36年も続いた秘訣は?

2013年4月18日 カテゴリ:ブログ

私が道上洋三さんに一番お聞きしたかった事です。

ラジオって?・・・不思議!(☆o☆)
思いもよらないお答えが、先ず、返ってきました。

しかし、この後、じわーっと、心に沁みるお話が聴けました。
ひと言、ひと言に重みがあり、心に刻みました。(´¬`)

ラジオは、重くて、深くて、凄い力がある!!(っ`・ω・´)っ
テレビや雑誌、メールなどにはない魅力があるメディア!

リスナーさんとの距離が近い!道上さんならではの言葉。

その日の声を聞けば、道上さんの体調から何から、
リスナーさんは、分かって下さるそうです。ヽ(´▽`)ノ
(それは、まるで、家族のようなお付き合い?)

道上さんは、リスナーさんからは「家族」のように
思われているんですね!!きっと・・・羨ましい関係です。

関西から山口に移られても、定期的に「山口便り」を
届けて下さる、20年来のファンもいらっしゃるそうです。

それ位、道上さんは、番組の中で、普通に、
故郷:山口県の話を、嬉しそうにされているんでしょうね。

あと、これは、放送後にディレクターから聞いたのですが、
道上さんのモットーは?・・・

オン・オフを切り替えない!!(o^-')b
普段の自分のまま、マイクに向かうことを心がける。
眠い時は「今日は、ちょっと眠いなぁ」と言っても良い。
(いやそんなこと言えませんよ(^^;)と思いますが・・・)

知らない事は知らないと言う勇気も必要!!(o^-')b
(私の場合、知らない事が多過ぎますが・・・)
リスナーさんから教えて頂く・・・そこでご縁が生まれる?

一つのラジオ番組を36年も続けてこられた秘訣は・・・コレ!
道上さんとリスナーさんとの信頼関係があるからこそ!(^-^)人(^-^)

「何を言っても、道上さんなら許してあげるわ!(^з^)」
「流石、道上さん!(≧▽≦)」と思って頂けるまでに
ご自分の番組を育てて来られたからだと思いました。(^-^)

自然体で!・・・私もずっと理想にしているスタイルです。

「ラジオやめられますか?」・・・直球できましたが、
道上さんが最後におっしゃったこの言葉、
果たして、私たちに投げかけたのか?それとも・・・
ご自身の「やめられますか!!(^o^)」という想いを
おっしゃったのか?・・・「県人アワー」をお聞きになった、
あなたは、どちらだと思われますか???

「まだまだ、ラジオを続けたい!(≧▽≦)」と
おっしゃったのだと私は思います。同時に
「私も続けたい!と言えるようになりたい」
とも・・・思いました。( ´∀`)

もう一つ、共感したことは・・・
「ふるさとは遠きにありて思うもの」(´¬`)

海も山も、花も草木も、風も・・・私を育んでくれた自然は
昔のまま、残っているかもしれないけど・・・
私を育んでくれた人々は・・・もう故郷にはいない・・・
(この言葉は、心に沁みました(´¬`))

大阪でもう48年・・・道上洋三さんにとって、
ふるさとは、目に焼きついている風景、人々の暮らし、
味、音・・・などを、時々思い出しては温かい気持になる!
大切に思う宝ものだからこそ、マイクに向かった時に、
自慢したくなる・・・それが「平生町」なのでしょう。

2日間にわたって、道上洋三さんとお話出来たこと、
4月、誕生月で、私は、最高の贈り物を頂いた気分です!

ありがとうございました!!゚.+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。

(池内記)