうか?
娘が「おばあちゃん、また、へたらって・・・」と
言って笑うんです!(*´艸`*)


竹重アナによれば・・・
そしたら→ほしたら→ほったら→ほたら→へたら
となっているのでは?と解説してくれました。

「へてから・・・」と言う先輩もいましたが・・・(o^-')b


★岩国のヨネちゃんも・・・

お母さんが、人に話かける時に、
「ありゃぁね・・・」と言ってから本題に入ります。
「ありゃぁね、あれを食べてみんさい」
「ありゃぁね、あれがあったじゃろ~」という風に。

娘と旦那が真似をするのが上手で、
それを聞いては笑っています。(*´艸`*)

文字にするだけでは、方言の微妙な音の高低や
面白さは、届かないかもしれませんが、
竹重アナが、上手に発音して紹介し、
側で私は笑ってばかり・・・(ノ∇≦*)


メッセージにもあったように、
方言は、気持ちをやわらげてくれますし、
心が穏やかな時に、自然に出て来る言葉ですね!!


5月は、お陰さまで「方言の話」に笑って笑って
楽しくスタートする事が出来ました!!
温もりのあるメッセージ有難うございました(^з^)/
(池内記)