2013年10月 アーカイブ

ゆりね(人*´∀`)

2013年10月31日 カテゴリ:ブログ

茶碗蒸しの底に入れるだけではありません!(o^-')b
おせち料理の一品に!・・・だけでもありません。(≧ω≦)b


栄養満点、食物繊維もいっぱいの「ゆりね」は
北海道の畑で、じっくり3年もかけて、丹念に育てられる!
美味しいはずだ!貴重な食材になるはずだ!と思いました。


「県人アワー」北海道富良野市にある林農園に嫁がれた
林真佐子さん、今朝は、「ゆりね談義」に花が咲きました。
(もっと他にお話したい事があったかもしれませんけど)


私たちスタッフは、その貴重な「ゆりね」を、事前に
贈って頂いて・・・試食してみました。( ̄~; ̄)

大人の男性の握りこぶし位の大きさの「ゆりね」
おがくずに入れられて送って下さいました。
こうして保存すると日持ちが良いそうですね!(^з^)
良い香りに包まれて・・・(人*´∀`)
もうそれだけで幸せな気分になりました!(〃▽〃)


一枚一枚剥がしていくと、ぬるっとした手触りです。
131031_1.jpg
良質なでんぷんが含まれているから?と勝手に想像します。

林さんは、色々な食べ方のレシピも添えて下さいましたが、
私は、シンプルに、素揚げして塩をふって食べたり
131031_2.jpg
<とびこ>を載せて食べたり、
131031_3.jpg
炒めた貝柱と一緒に、ドレッシングをかけて頂きました。


ほんのり甘くて、ホクホクした食感が良いですね!!
何より・・・上品な味でございました。(^з^)


花が咲く頃(7月中旬)その花を咲かせてはいけない!
養分を球根に持って行かないと・・・
なので、1本1本つぼみを手で摘んで行くそうです。
大変な作業を経て・・・やっと、出荷の日を迎えるのですね。

林農園では、5キロ入りを1000箱出荷するとの事でした。

ネット販売もOKだそうです。
あなたも、是非「林農園」で検索してみて下さい!!


真佐子さん、30代半ばまで防府でOL!だったそうです。
山口県には、お友だちが沢山いらっしゃるとか・・・
今朝の放送を聴いて下さっていたら良いなぁ・・・と思っています。

★聞き逃した方は、どうぞ番組のポッドキャストで!(≧▽≦)
(池内記)

初めてのお電話(^з^)/

2013年10月30日 カテゴリ:ブログ

ラジオ番組を担当していて、嬉しいなぁ・・・( ´∀`)と
思う瞬間は、いくつかありますが、その数が多い時は
オンエア後の反省会でも、私は、話が弾みます!!(≧▽≦)

今日は、そんな日でした!!(^з^)

中でも『県人アワー』でお聴きした物語は、心が躍りました。
d(〃▽〃)b

防府市ご出身の林真佐子さんが、
北海道の富良野に住む男性と結婚されて・・・13年半、
その出会いから、素敵なドラマがあったのです!!(人*´∀`)

気持ちが良い位、ざっくばらんにお話して下さったので
その展開に、ドキドキしながら耳を傾けました。<(*ΦωΦ*)>


夏に母娘で富良野・美瑛を旅して
「こんな所に住めたらいいなぁ・・・」と憧れたとは言え、
まさか、本当にそうなるとは?!(o゚д゚o/)/
真佐子さんは、行動力のある人だったのでしょうね!(っ`・ω・´)っ


富良野で開催された「農業青年との出会いイベント」に
山口県から参加されたのですから(勢いで!とは言っても)

2泊3日で観光地をまわる・・・イベントで、3日目の朝に
「この人」と思う人の名前を書いて、お互いの名前が
一致したら・・・パートナー成立!!(^-^)人(^-^)です。

真佐子さん、気になる人、タイプの人がいたそうですが・・・
縁は異なもの(*´艸`*)と言うじゃありませんか!!

結局、タイプの人とはご縁がなくて・・・(ー`´ー)
今のご主人とご縁があった訳ですが、
聞けば、彼はバツイチでお子さんも2人いる(@@)
おまけに、真佐子さんは一人娘、ご両親は勿論大反対です。
「そんな遠い所にお嫁に行かなくても良いじゃない?!」と

そのご両親も、7年前に、防府から富良野へ移住されたそうです。

いやぁ・・・良い話だと思いませんか?!(人*´∀`)


嬉しかったのは、この後の『生でんわ』のコーナーに
県人アワーの「富良野便り」が繋がったことです。ヽ(≧▽≦)/

初めてお電話して下さった周南市の奥さま、弘中さんは、
逆に、富良野から大阪を経て、ご主人のふるさと周南へ
引っ越して来られたのだそうです。ε=┌(・_・)┘
<富良野が懐かしくなり、お電話しました・・・>と!


これがラジオの良さ!なんですよね。(o^-')b
リアルタイムで繋がりを実感するこの瞬間がたまりません。


明日の「県人アワー」も、富良野から林真佐子さんの
明るくて、ハツラツとしたお声が届くことでしょう!(^з^)/

131030.jpg
明日は『ハロウィーン~~(m゚∀゚)m』ですが・・・・・
林農園でも<かぼちゃ>たちが笑っているのでしょうか?

(池内記)

大きな秋

2013年10月29日 カテゴリ:ブログ

"県人アワー ふるさとでつなごう"のコーナーに
ご出演くださったのは、広島県にお住まいの
大学4年生・野村綾子さん。
周南市出身の綾子さん、一人暮らしを始めてから
山口県の良さがわかった、と話してくれました。
就職が決まり、春にはこっちに戻ってくる彼女に
「親御さんにひとこと」とお願いすると、恥ずかしそうに
「いつも、私の身体を気づかってくれてありがとう。
これからもよろしくお願いします」と。
日頃、面と向かってはなかなか言えない言葉です。
ウルっときてしまいました。
(;_;)

だって、ウチの上の子と同い年。
まるで、我が子に言われたように感じたの。
親としては、あんな風に言われたら「報われた~(^^)」です。
もちろん、子育てに何の見返りも期待してないけど、
やっぱり言葉にされるとうれしい...。
ほんと、うれしいの、うれしいのよっ、娘達っ!!
(私情てんこ盛り)


で、本日のお題は
《大きな秋》

それぞれにイマジネーションを膨らませて、
お送りいただきました。

ラジオネーム=エコー・バックさんは、これ!
131029_1.jpg
わかります?
左が普通の肉まんで、右が特選肉まん。湯気、立っています。
朝晩冷え込み始めたこの時季がウマい肉まん。
昨日、今シーズン初めて食べたそうです。
(´ψψ`)


ラジオネーム=ちゃどびんさんの秋はハロウィン。
"だるまさんがころんだ"をしているカボチャ大王
(正体はちゃどさん?)と...
131029_2.jpg
オバケの竹ちゃん&山ちゃん。
131029_3.jpg
きゃわゆい~<〓ハート>

ラジオネーム=修さんのは民話調。
131029_4.jpg
曰く「となりのばあさまが縁側で
うつらうつら舟をこいでいる情景」だそうで。
頭のてっぺんにはスズメがとまっています。
いい感じ~(´∀`)


冒頭にお話した、野村綾子さんが言っていました。
「ふるさと山口は、時間がゆっくり流れている気がする」って。
この絵を見ると、そんな思いを更に強くしそうです。


週間予報によると、
しばらくは秋本番の爽やかな陽気が続くようです。
いつも気ぜわしいあなた、過ぎ行く秋の日を、
たまにはゆっくり穏やかに過ごすのも
いいんじゃありませんか?1日1日を愛しみながら...。
゜+。(*´▽`)/。+゜

(メアリー記)

郷土料理( ´∀`)

2013年10月24日 カテゴリ:ブログ

いつもキュートな語り口の貞永美紗子先生、
今週は・・・あんこずし!(人*´∀`)のご紹介でした。

あんこずし?と言っても、
お寿司の中にあんこが入っている訳ではありません!(o^-')b

岩国市の錦町、本郷などで、古くから伝わる郷土料理で、
貞永先生は、もう30年も前に、教えて頂いたそうです。

「私らぁ・・・もう70年も前から作りよるよ」と・・・
ですから、100年も前から伝わる、歴史のある料理
という事になりますね。(☆o☆)

お百姓さんは、貧しく慎ましやかに暮らしていた時代、
山間部は、田んぼも少なく、とりわけお米は貴重でした。

お祭りやお祝い事など「晴れの日」位、
とびきりのご馳走を頂いても罰は当たらない?!(^з^)
そんな想いもあって「あんこずし」は生まれたようです。

7cm角のかわいい押し寿司で、外から見ると白いごはん、
中に、寿司の具が入っているんですって。

意外性(o゚д゚o/)/がありますよね?

ネーミングについて、
「平家の隠れ寿司」の方が分かり易いのでは?
という声も、地元ではあるようですが、
「あんこずし」の方が、断然良い!と思いませんか?

ちなみに、今日のランチタイムに、
「あんこずし」のこと、美和町出身の先輩に聞きますと、
「贅沢をしていると、お代官様から、もっと年貢を納めよ!
と言われるかもしれない・・・というお百姓さんたちの
複雑な想いもあるのではないかな?」と言っていました。

そうそう・・・貞永先生も、おっしゃっていましたね。
「あんこずし」には、人の気持の切なさが感じられるって。

そして、
<楽しくもあり 切なくもあり あんこ寿司>と
まとめて下さったのです!(o^-')拍手!!ヽ(≧▽≦)/
私、今日は、この言葉が、特に心に残りました!!

リスナーさんからも、コーナーの後すぐ!
「子供の頃、祖母が<あんこ寿司>を作ってくれ食べていた」
というメッセージを頂きました。

歴史のある郷土料理「あんこずし」
今も、県東部の山間部では「晴れの日」に作られて、
その家の伝統の味として、受け継がれているのでしょうか。
(池内記)

キッチン・バトル(ノ`∩´)ノ

2013年10月23日 カテゴリ:ブログ

水曜日の「暮らしのファイル」のコメンテーター、
マルク・レールさんはメディアがご専門です。

今は、インターネットで海外の番組も見ようと思えば
いつでも、どこでも見られる時代ですが・・・
今年、研究の為、ドイツに帰国されたマルクさん、
ドイツのテレビを見て「素人さんが料理の腕を競う番組が、
やたら増えているなぁ(@@)」と感じられたそうです。

私もその放送の一部を映像で見ましたが、
テレビスタジオとは思えない、豪華なキッチンに、
ズラリと並んだ6人の出演者たち(素人の料理人たち)
緊張感もなく、番組に出演するのを楽しんでいるようです。

普段着に帽子を前後にかぶった若い男性もいれば、
目いっぱいお洒落をしている熟年の女性もいます。
明らかに、サラリーマン風の男性もいます。
(仕事は大丈夫なのかしら?)
そして、スタジオには、大勢の観客もいるのです!(o^-')

番組は、料理ショーなので、作っている最中に、
司会担当のシェフが料理人たちに話しかけたり、
色々注文をつけたり、時には、アドバイスをしたり、
そのやり取りが面白いと、どっど笑い声が響きます。(≧▽≦)

制限時間は35分・・・短いっ!と思いませんか?!
何を作っても、何を使ってもOK!(っ`・ω・´)っ
自慢の家庭料理で挑戦する事が多いようです。

月~金の5ベルの番組で生放送・・・(^з^)
素人さんが作るので、本番で失敗する事も多いとか。

見ている人たちは、そのハプニング、失敗などを見て
楽しむ、それが魅力になっているようです。(o^-')

例えば、トークに気をとられていると
麺をゆでる時間を間違えたり・・・(>_<)
デザートを作る時間がなくなったり・・・(o゚д゚o/)/
レバーに火を通し過ぎて硬くなったり・・・( ̄◇ ̄;)
こういうのは、全て減点につながり・・・落選!!

初日は6人でスタートし、毎日一人ずつ落ちて行く・・・
ジャッジは、有名な☆☆☆のシェフたちが日替わりで!
5人、4人、3人・・・金曜は2人のキッチン・バトルp( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)q
土曜には、その週のダイジェスト版まで放送される!
それ位、人気のある、高視聴率の料理番組だそうです。

最後に、マルクさんの分析で、興味深かったのは・・・
「日本は恥の文化」人前で、自分の料理を紹介するなんて
余程、自信がないと出来ない・・・失敗したら恥ずかしい?

と思うけれど、

「ドイツは罪の文化」メンツより、私の作った料理どうよ?!
私はこういう料理の技をもっているのよ!を他人に示したい?
たとえ、それ程自慢出来る料理でなくても、テレビに出て
こんなことが出来るのよ!!と主張したい!のかも・・・と

日常の何気ないキッチン風景を切り取り
それを愉快な料理ショーに仕上げている「キッチン・バトル」
勝ち抜いて行けば、5日間も拘束されるのに
応募者が絶えないのは、それだけの魅力があるのでしょう。

確かに、私も、ほんの一部しか見ていませんが、
質の高い、バラエティー番組だと思いました!!( ´∀`)

(池内記)

落ち着かない

2013年10月22日 カテゴリ:ブログ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜お・も・て・な・し・*:.。. .。.:*・゜゚・*

いい言葉ですね。
でも、ほんのちょっと間違えただけで
ケンカになりますからご用心。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜お・も・て・で・ろ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

お気をつけあそばせ。

本番終了後、スタッフとそんなことを言い合って
遊んでいるヤマモトです。

さて、本日のお題は
「これがないと落ち着かない、
こうじゃないと落ち着かない」でございます。

イラスト含め、たくさんのメッセージをいただきました。
いわゆる"ライナスくんの毛布"的な?心の友を、
皆さんそれぞれにお持ちのようで。

「ご飯(米飯)と味噌汁じゃないと落ち着きません」
とおっしゃるのは、ラジオネーム=下関の陽子さん。
131023_1.jpg
最近、イラストもくださるようになりました!
ウチのお茶碗に似てますねぇ。
(我が家も、1年365日のうち365日くらいは和食です)

食べ物に関しては、
「納豆がないと落ち着きません」
と言うのが、ラジオネーム=エドワード3世さん。
うん、うん、わかります。
我が家の冷蔵庫にも、切らしたことありません。

あ、ちょっと見ます?ウチの。
131023_2.jpg
現在2パック。
ちなみに右側の小皿は、
昨夜のチンジャオロースーの残りと、枝豆の残り。
左はちりめんじゃこです。

...そんなことはおいといて。

カラーで、どどーん!と描いてくださった、
ラジオネーム=猫だにゃあさん。
131023_3.jpg
今流行りのサンダル、ク〇ッ〇スの緒、
というか、ストラップ、というか、
これが前(甲の上)に収まっていないと
「落ち着かない」そうです。
息子さんが、踵におろしたままにしていたのを
履いてしまうと、ぞわわわ~っとするそうで...(笑)

続いて、ラジオネーム=テンパイタバコさん。
ウォーキングには、以下の装備がないと
「落ち着かない」とのこと。
131023_4.jpg
帽子、メガネ、時計、ラジオ(ありがとお!)、万歩計、
そしてイラストを描くための道具一式。
ほんとにお好きなんですね。
しっかし、これだけ身に着けて歩くとなると、
結構重量もあるし、タイヘンなのでは??
あ、そっか、巨人の星・星飛雄馬の
大リーグボール養成ギブス、もしくは
柔道一直線・一条直也の鉄ゲタだと思えば納得。
キタエてるんですね。

最後に「毎年吊し柿がないと落ち着かない」
とおっしゃるラジオネーム=ああちゃん。
風流です。こまめです。ほっとします。
かわいがってくれたおばあちゃんを思い出して、
メアリーうれしくなりました。
ヽ(´▽`)/

今日もみなさん、たくさんのメッセージを
ありがとうございました♪

では、秋の夜長、「落ち着いて」お過ごしください。
(メアリー記)

一通の手紙からφ(._.)

2013年10月17日 カテゴリ:ブログ

山口県出身の方や、山口県に縁のある方とお電話をつなぐ
「県人アワー」は、その輪がどんどん広がっています。

昨日、今日ご出演頂いた、宇部出身の吉元幸夫さん!
実は、親友の<さたてん村モニ>さんから頂いた
一通のお手紙がきっかけでした。φ(._.)

「親友がカンボジアに移住して、会社を興し奮闘中(っ`・ω・´)っ
是非、県人アワーでご紹介を!」と綴られていたのです。

吉元幸夫さん(61歳)は、カンボジアのシェムリアップに
移住されて10年、カンボジア人の奥様と2人のお子さん、
家族4人で暮らしていらっしゃいます。\(^o)(^0^)(^0^)(o^)/

語り口調は、穏やかで、ゆったり時が流れている感じ( ´∀`)
ですが、やっていらっしゃる事は、骨太でハード!(o゚д゚o/)/
日本での安定した暮らしを捨てて、海外で一から始める、
それは、きっと、容易なことではなかったと推察します。

「カンボジアに行って1年目は、何にもしなかった。
ただ散歩するのが仕事でした」とサラリとおっしゃる吉元さん、
カンボジアの風に吹かれながら、何が出来るかな?と
日々考えて・・・50歳からの新しい出発でした。ε=┌(・_・)┘

今一番燃えていらっしゃるのは、カンボジアの子供たちが
少しでも良い環境で勉強出来るように!と学校建設です。
(っ`・ω・´)っ

シェムリアップの街から85キロも離れた所にある
チュラブチャス小学校・・・
131017_1.jpg
パゴダ(お寺)の空き地あるのですが、
ここには、地雷の取り残しがあるかもしれない?
という危険も覚悟で、建て替え工事を始めたそうです。

見れば、トタン屋根?でも、ここはまだいい方で、
ヤシの葉っぱをふいただけの小学校も数多くあるそうです。

吉元さんは、街中の学校ではなく、
田舎の方に手を差しのべたい!!(>_<)とおっしゃいます。

建て替えられた校舎が、こちら!
131017_2.jpg

鉄筋コンクリートの校舎になって子供たちが笑顔になり、
学校建設を支援された日本の人たちも
「この位の費用で立派な学校が出来るの?」と笑顔に!
吉元さんは、みんなの笑顔を見て達成感を味わい笑顔に!
131017_3.jpg

「何も大変なことをしているわけではないんですよ。
気ままに、自分の好きな事をやって楽しんでいるんです。」
とおっしゃる吉元さんですが、いやいやそうではありません。

カンボジアの子供たちの中には、吉元さんに感謝し、
「いつか、日本に行って勉強したい!」と目を輝かす子も
いると聞きました。(番組ではおっしゃいませんでしたが)

建設会社「ドリーム クリエイト カンパニー」
社長として、だけでなく、幅広い支援活動で
市民から慕われている・・・というのがよく分かります!(^з^)

「教育は大切!(。・o・。)ノ」
「私たちは本当に幸せな国に生まれたものです(´¬`)」

カンボジアで暮らしたからこそ、
日本の子供たちは幸せ!と感じられた吉元幸夫さんです。

建て替えを希望する学校は、まだ数十校あるそうです。
どうぞ、無理はなさらないでご活躍下さいませ。
2日間、貴重なお話を聞かせて頂き、刺激を受けました。

親友の「さたてん村モニ」さんにも感謝します。(〃▽〃)
ありがとうございました!!ヽ(≧▽≦)/

(詳しくは番組のポッドキャストでお聴き下さい)

(池内記)

げんこーが!!

2013年10月15日 カテゴリ:ブログ

ないっ!
げんこーがないっ!!
(@_@;)

"ナンバークイズたして!たして!"のコーナーでのこと。
タケちゃんに「今日のニュースはこちら~」と、
いつものようににこやかにフラレて...読もうとしたら...
何故かニュース原稿が見当たらないのです↓↓↓

時間稼ぎをしながら、探す探す!
"ナンバークイズたして!たして!"じゃなくて
"ナンバークイズ探して!探して!"になっちゃいました(汗)

焦って資料をかき回す私の隣りで、
タケちゃんもマイクに向かって喋りながら、
キョロキョロ原稿を探してくれている。
副調整室では、T太郎ディレクターが走りだす。
Y之君もS嬢も異変に気付き、緊張が走る。
ピーンチ!
( ̄~ ̄;)

...結局、私の手元の使用済み原稿の山の中にあり。
(もちろん自分で置きました)
番組的にはギリギリセーフだったのですが、
お聞き苦しいことを...申し訳ありませんでした。
m(__)m


さて、画伯が集う火曜日、
本日のお題は「初物(はつもの)」*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。.

リスナーの皆さんが食べた、
この秋お初の美味しい物の絵や写真を送っていただきました。

まずは、これ!
すごいでショ?
131015_1.jpg
ラジオネーム=ひろなおさんちのサツマイモです。
お母様が植えて、幼稚園児のお子さんと収穫。
うまそ~(´ψψ`)


こちらも、お芋。
そして、こちらも、お母様が作ってくれたという、初物です♪
131015_2.jpg
岩国市のラジオネーム=猫田にゃあさんは、
このリッパな長いもを、すりおろしてご飯にかけたり、
ちりめんと生姜を入れた酢の物にして召し上がったそうです。
おっしゃる通り、口の端、痒くなるんだけど...
おいしいんですよね<(*ΦωΦ*)>


その他、里芋、牡蠣、柿、フグ(ふく)、そして、松茸...
初物だけに皆さん、思い入れたっぷり!
(≧▼≦)


そうそう、ラジオネーム=防府のあげあし鳥さんは、
干し柿用の渋柿を買ってきて、せっせと皮を剥いて作った、
干し柿のお話を下さいました。
こんな柿が、
131015_3.jpg
甘くて冷たくて、ぽってりトロ~っとした、
極上のデザートに生まれ変わったそうですよ。
季節と作る、おいしいデザート。これは究極の贅沢品かも。
うらやましい~ (*´艸`*)


ハツモノ...*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.
決して高価な品じゃなくていいんです。
大切に、しみじみ「うまいなぁ」と味わうことができるなら、
身体だけではなく、心の栄養にもなるはずだから。
寒い季節に向けて、心に栄養つけましょ♪
そして、一緒に元気に乗り切りましょ♪

たくさんのイラストや写真、メッセージ、
今日もありがとうございました。
m(__)m
朝晩と日中との気温差が大きいときです。
風邪、引かないでネ(*^-^*)

(メアリー記)

松茸の麹づけ(人*´∀`)

2013年10月10日 カテゴリ:ブログ

いやぁ・・・もったいない食し方ですねぇ!!(@@)

松茸は、やっぱり、割いて、焼いて、スダチを絞って
食べるのが一番でしょ!!(≧ω≦)bと思っていた私は、
正直、今日の「暮らしにちょっとひと味」で
貞永美紗子先生が紹介された<松茸の麹づけ>には
び~~~っくりしました。(o゚д゚o/)/


松茸がたくさん採れていた時代のお料理です。


私の先輩も、昔はもういらん!と思う位、松茸が採れて、
子供は、背中に籠を背負って松茸を拾う、家の手伝いを
していたもんだよ!!(^o^)と言うのが口癖です。
貴重品になった今では信じられませんが・・・( ̄◇ ̄;)

山にたくさん出た時に作られたお料理
「松茸の麹づけ」・・・簡単に作り方を書きますと、

蒸した(焼いても良い)松茸を、
米麹、からし、醤油、砂糖、(好みで、酒、みりん)
を合わせたものの中に漬けるだけ・・・(o^-')b

一度に、たくさんは作れないけど、
松茸の香りのついた麹を、ごはんにのせて食べる!!
これがまた、格別に美味しいんですよ(*)と
貞永先生の声が弾みます。o(^-^)o


最後に「今ではなかなか買えない松茸ですからね。
私のお小遣いでは、松茸ごはんを頂くのが精一杯!」
と笑っておっしゃったのが、チャーミングでした。(*´艸`*)

松茸の食べ方、色々想像するのは勝手です。

池内:炊き込みごはん、土瓶蒸しが良いですね。
竹重:松茸はフライにして、ウスターソースをかけて
   食べるのが一番美味しいですよ!!(^з^)/

女性スタッフは一同、これを聞いて「えーーーっ?!」
食の「カルチャーショック!」を受けた感じです。(゜ロ゜)


でも・・・ミキサーのYさんは、はっきりと言いました。
「焼いたり蒸したりするより、フライにする方が、
松茸の香りを逃さず、ギュッと閉じ込めるのでは?
新米で炊き込みにするより、フライや天ぷらにする方が
美味しいと思いますよ!!(^o^)」と

なるほど! 新米は水分が多いですからね!!(・∀・)

「松茸の麹づけ」から離れて、思い思いの食べ方を語る、
あれも良い、これも良い・・・と話は尽きない?!(人*´∀`)
松茸は、楽しい語らいのテーマになる!
やっぱり秋の食材の王様だなぁ・・・と顔がほころびます。


131010.jpg
それと、昨日のブログのつづきですが・・・

幸坂美彦さんから頂いた嘉年のりんご「秋映」
竹重君は、丸いまま、かぶりつきました。(^з^)
  
幸坂さんは、災害に負けない美味しいリンゴが
出来ていますよ!被災地は、リンゴが育つまで、
これから3年はかかるでしょう・・・(´¬`)
リンゴをかじりながら、被災地の事を、
時々思ってあげて下さい!とおっしゃっています。


そういう心配りが大切なんですよね!!
(池内記)

台風一過(@@)

2013年10月 9日 カテゴリ:ブログ

午後からは、きれいな青空に夏雲が浮かんでいます。
気温もぐんぐん上がり、蒸し暑いですね!!(××;)


★台風は、静かに去ってくれましたね。ひと安心です。
 「備えあれば憂いなし(。・o・。)ノ」
 備えが無駄になってこそ、防災対策です!!・・・★

「おはようKRY」木曜の準レギュラーでいらっしゃいます
防災士、防災アドバイザーの幸坂美彦さんから、
今朝、番組に、こんなメッセージを頂きました。


幸坂さんによりますと、
「備えが出来ているのは20%以下」だとか(o゚д゚o/)/
意外でしょ?!今回は、私、しっかり備えましたよ。

自助・・・自分の命は自分で守る!(っ`・ω・´)っ
   自分で出来る事は自分でする(っ`・ω・´)っ
共助・・・地域でやろう!ということ。
   隣近所のつながりを!先ずは挨拶から(^з^)/

県内各地で講演活動も行っていらっしゃる幸坂さん、
防災意識を高める為に、お話のアプローチにも
色々工夫を取り入れていらっしゃるようです。

大好きな「さだまさしさんのトーク」を聞いて
人の心を掴むには?インパクトのある話をするには?
参考になる事がたくさんある・・・と伺った事があります。


7月末集中豪雨の被災地の一つ、
山口市阿東は、リンゴ狩りシーズンに入ったばかり。
強風でリンゴが落下しないか?心配していましたが、
大丈夫だったとの事、ほっとしています。(´。` ) =3


実は、幸坂さんから、
今年は「嘉年のりんご」が届きますよ!とメールを頂き、
楽しみにしていました。(人*´∀`)
今日かな?明日かな?と指折り数えて待っておりました。


ジャーン!!
昨日、台風24号接近に合わせるかのように?(@@)
我が家に届きました!!ヽ(≧▽≦)/
131009_1.jpg

山口市阿東嘉年下の斎藤博巳さんが育てた
大きくて、立派なリンゴです。
131009_2.jpg
箱を開けると、甘~い香り(〃▽〃)美味しそう!(人*´∀`)

これは、一人占めしてはいけない!!でしょ?!

でも、今朝は安全のためにタクシーを予約していた私、
重くて大きなリンゴ箱を持参出来ませんでした(ー`´ー)
明日、改めて、スタッフと仲良く分けあう事にしました!


幸坂さん、リンゴ「秋映え」ありがとうございました(〃▽〃)
(池内記)

台風が近づいています

2013年10月 8日 カテゴリ:ブログ

強い勢力の台風24号が近づいています。

今朝の【おはようKRY】では、
リスナーの皆さんから過去の台風での経験談などを
お寄せいただきました。いくつかご紹介します。
接近に備え、参考になればとここで掲載します。


・二階で唯一雨戸のない窓に、よその網戸が直撃!
 二階は雨風で、わやになりました...
 網戸は外しといたがえーですよ!(ひろなおさん)

・台風後の片付けは透明な袋に入れるように。
 万が一探す時に作業が楽です。
 また、H11年の浸水の時には衣装ケースが役に立った。
 水に浮かぶし、中身が汚れません(RN.がありませんでした)

・ベランダを片付け、停電になっても対応できるよう、
 懐中電灯の電池やローソク、ラジオの電池等の準備を
 すませました。(RN.ぽにょりんさん)

・屋根の太陽熱給湯器が風で飛ばされ、
 壁の横でブランブラン...
 関連機器がお隣さんの庭に飛んでいました。
 後から思えば、ちゃんと固定しておけばよかった。
 (RN.ロ・紅さん)

・風呂に水を張って洗濯は手洗い、
 飲み水はやかんや鍋を総動員して準備。
 ろうそくや懐中電灯が役立ちました。
 食品の常備が必要なことをしみじみ感じました。
 (R.N陽子さん)

・懐中電灯の明かりを頼りに、ラジオを情報源にして過ごした。
 当時、マンションの9階に住んでいたが、
 横なぐりの暴風雨が「南向き」の窓に容赦なく吹きつけ、
 まさかの「床上浸水」。高層階でも「浸水」することが
 あるのだと改めて気付かされた。(RN.ノリダスさん)

・台風で電柱が倒れた時、電力会社に知らせる場合、
 場所だけでなく、電柱についている番号を前もってひかえ、
 伝えるとスムーズに対応してくれる(RN.かおるこさん)


ご意見をお寄せいただいたみなさん、
ありがとうございました!
とにかく、何も起こりませんように...

はやとうり(o^-')b

2013年10月 3日 カテゴリ:ブログ

石榴の実がなりました!!
131003_1.jpg
金木犀の優しい香りがしてきました!!
しゅうせい菊が咲いています!!
131003_2.jpg
など・・・秋をスケッチしたメッセージの中に、


★今年は「はやとうり」の花が咲いていますが、
 実がならないのでしょうか?・・・と
(河内のおっちゃん)からメッセージを頂きました。


「はやとうり」って?
スタジオのMC2人は、植物、園芸関係に弱く、
スタッフが、即、調べてくれました。(^з^)/

はやとうり・・・とは「隼人瓜」と書くんですね!φ(._.)
薩摩隼人の隼人・・・熱帯アメリカ原産の植物で
日本に最初に鹿児島に渡来したことから、
隼人の瓜・・・という名前になったとの事。納得!(・∀・)


私たち2人の自信なさそうな会話を聴いて・・・
有難い!!リスナーさんが色々教えて下さいました。


★隼人瓜、すっかり忘れていたけど、懐かしく思い出した。

★うちのあたりでも、一時期、結構流行っていた。
 10㎝位の物で、色は白、皮がごつごつしていて、
 皮を取る時に手が痒くなっていた。( ̄◇ ̄;)

★粕漬けにしたり、薄くスライスして、キュウリや
 干しエビを入れて、おなますにして食べた。 (*´艸`*)

★皮を厚めに剥いて薄切りにして酢の物にしたり、
 即席の漬け物に、挽き肉と甘辛煮にして食べた。
などなど・・・リスナーさんに教えて頂きました。(^з^)/

でも、その「隼人瓜」を見かけなくなった・・・(´¬`)
というのが、皆さんの感想です。


<生でんわのコーナー>に、
今日初めて、我が故郷の門司港から声が届きました!
「レトロレディー」さん、山口放送にダイヤルを合わせて
聴いて下さっているそうで・・・嬉しいですね!(〃▽〃)

番組で盛り上がっていた「隼人瓜」についてひと言!

「30年前、門司港で流行っていて、自宅の庭で育てた
事があり、ツルが屋根の上まで伸びて実がゴロゴロ出来た。
取るに取れなくて、そのままにして腐らせた・・・( ̄◇ ̄;)」

「漬け物、粕漬けなどにして食べても余る程、
たくさん実がなり、ご近所さんにお裾分けしたくても、
いらない!!(っ`・ω・´)っと断られたりしたのに・・・
最近は、隼人瓜を見かけなくなりましたねぇ(´¬`)」と。


今週も、リスナーさんから教わることが多かったです。
お付き合い頂き、有難うございました!!ヽ(≧▽≦)/
(池内記)

絶不調&絶好調(´¬`)

2013年10月 2日 カテゴリ:ブログ

田布施町の<きょんきょんさん>は、
「金も銀も咲き誇り・・・私は鼻水ズルズル(**;)」と
電話の向こうで、ちょっと息苦しそうでした。
香りは良いけど、アレルギー反応が出るのですね。
木犀が原因の花粉症になり、数十年!とおっしゃいました。


今は何でも「花粉症」の原因になるようですね!!
木犀の香りは甘酸っぱく、私は癒されますが・・・(〃▽〃)


季節の変わり目、油断しているつもりはないのですが、
今朝から、鼻づまり、のどがいがらっぽいなど、
私の体調も、イマイチ、しゃんと(っ`・ω・´)っしません!!


今週から、また番組に復活したマルク・レールさん、
7ヶ月があっという間に過ぎました・・・と開口一番!
お元気そうで絶好調、リフレッシュされたのが分かります。


滞在したトリアは、ローマ時代からある古い街で、
借りた民間の家も、古い中世時代の建物、
家具付きで、何も準備する必要はなかったけど、
その家の持ち主の個性が、あちこちに残っているので、
「キャンピング生活」をしている感じだったかな?
(マルクさんらしい表現です!!)
窓を開ければ、世界遺産が目の前に見える環境だったとか。

トリノ大聖堂の鐘の音がキンコンカンコン・・・♪
15分間も鳴り続けたり、他の教会の鐘の音まで
次々と鳴り響き、まるで輪唱でもしているような・・・\(^o)(^0^)(o^)/
キンコンカンコン・・・♪ キンコンカンコン・・・♪
うるさい!と叫びたくなる時もあったそうな( ̄◇ ̄;)


それと、今回は、ドイツ滞在中にも、
トリアの小さなアパートから山口大学へ向けて
「スカイプで授業」も行っていたそうです。(^з^)/


マルクさんは、山口に帰って来て、
先ず食べたい!と思ったのが「豆腐、納豆、もずく」
ドイツでもアジアンショップみたいな所にありますが、
微妙に味が違う!!(@@)そうです。


マルクさんの中に、日本人っぽい部分があるのは
食べ物だけではありませんよ!!(o^-')b

今、マルクさんの抽斗の中には、入りきれない位、
情報がいっぱいつまっているようです!!ヽ(≧▽≦)/

来週からも「暮らしのファイル」乞うご期待!!

(池内記)

ナマリー&ミリンダ

2013年10月 1日 カテゴリ:ブログ

KRYのお隣、周南市徳山動物園に、
待ちに待った象がやってきました!
はるばるスリランカから、海を越えて来てくれたのは、
7才の女の子ナマリーと、5才の男の子ミリンダ(〃▽〃)
人間の7才・5才と同じくらいの年にあたる、子どもの象です。

私も昨日、会いに行ってきましたよ(^^)v
2頭は、元気いっぱいで、終始ご機嫌↑
お茶目で好奇心旺盛で、一時もじっとしていません。
鼻でつかんだ土を自分の背中にかけたり、
並んでぐるぐる歩き回ったり...
いくら眺めていても飽きない可愛らしさでした。

そこに小さな象がいるだけで、動物園全体の空気が
ふうわりと温かくなるのは不思議*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*
象のいる動物園って、やっぱりいいですね。
゜+。(*′∇`)。+゜

そこで、今日は、ナマリーとミリンダに愛をこめて、
イラストのお題は「ぞうさん」としました♪


イラスト初チャレンジの、ラジオネーム=黄色い鳥さん。
どことなくコミカルで、ヤル気まんまんな感じのぞうさん。
131001_1.jpg


ラジオネーム=宇部・スズさんの作品には、
「ミリンダ君、ようこそ」の文字が。
131001_2.jpg
足元にはリンゴとバナナがありますね。
実際、徳山動物園でも、リンゴなどを
おやつに与えているそうですよ。


ちっちゃい頃からぞうさん好きの、
ラジオネーム=ワラワラ虫さんの象は、なんとも優しげ。
131001_3.jpg
いつか、赤ちゃん象がお母さんのお鼻に包まれて
眠ってる姿が、徳山動物園でも見られれば...♪
との願いをこめて、メールを送ってくれました。
ほんとに、そんな日がくるといいですね。


その他にも、キュートなイラストをいっぱいいただき、
ありがとうございました!


スリランカ象のナマリー、ミリンダ、
徳山動物園に来てくれてありがとう!
どうぞ末永くよろしくね♪♪♪
ヾ(=^▽^=)ノ

(メアリー記)