2012年2月 アーカイブ

最先端の研究φ(._.)

2012年2月29日 カテゴリ:ブログ

今朝の「県人アワー」にご出演頂いた向谷知世さん、
今や、肝炎の治療薬開発にはなくてはならない
最先端の研究、生命科学の研究者でいらっしゃいます。
 
 
人の肝臓に近いものをマウスに作りました。
(一人で作った訳ではありませんが・・・)
そのネズミの事を「キメラマウス」と言うそうです。(o^-’)b
 
そう、キーワードは「キメラマウス」d(*⌒▽⌒*)b
 
このマウスは、B型、C型肝炎ウィルスにも感染します。
なので、人の肝臓治療の為の実験が出来るのです。
これまで肝炎ウィルスに感染するのは、チンパンジーだけ、
でも、それが、動物愛護の観点から問題になりました。
 
 
キメラマウスが果たす役割は無限大(ノ≧∇≦)ノ
ライバルは多いけれど、この分野では世界最先端。
向谷さんは、海外の学会で発表される機会も多いようです。
来月はアメリカで・・・と言っておられました。ε=┌(・_・)┘
 
子供の頃から、庭の石の下に住む小動物が気になったり、
地面を這うアリたちの動きに、目が釘付けになったり、
野良犬を連れて帰って、こっそり軒下で飼ったり、
生きものが大好きだった・・・とおっしゃいます。(^-^)
 
 
きっと、その頃の小さな体験の一つ一つが
今の向谷知世さんの大きな研究に繋がっているのでは?と
少女時代の暮らしぶりを想像しました。( ´∀`)
 
 
このつづき、また機会があれば、お聞きしたいですね。
私たちにも分かるようにお話頂いてありがとうございました!(〃▽〃)
(池内記)

故郷・東北を思う(´¬`)

2012年2月23日 カテゴリ:ブログ

山口市の服部俊子さんは、遠く離れた故郷・東北の復興を願い、
支援活動を行っている「山口東北人会」の会長さん!!
 
服部さんの故郷は陸前高田市、津波で自宅も流されました。
 
震災後、何度も被災地を訪れましたが、
がれきが右から左に動いただけ、復興にはほど遠い姿、
何もなくて、だだっ広い所にコンビニや薬局があるだけ。
 
町がいつ造られるのか?
仮設住宅に住んでいる友人、知人たちも、今後どうなるのか?
不安の声、声、声が広がるばかり・・・(;-_-) =3
 
 
だからこそ、希望の光が見えるように支えていきたい!!
山口から、故郷の復興を願い支援活動を続けていきたい!!
 
 
去年7月「山口東北人会」を立ち上げ、被災地の漁師さんたちに、
萩、長門の皆さんにご協力頂いて、中古の漁船を12隻送られました。
東北の漁師さんたちは、とても喜んで下さり、そのお礼に・・・と
明日、宮城県女川町から、水産団体の方が山口へ来られるそうです。
 
交流を通して、また、被災地では、今何が必要なのか?
何が足りないのか?何をして欲しいのか?実情が分かるでしょう。
 
 
3.11から、まもなく1年!
たくさんの方が亡くなり、大勢の人たちの命日、
山口東北人会は、3.11追悼チャリティーコンサートを開きます。
~明日に向けて、深い深い祈りを込めて~(-人-)
会場は旧県議会議事堂、午後1時と4時の2回公演、
入場料2000円を頂き、被災地に寄付するという事です。
 
賛同される方は、是非足をお運び下さい!!ε=┌(・_・)┘
 
服部さんたちの活動は、まだまだこれから・・・
息の長い支援を続けていきたい・・・とおっしゃいます。
 
電話の向こうで語る、
服部さんの穏やかで、優しく語りかけるようなお声から、
東北の復興を願う強い気持ち、
遅々として進まない苛立ち、
故郷の人たちとの深い絆を感じました。(/>_<)/
 
私たち一人一人が出来る事を今・・・

(池内記)

三寒四温 (/>_<)/

2012年2月22日 カテゴリ:ブログ

ウグイスの声を聞きました!まだ良い声ではないけど・・・
春を告げる花、沈丁花の咲き具合が、まだちょっと・・・
ようやく、里山の梅が芽吹いてきました!(〃▽〃)
 
みなさんから頂いた「小さな春の便り」に、
今日は、番組中も、何となく、心がほっこりしていました。
 
 
冬と春が行ったり来たり・・・ (^-^*) (*^-^)/
日中は3月下旬の気温、かと思えば、今度の日曜日は
また寒さが戻って来るという予報です。
 
「三寒四温」をくり返しながら春本番を迎えるのですね。
 
 
今朝のこと、一度は春物のワンピースを着ました。が・・・
玄関を一歩出ると、意外に肌寒く、風邪をひきそう!と
一からやり直し、冬物ファッションに着替えて出社しました。
 
 
冬から春に向かうこの時季、油断は禁物です!!( ̄□ ̄;)
毎年、薄手の春物を先取りしていい気になっていると・・・
必ず風邪をひき辛い思いをする!何度体験したことか?!
 
 
池内さんの声を聞いていると、
♪~うぐいすに 梅一輪の 暖かさ~♪
この句が浮かびました・・・というリスナーさんもいました。
 
ひと雨ごとに、春が近い事を感じる・・・今日この頃です。

(池内記)

つなげていく(^-^)人(^-^)

2012年2月16日 カテゴリ:ブログ

毎月第三木曜日は「防災SP」・・・今週は・・・
防災・ボランティアのエキスパート、弘中秀治さんに
被災地で実際に活動してみて感じた事、
宇部市が行っている被災地の復興支援活動を通して
私たちがこれから出来る復興支援について伺いました。
120216.jpg
 
弘中さんは、
震災直後にいわき市でボランティアセンターを立ち上げ、
外部から来るボランティアと被災者をつなぐ「つなぎ役」に!
ボランティアセンターの果たす役割は大きい!と言います。
 
 
バラバラに被災地に入るのは、逆に被災者に迷惑がかかるし、
安全管理も難しい!特に東日本大震災の場合は、津波の問題、
放射能のトラブルもあり、その辺はシビアに考えたとの事。
 
 
何度も被災地を訪れている弘中さんは、
<人の力でこんなに片付くものなんだ!>と言いました。
それは、何から手をつけたら良いか分からない程、
町の様子が一変!したのを目の当たりして
自然の力にKOされた弘中さんの実感でしょう。o(*'o'*)o
時間がかかっても、崩れた町は、少しずつ復興している!・・・と
 
 
更に、続けられます。
<こういう時だからこそ、人の交流が大切!!(^-^)人(^-^)>
<震災の現実を子供たちに、きちんと伝えて行く事が大切!!>
<今の気持ちを継続させること、繋げて行く事が大切!!>と
 
 
もうすぐ、東日本大震災から1年になります。
でも本当の復興は、まだまだこれから・・・(/>_<)/
 
私たちが今できる事は?!考えてみました。
 
宇部市では、去年の夏休み、被災地の子供たちを招いて、
宇部の子供たちと交流する機会を作りました。
その出会いをきっかけに、今度は「ペンフレンド」となり、
互いに手紙のやり取りを続けているそうです。φ(._.)
 
子供たちなりに、大震災を受け止めているのですね!!
 
こういう支援活動もあるんだ・・・と知り、子供だけでなく、
私たち大人も、被災地の方(不特定多数ではなく限られた人)に
お手紙を書いて、励ましの支援が出来ないかと、私は思いました。
 
 
被災地の小学6年の男子は
「被災者という事を忘れる位、宇部の人たちによくして頂きました」
と、宇部での交流に感謝のメッセージを残しています。(*^-^*)
 
春休みに、また、被災地の子供たちが宇部にやって来るそうです。
 
交流を続ける・・・気持ちを繋ぐ・・・(^-^)人(^-^)
 
今日は、弘中さんに、被災地へ行けなくても出来る
復興支援活動を教えて頂いた気がします。('-'*)
 
 
勿論、
災害時にまず大切なのが地域の力、自分たちの命は自分で守る!
自助、公助、共助・・・についてもおさらいしました。
 
 
「防災SP」の日は、みなさんから、電話、メール、Faxで
メッセージをお寄せ頂いているのに、ご紹介出来なくて・・・
申し訳ないです!でもこれに懲りずに、またお寄せ下さいね!
 
(池内記)

さるかに合戦( ++)☆O=(--メ)q

2012年2月15日 カテゴリ:ブログ

番組も後半、午前10時のお茶の時間の少し前、
サルに扮する山本&池内と、カニに扮する竹重アナが
クイズ&ゲームに挑みます!!p(^-^)qp(^o^)q
月火水木4日間で、サルとカニどっちがたくさん勝つのか?
それとも引分けか?それを当てて頂くだけ!という・・・
とってもシンプルな、お遊びのクイズコーナーですが、
当選者の中から抽選で、毎週1名様に1万円をプレゼント!
とあって、さるかに合戦は隠れたファンが多いようです。(/ω\)
 
 
私は脳トレに良い!と思いつつ、頑張っているのですが、
リスナーさんから「サルカニ、もっと辛抱強く頑張りましょう!」
「サルさん、諦めるのが早過ぎます!」とメールを頂きました。
 
鋭いっ!!トホホホ・・・・(;´▽`A``
もっと、本来の遊び心が欲しい!と思われたのでしょうね?!
 
 
今朝は、<1文字ずつ増えるしりとり>だったのですが、
6文字目で<ブーーーーッ!>となりました。( ̄□ ̄;)
いやいや・・・申し訳ありません!!○| ̄|_
 
 
ことば遊びのセンス(o^-’)b・・・もっと磨かないと!
瑞々しい感性(ノ≧∇≦)ノ・・・加齢とは関係ないですよね!
ユニークな発想d(*⌒▽⌒*)b・・・本番で浮かばなければ意味ないわね!
 
 
さて、明日は、私たち、何に挑戦するのでしょうか?
あなたもシンプルなクイズに参加して1万円をゲットして下さい!

(池内記)

天才(b^ー゚)

2012年2月 9日 カテゴリ:ブログ

「県人アワー」に出演して頂いた、吉崎航さん(26)は
これからの日本をリードして行くだけのパワーを持っている人!
山口県出身の一人の若者に、大きな希望を抱きました。(〃▽〃)
 
 
彼を推薦して下さったMさんは、息子さんと吉崎君が同級生で、
「徳山高専始まって以来の天才!」と言われていた・・・など、
吉崎君がどれ位優れているか?を、語って下さった。ヽ(´ー`)ノ
 
同級生は、お互いを名前だけで呼び合うけど、彼だけは「吉崎君」と
<君付け>で呼ばれていた。それは・・・尊敬されていたから。
ずば抜けて頭が良い!ので、みんなから一目置かれていたという事。
 
幼稚園の頃、ガンダムや鉄人28号を見て「ロボット」に関心を持ち、
ついに、ロボットを自由に動かす技術を開発、無料ソフトとして
公開・・・その名も「V-Sido(ブシドー)」・・・PCのマウスやスマホで
ロボットを操作する技術!!を創りだしたのです(ノ≧∇≦)ノ
 
どうして「特許」を取らないの?と聞くと、
「誰にも真似出来ないから」と即答する吉崎君、
自分が考え出した技術に自信を持っています!!
 
彼が学会で発表する時は、東大の教授も聞きに来ている!
講演では、必ず会場を爆笑させるユーモアも心得ている!
今や日本だけでなく、世界中から注目されているロボット博士!
全国の高専や小学校で講演を依頼され、
小学生にも内容が理解出来るように話しをするので大好評!ヽ(≧▽≦)/
 
現在は、国の研究機関「産業技術総合研究所」でロボット作りに
夢を抱き続ける吉崎君ですが、子供の頃から「折り紙」も名人!!
頭でイメージして一気に完成させる・・・(/>_<)/
何でも正方形から、ハサミも使わずに創る(ノ≧∇≦)ノ
頭の中はどうなっているのだろう?と周りの大人を驚かす。
 
その延長線上に、既製のジーンズは合わないから・・・と
自分でミシンを使い縫ってしまうのが吉崎君の凄いところ!!
型紙なんていらない!頭の中のイメージで縫う・・・と言う。
ハロウィーンで、妹さんが着る服を縫ってあげたこともある!
 
吉崎ファミリーは、東京ディズニーランドの大ファン!d(*⌒▽⌒*)b
4人とも年間パスポートを持っているほど、
お兄ちゃんが縫ってくれた衣装を着て、東京ディズニーランドの
ハロウィーンパーティーを楽しんだ妹さんの話に・・・ほっこり!( ´∀`)
 
もう脱帽!!でしょ?!
パーフェクトでしょ?!
 
 
吉崎航君の事、どうぞ貴方の心の抽斗にしまっておいて下さい。
きっと・・・巨大なロボットを作る夢!実現させる!と思いますよ。
私はこれからの彼の活躍に期待しています!!(≧ω≦)
 
 
PS.吉崎航君の<V-Sido>HPを覗いてみて下さい。
  彼の凄さが分かります!それ以外でも名前で検索すれば!!

(池内記)

念願の甲子園出場!

2012年2月 8日 カテゴリ:ブログ

今朝の<おはようアミーゴ!>は
早鞆高校野球部監督の大越基さんにお話を伺いました。
 
お聞きしたい事がいっぱいあって・・・時間が足りず、
私としては不完全燃焼でインタビューが終わりました。○| ̄|_
 
 
念願の甲子園出場が決まった時、マスコミの囲み取材の場で
思わず、これまでの長~い?道のりを思って涙を流された
大越監督ですが、今朝の声からは、「やるぞ!」という
意気込みが感じられました。d(*⌒▽⌒*)b
 
 
大越監督に惹かれて野球部に入部した生徒も多いそうですね。
選手たちは、センバツに選ばれた事で、一つの壁を乗り越え、
表情も生き生きとしてきた、自信がついたのか目の色が変わった
と、監督の声も、心なしか弾んで聞こえましたよ。(o^-’)b
 
 
監督ご自身、仙台育英のエースとして甲子園で大活躍!
教え子たちを、ご自分の原点ともいえる甲子園へ連れて行く
永年の夢が実現した訳ですから、プレッシャーもありつつ、
選手時代とは違った気分で、晴れ舞台で挑む!(/>_<)/
そんな強い想いが、言葉の端々に出ておりました。
 
 
<そこが聞きたい! 担当直入>では、
後援会会長の酒井好男さんにも、喜びの声、と同時に、
現実的な話も聞かせて頂きました。('-'*)
(例:応援にかかる費用など)
出場が決まった時、酒井さんも胴上げされたとか・・・
嬉しそうに話されて、感激が伝わってきました。(ノ≧∇≦)ノ
 
 
色々大変なこともあるでしょうが、
山口県民にとっては、久々の選抜出場!春が楽しみです!!
 
 
あとは、初戦でどこのチームと対戦するか?ですが、
もし、宮城県の石巻工に当たったら?・・・運命を感じますね!
 
 
リスナーさんにも早鞆高校OBの方がおられました。
<甲子園へ応援に行き「校歌」を歌いたい!(^з^)/>
そんなメッセージが届いています。(o^-’)b
 
 
大越監督、選手のみなさんに、この熱い想いが届きますように!!

(池内記)

山口の節分料理(^Q^)

2012年2月 2日 カテゴリ:ブログ

山口放送の早朝7時過ぎの前庭は真っ白!
120202_1.jpg
 
今日はこの冬一番の厳しい冷え込み・・・(××;)
雪景色は墨絵みたいで美しく、癒されますが、
出勤するのに時間がかかり、職場に到着するまでに、
もう、ひと仕事終えたような・・・そんな気分!でしたよね?!
番組スタッフの中には「昨夜から気になって眠れなかった」
という人もいました。(つд`) 私もそんな一人ですが・・・(^^;)
 
 
今日も県内各地からリアルタイムで「雪情報」を頂きました。
リスナーのみなさん、有難うございました。m(__)m
 
 
この寒さは明日まで続きそう・・と山本気象予報士は言いますが、
明日は「鬼は外、福は内(^-^)/~」豆まきをする<節分>ですね。
 
節分に食べるものと言えば・・・「恵方巻」が有名になりましたが、
今朝は、貞永先生に、山口県に伝わる節分料理を伺いました。
 
 
主役は「クジラ」と「こんにゃく」
クジラは大きな幸せを願う意味で、
こんにゃくは、一年の嫌な事を流す、砂おろしという意味も?
 
 
貞永先生のお宅では「鯨まぜご飯」を頂くそうですが、
明治生まれのお父様が、よくおっしゃっていたそうです。
「ひと口食べてからテーブルに置く事」
「そうしないと、幸せが逃げるから」と
 
 
「鯨まぜご飯」は、鯨、こんにゃく、ごぼう、人参を
小さく切り、甘辛く煮て、ご飯に混ぜるだけ!(o^-’)b
 
「鯨の南蛮煮」は、鯨、こんにゃく、ねぎ、ごぼうを
味噌味で煮るだけ・・・鯨が易かった時代の節分料理ですね。(^Q^)
 
「昔は仙崎から鯨を売りに来て、量り売りもありました」
 
女の子の遊び「おはじき」をする時にも、
「せんざきのくじらうり=10」と言って、
おはじきを数えるのに<仙崎の鯨売り>を使っていた事も
懐かしそうにお話されました。( ´∀`)
 
せんざきのくじらうり・・・
私は、この呪文のような10文字が気に入りました。d(*⌒▽⌒*)b
 
昔ながらの山口の節分料理に<鯨>を使っていたのは
庶民のささやかな幸せを願う、大切な風習だったのですね!!
 
 
しかし、今、鯨は高価・・・鰯で我慢!しますか?!┓( ̄∇ ̄;)┏
恵方巻も用意して・・・今風の節分料理でも良いと思います。
「福は内、鬼は外」明日の夜は、豆まきも忘れずに!!
 
春よ来い!早く来い!!(ノ≧∇≦)ノ
室内では、ボケの花が膨らみ始め、暖かい気持ちになります。
120202_2.jpg

(池内記)

パワースポット?

2012年2月 1日 カテゴリ:ブログ

里山からの便り・・・今朝は「山上の神」のお話でした。
そこは「気」の強い人が行くと、
身体で感じるものがあるそうです。(*^-^)ノノ
 
山口市小郡上郷「ヒュッテ桂谷・ランプの宿」がある場所は、
その昔、棚田があり、お米が作られていたそうですね。
 
立派な石垣が40段位・・・その奥に巨大な岩が残っているそうです。
そして、その岩の中に<祠>が祀られている・・・らしいのです。
 
その祠は、役の行者・小角(おづぬ):修験道の開祖だとか。
近くに滝があり、山伏の修行の場所だったらしいのですが、
「ランプの宿」スタッフが、その事を知ったのは数年後・・・(゚〇゚;)
 
散歩で近くに行くと、愛犬が<祠>の穴へ向かって走って行き、
畑山マネージャーは鳥肌が立つ程、驚いたとか・・・( ̄ロ ̄|||)
 
まさか、こんなところに神様が祀られていたとは?!(〇o〇;)
 
トラブル、アクシデントが続き、体調がすぐれなかったのは、
神聖なエリア内なのに、<祠>を粗末に扱っていたからかも?
と、思い当たる事が色々あった・・・というのです。(||| ̄▽ ̄|||)
 
今は「山上の神」として、周りを整備し案内板(看板)も立てて、
登山する人たちが、お参り出来るようになっているそうです。
 
300年以上も前から祀られている「祠」は、地域の人たちが
ずっと守ってきた「山上の神さま」だったのですね。(^-^)
 
私も一度、暖かくなったら「ランプの宿」を訪ね、
このパワースポット「山上の神」をお参りしてみたくなりました。
 
お賽銭はランプの宿が管理し、鳥居建立をめざしているそうです。
 
(池内記)