2011年11月 アーカイブ

鍋の最後に・・・?

2011年11月30日 カテゴリ:ブログ

「即席ラーメンの麺を入れ、即席スープの1/3位を入れると
 これが、なかなか美味しいですよ!お薦めします!!」と
ラーメン大好きな竹重アナが、彼らしい鍋のフィニッシュを語ると、
早速、昨夜、鶏肉の水炊きの仕上げに試してみたと
周南市のさくらんぼさんから、お電話を頂きました。(*^-^)ノノ
 
「ホントに美味しかったです。これ、はまりそうですね!」と
勿論、ご主人、娘さん、家族からも好評だったそうです。(^з^)/
 
これから本格的に寒くなる冬、鍋を囲む日が多くなりますね。
 
 
鍋の仕上げに「うどん」も良いですが、「ラーメン」に挑戦!
してみるのも、味のレパートリーが増えて良いかもしれません。
 
 
それにしても、竹重アナのラーメン好きは、
「離乳食が即席ラーメンだった」という幼い頃まで遡るとは?!
今日の放送で、初めて知りました!!(☆o☆)
 
 
いつか、番組であなたはラーメン派?それとも、うどん・そば派?
そんなテーマで、楽しい討論をしてみたいですね。(o^-’)b

(池内記)

長い一日になりそう(*´д`*)

2011年11月24日 カテゴリ:ブログ

「風冷え」の早朝、空には「受け月」が輝いていた。
竹重アナは、風に倒されそうになりながらジョギングε=┌(・_・)┘
池内は、いつもより厚着で、膝かけも用意してスタジオ入り(/>_<)/
そう、2人は時間差で、番組を担当しているから・・・
 
私は、温かいコーヒーを飲みながら、
ニュースの下読み、天気原稿のチェック、気象レーダー確認、
気がつけば、あっという間に、本番5分前・・・(@@)
毎週、水、木の二日間は、緊張感を持って朝を迎えている。
 
 
竹重アナが、大きなおにぎりを抱えて
「おはようございます!」と、スタジオ入りするのが8時過ぎ、
「博子さん、2人になると、声が弾んで元気になるね」と
仲の良い友だちから、スバリ、言われた事がある。(o^-’)b
声は正直、聞いている人たちにも、微妙な変化が分かる!
怖いなぁ・・・と、改めて思った。(^^;)
 
 
リスナーさんから<お孫さんのお食い初め>を喜ぶメッセージを頂き、
子育ての経験がない私は、「お食い初めの儀式って?」と質問。
 
竹重アナは、我が子のお食い初めでのエピソードを語った。
「イチゴを食べさせたのだけど、口の近くまで持って行き、
 食べる瞬間をカメラに収めようと思うのに、
 パクっと食べてしまい、何度か試すけれど、
 すぐに、パクっと食べてしまい失敗!(××;)」と。
その光景を想像しただけで笑えた。微笑ましくて・・・(^-^)
 
 
一緒におはようKRYを担当するようになって気付いた事は、
竹重アナが、さり気なく、我が子の話をする時、
表情がとても穏やかで、優しいお父さんの顔になっている事。
 
 
スポーツ中継が途切れることなく続いているので、
番組が終わっても、その準備に忙しい日々の竹重アナ、
職場では、いつも厳しい顔をして、パソコンに向かっている。
 
 
更に、今夜は「ラジオCM大賞」の収録が控えている。
私も参加する!20秒のドラマに演技力が問われる?!
緊張の糸は切らさずに・・・その瞬間を待っている。
 
「決定!第21回ラジオCM大賞!!」は
   11/27(日)午後1時から
 
今日は、早朝から夜まで、長い長~い一日になりそうだ。

(池内記)

シンポジウム(^o^)

2011年11月17日 カテゴリ:ブログ

毎月第3木曜日は「防災を考える日」
今朝は、防災士・防災アドバイザーの幸坂美彦さんを
スタジオにお迎えしてお送りしました。
 
ホークスファンの幸坂さんは、
ドラゴンズ、ホークス共に2勝となって、
日本シリーズが、俄然、面白くなったようです!!o(*^▽^*)o
 
 
今週のテーマは、11/23(水・勤労感謝の日)
来週、山口大学で開催される
<防災・日本再生シンポジウムについて>でした。が・・・、
野球にサッカーに、男性たちは、スポーツ談義で盛り上がります。
111117_1.jpg
 
勿論、番組でも、その内容の一部をご紹介しましたが、
今年は、3.11東日本大震災をはじめ、改めて自然災害の驚異を
思い知らされた年となりました。(≧□≦;)
 
 
シンポジウムは、大学からの英知をあつめて、風水害から
「いのちをまもる」~近年の災害を振り返る~のテーマで
先ず、山口大学農学部の山本晴彦教授が
<山口県における風水害の特徴と防災教育>で
基調講演をされます。
 
 
山口大学理工学研究科の三浦房紀教授は<災害文化としての伝承>
金折祐司教授は<山口県の地質構造と土石流災害>
村上ひとみ准教授は<地域防災とまちづくり>
3人の教授が、それぞれ興味深い講演を行います。
 
 
身近な所での災害に備えて、色々質問にもお答え頂ける
パネルディスカッションもあり、
幸坂さんは、パネリストのお一人です。
 
 
いざという時に「いのちをまもる」ため、
知ると知らないとでは、随分、結果が違うと言われています。
 
東日本大震災から8か月が過ぎ、のど元過ぎれば・・・で
震災直後は色々備えていたけど・・・、今は、忘れていませんか?
 
 
 
「防災・日本再生シンポジウム」は、11/23(水・勤労感謝の日)
山口大学 大学会館大ホールで、
午後1時から開催・・・入場無料です!
A4サイズ、76ページの、立派なレジメも作られました。
参加された方には、もれなくプレゼントされるそうですよ!!
 
 
ところで、今日の番組の後半では、ちょっとひと息入れて、
幸坂さんに、今年を振り返る一曲をお聞きしました。
♪ラジオ・バイ・ユア・サイド♪の募集もかねて・・・(*^-^)ノノ
 
さだまさしさんの「いのちの理由」、さださんが東北の被災地を
周って歌った時に、一番リクエストが多かったのがこの曲だとか。
 
111117_2.jpg
ホークスファン、さださんの追っかけ、幸坂美彦さんは、
好奇心旺盛でフットワークも良く、人懐っこい笑顔の奥に
「やる時はやる!言いたい事は言う!間違ったことは正す!!」
マイク・オフで聴いた体験談には、
愛すべき幸坂さんの姿がありました。

(池内記)

102歳の誕生日(^-^)

2011年11月16日 カテゴリ:ブログ

11/16、今日は、まど・みちおさんの誕生日です。
102歳になられました。
 
まどさん、誕生日、おめでとうございます!!ヽ(≧▽≦)/
 
今日は<まどさんスペシャル>を9時台にお送りしました。
 
 
ゲストは木坂涼さん、詩人で絵本作家、
(2年前の、まどさん100歳をお祝いする特番でも、
アーサー・ビナードさんと一緒に、ご夫婦でご出演頂いています)
 
まどさんと言えば・・・童謡詩人としての顔と、もう一つ
私たちが、何気に見過ごしているような世界を描いたり、
当たり前と思っていることからでも、何か新しい事を発見する、
「はっ」とさせられる「本質を見抜く力」「鋭い観察力」を
お持ちだと、木坂さんはおっしゃいました。
 
 
そう、まど・みちおさんは、優しい言葉で、意味は深い!(≧ω≦)
大人が読んで、はっとさせられる詩を、たくさん作っておられます。
 
 
木坂さんは、まどさんに初めてお会いした時の印象を
「厳しい人だな」とおっしゃいました。(>_<)
 
詩や言葉に対する厳しさ、自分に対する厳しさがあると・・・
 
「誰もが知っている、分かる、優しい言葉なのに奥が深い!!
まどさん独特の詩の世界があると・・・」 私も同感です。(*^-^)ノノ
 
練りに練って、削れる部分は削って、推敲を重ねて詩に編む・・・
 
 
11/6(日)「こどものうたフェスティバル」で、
池内のブログ・11月4日参照
木坂涼さんは、谷川賢作さん、おおたか静流さん、内橋和久さんと
一緒に、4人で、まど・みちおさんの「けしつぶうた」を演じました。
その時の音源を使って、番組でもご紹介しました。
 
 
受話器の向こうで、木坂さんにも聞いて頂いたのですが、
「面白い!!(^o^)学校でもこれやれば良い!!(o^-’)」と
ご自分で演じていらっしゃったのに、改めて聞いてみると
ここでも「まどさんの鋭い観察力、無駄のない表現」を、
それでいて「実に言い得て妙!ユーモアがあり、楽しい世界」を
感じられたご様子でした。d(*⌒▽⌒*)b
 
初めて聞いた竹重アナは、感動、感動、感動!!
次のコーナーまで、気持ちは「けしつぶうた」のままでした。( ´∀`)
 
 
まどさんの詩と歌と音楽の世界を、ふるさと周南市から
世界に向けて発信!!「こどもの詩 周南賞!の企画は
是非、これからも続けて行きたいですね」と木坂さん!!(^-^)
 
まど・みちおさんの102歳の誕生日に、木坂涼さんと
まどさんの詩の魅力についてお話出来たのは、貴重な時間でした。
 
 
まどさんの詩を読む時、これからは、
「まどさんが、何に、はっとさせられたのか?」
いろいろ想像を巡らせながら・・・読んでみたい!ですね。(o^-’)b
(池内記)

メロディ-フェア♪

2011年11月10日 カテゴリ:ブログ

「おはようラブソング」でお届けしたビージーズの曲に、
昨夜のデートを思い出した?リスナーさん、
雲に隠れたお月さまとその下で光る星を見上げていると、
<おぼろ月 そっと寄り添う 星ひとつ>と五七五が浮かび、
「月が僕なら・・・星は・・・○○さんかな?」と続けました。
彼のこの言葉に、恋人?は笑って受け止めてくれたそうですが・・・(^^;)
 
ドラマのワンシーンでも見ているようで、メッセージを紹介する
竹重アナは「絶対僕には言えない!( ̄∇ ̄;)」と照れていました。
 
 
映画「小さな恋のメロディー」を見た事がある世代は
ビージーズの美しいハーモニーは胸キュン!セピア色のシーンに、
甘酸っぱ~い、初恋の思い出につながったようですね。(o^-’)b
 
 
中には、「トレイシー・ハンドの髪型をまねました!」
という女性リスナーもいらっしゃいましたよ。(^-^)ヽ
 
ちなみに、竹重アナの初恋、異性を意識したのは?
「幼稚園の頃・・・」とか・・・おませな子だったのですね!
 
私は?・・・小学5年の時、転校生のS君に!(^o^)
高校の修学旅行で河口湖そばの旅館に泊まった時、
S君が訪ねて来てくれて嬉しかったなぁ・・・( ´∀`)
話しの流れで・・・そんな事まで思い出しました。(^^ゞ
 
メロディーフェア♪で40年前にタイムスリップ!!
 
どこかで聴いた懐かしの大人のラブソング♪
来週も、水、木は、池内セレクトで映画音楽を楽しみましょう!!
(池内記)

初代タイガーマスク!ヽ(≧▽≦)/

2011年11月 9日 カテゴリ:ブログ

竹重アナ、いつになく落ち着きがありません!!
「県人アワー」に、憧れの人が出演された時のこと。
 
ゲストは・・・初代タイガーマスク!佐山サトルさん!!(≧▽≦)
 
正直、池内は・・・さっぱり分からない世界でしたが・・・
電話の向こうの優しい、穏やかな声に魅せられて・・・
一人のリスナーになって、2人の会話に聴き入っていました。(*^-^)
 
 
下関市長府のご出身で、中学時代からプロレスラーになるのが夢!
アントニオ猪木さんに憧れて・・・親の反対を押し切って、
ひたすら、夢に向かって走ったサトル少年の姿が目に浮かびました。
そして、その夢を掴んだのですから、素晴らしい!ことですよね。
 
 
そんなサトル少年時代の同級生という長府のひろこさんから
「生でんわ」のコーナーにお電話がかかりました!!(o^-’)
 
「さっき、佐山君が出ていたけど、私同級生なんです」
「長府中学時代、○○会長に立候補した佐山君は
 演説する時に、当時、木枯らし紋次郎が流行っていたので
 つまようじをくわえて、お立ち台に登場したんですよ(^-^)」
 
「タイガーマスクが佐山君というのも知っていたし、
 同級生よ・・・と言っても誰も信じてくれなかった」と笑います。
 
お茶目な佐山サトルさん!!
スタジオの2人は大爆笑です。ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
 
 
ひろこさんが、スタジオにお電話をかけて下さってすぐに
受話器の向こうで、玄関のチャイムの音がばっちり入り、
 
竹重:どなたかお見えになったようですが・・・大丈夫ですか?
ひろこさん:宅配便の人でしょう。良いですよ!(*)
竹重:え?すぐに出ちゃった方が・・・
ひろこさん:不在伝票が入っていると思うよ・・・ふふふ・・・
 
ここでも、スタジオ大爆笑!!(≧▽≦) (≧ω≦)
 
 
屈託のない、ひろこさん、
池内博子にも相通じるものがありそうで・・・??
竹重アナが、「宅配便の方、ご迷惑をおかけしました」と
お詫びをしたのですが・・・聴いていらっしゃいましたかねぇ?
 
 
いすれにしても、また「県人アワー」から「生でんわ」へと
つながったことに、改めてビックリするやら・・・嬉しいやら・・・
生放送の良さって、こういう瞬間なんですよ!!d(*⌒▽⌒*)b
(池内記)

つながった(*^-^)ノノ

2011年11月 2日 カテゴリ:ブログ

「県人アワー」にご出演頂いたウーロン亭ちゃ太郎さん、
岩国のご出身、オペラ落語の第一人者ですが、
今朝は、私たちの突然のリクエストにもかかわらず、
ドン・ジョバンニのワン・シーンを演じて下さいました。o(^-^)o
 
電話で聴く・・・ノイズ混じりの音声が、逆に功を奏したのか?
懐かしいレコードの音を感じた・・・と竹重アナ( ´∀`)
 
 
2分位?ワンシーンの中でも、男と女の2つの質の違う声を
披露して下さり、ちゃ太郎さんのテクニックに感心しましたが、
舞台では、一人で何役も、大勢の役を演じられるんですもの、
これ位で驚いてはいけませんね!!(≧ω≦)b
 
 
今回は、岩国高校の同級生からのご紹介でしたが、
ちゃ太郎さんの放送をお聞きになった岩国のハナミズキさん、
「生でんわ」のコーナーに電話をかけてこられて、
「頑張っているちゃ太郎さん、安心しました!」
「奥さまはお元気ですか?是非聞いて下さい!」との事。(^o^)
★実は、明日の「県人アワー」にもご出演頂きますので・・・ねっ★
 
 
ハナミズキさんは、奥さまの元職場の同僚だったとか・・・
今は、お母様の介護をしながら、音が聞こえるだけで癒される!
ラジオと共に過ごしていらっしゃる日々・・・だそうで(^-^)
今朝も、いつものように、何気に聴いていると?
「ウーロン亭ちゃ太郎さん」という名前をキャッチ!!(ノ≧∇≦)ノ
ビックリされて、介護の手を休めて聞き入ったそうです。
 
「だいぶ年をとられて上京されたので、大丈夫かな?」
「心配していたので、ちゃ太郎さんのお声を聞いて安心しました!」
と何度も何度も何度もおっしゃいました。o(^o^)o
 
 
ラジオって良いなぁ・・・こういう瞬間がたまらなく好きです!!
送り手の一人として、幸せを感じます。心から・・・(〃▽〃)
 
予期せぬところでつながった!!(^-^)人(^-^)
そして、そこからまた、新しい展開があるかもしれないのです。
 
 
ウーロン亭ちゃ太郎・・・という芸名の由来も知りたいし、
そもそも「オペラ落語」は、どのようにして生まれたのか?
まだまだお聞きしたい事はいっぱいあります!!
 
明日も、ウーロン亭ちゃ太郎さんと
お話出来るのが楽しみです!!
 
(池内記)